恋愛

こんな告白アリ!?ドン引きしたNG告白8選

女性ライター陣

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

好きな人に想いを伝えるのはすごく勇気が必要で、告白するからには絶対に成功させたいですよね。ただ告白の仕方にしっかりこだわっている方は意外に少なく、伝え方によっては好きな人にドン引きされてしまうことも…。

今回は「こんな告白は嫌!」と思われてしまうNG告白をご紹介します。告白しようと思っている方は必ずチェックしておきましょう!

告白の仕方次第で結果が変わる!

告白されて嫌がられるのは稀で、人から好意を伝えられるのは嬉しいと感じる方がほとんど。それでも告白の仕方によっては、相手に引かれてしまったり不快感を抱かれたりすることがあります。

せっかく付き合えそうだったのに、告白の仕方が悪くて振られてしまったら後悔してもしきれません。両思いなら絶対に付き合えると思ってしまいがちですが、それほど告白の仕方は重要なんです。

こんな告白はNG!絶対に避けるべき実例8選

スマホを覗き微笑むマフラーを首に巻いた男性

では実際に「こんな告白は絶対に嫌だ」と思われるシチュエーションやタイミングって一体どんな告白なのか気になりますよね。相手が嫌がる告白をしてしまわないためにも、絶対に避けたいNG告白の例を見ていきましょう!

NG告白1.LINEやメールで告白

好きな人に面と向かって気持ちを伝えるのは、とても緊張してしまうものです。できれば直接の告白は避けたくなってしまいますが、LINEやメールで伝えるのは絶対にNG!

たとえ相手と両思いだったとしても、誠意が伝わらず「きちんと告白もできない人なんだな…」と恋心が一気に冷めてしまいます。さらに表情が見えないと真剣さが伝わりにくく、冗談と受け止められてしまう恐れもありますよ。

男性も女性も直接の告白を望んでいる方が多く、されたくない告白ランキングでも必ず上位に入るNG例です。

NG告白2.友達を通して告白

LINEやメールと同じく直接伝えるのが恥ずかしくて、友達を通して告白しようと考えている方がいるかもしれません。小中学生ならアリかもしれませんが、もう大人なのに告白まで友達に頼るのは絶対に避けましょう。

告白する側が男性なら「自分で伝えられないなんて情けない…」と思われてしまいますし、女性なら「付き合ってからも何かある度に友達が絡んでくるのかな…」と不安にさせてしまいます。何より友達から言われただけでは、信用できないものです。

勇気がなくて自分で言えない気持ちも分かりますが、人の言葉で伝えてもらっても好きな人に想いは伝わりませんよ。

NG告白3.酔った勢いで告白

お酒を飲んだときは気が大きくなりやすいため、酔っていると告白する勇気が湧いてくることってありますよね。思わずお酒の力を借りて告白したくなりますが、酔った勢いのまま伝えると引いてしまう方が多いので注意!

誰にでも好きと言ってそうな軽い人と思われてしまう可能性が高く、自分自身も何を言ったか覚えていないなんて事態になったら最悪です。また、自分は酔っていて相手がシラフの場合だと、特に嫌悪感を抱かれやすいので絶対に避けましょう。

NG告白4.周囲に人がいる場所での告白

大勢の前で告白されるシチュエーションに憧れている方も多いですが、実は嫌がる方も多いんです。友達などに見られながら告白されること自体が恥ずかしく感じる方もいますし、断りづらい状況で告白されることに不信感や嫌悪感を抱かれてしまうことも。

特に片思いだった場合には、友達の前で断らなくてはならず相手にすごく気まずい思いをさせてしまいます。相手がみんなの前で告白されるシチュエーションに憧れている場合や、両想いが確実な場合以外はやめておいた方が無難です。

NG告白5.言い方が分かりにくい告白

告白は誰しもドキドキするものですが、緊張しすぎるあまり言葉足らずの告白にならないよう注意が必要です。例えば「好きです」だけで付き合いたいのかが分からない告白や、「素敵だなって思ってる」など好きなのかも分からないような伝え方はNG!

どうなりたいのか、どう想っているのかが伝わらない中途半端な告白は、何と返事をしたらいいのか分からず相手を困らせてしまいます。回りくどい告白に好感度が一気に下がってしまうことも多いので、はっきり伝えることはとても大切ですよ。

NG告白6.仲が深まっていない関係での告白

何度かデートを重ねたり両想いを確信する出来事があったりと、告白はある程度仲が深まってからする方がほとんですよね。中には人を好きになるとすぐに想いを伝えたくなってしまう方もいますが、仲が十分深まっていない状態で告白するのはナシ。

どんな人かよく知らないのに想いを告げられても、そもそも恋愛対象にさえ入っていないこともあります。”仲良くなってから告白”という一般的な順序を無視して、自分の思いのままに突っ走ってしまっては振られてしまうのも致し方ありません。

NG告白7.返事を急かす告白

告白をして返事を貰うまでの間は、緊張と不安でいっぱいになってしまうもの。できればすぐに答えを聞きたいところですが、その場で返事を求めたり期限を決めたりなど急かすのはやめましょう。

好印象を持っている相手に告白されたとしても、付き合うかどうか今すぐに決められない場合もあります。焦らせるあまり「とりあえず決められないから断ろうかな…」と振られてしまったら絶対に後悔しますよ。

NG告白8.気持ちが重すぎる告白

相手への気持ちが強ければ強いほど、ついつい重い告白になってしまうことがあります。例えば相手の好きなところを延々と語ってしまったり、長文のLINEやメールを送ったりなど、相手に恐怖心をもたれるような告白はNG。

もちろん軽い感じでの告白も真剣さや誠実さが伝わらずNGですが、気持ちが重すぎる告白は男性にも女性にも「なんか怖い…」「ストーカーみたい…」と引かれる可能性が高いので注意してくださいね!

上手くいく告白とは?押さえておきたいコツ

相手に嫌がられやすいNG告白の例を見てきましたが、では逆にどんな告白なら成功率が高いのか気になりますよね。ここからは成功率を上げるために絶対押さえておきたい告白のコツをご紹介します!

告白のコツ1.真剣さが伝わるように

NG例でもいくつかご紹介した通り、真剣さが伝わらない告白では成功率がグッと下がってしまいます。告白する際はニヤニヤしたり俯いたりせず、直接会っているときに相手の目をしっかり見ながら想いを伝えましょう。

もちろん緊張すると思いますが、そのドキドキ感が伝わることで相手に真剣さを感じてもらえます。たとえ片思いだったとしても誠実な告白をすることで、「こんなに自分のことを想ってくれているんだ」と一気に好印象になることがありますよ。

告白のコツ2.気持ちをストレートに伝える

恥ずかしさから回りくどい告白になったり、つい好きな人の前ではカッコつけたくなったりすることがありますよね。告白を成功させるには、そんな気持ちをグッと我慢して気持ちをストレートに伝えることが大切です。

一番おすすめなのは「〇〇くん(ちゃん)が好きです。付き合ってください。」という言葉!短くて素っ気なく感じるかもしれませんが、告白のときは好きという気持ちがはっきり伝わるシンプルな言葉の方が胸に刺さります。

告白のコツ3.周囲の雰囲気にもこだわる

告白はタイミングやセリフがとても重要ですが、シチュエーションも重要。特に女性は雰囲気にこだわる方も多いため、どんな場所で告白するかが成功率に大きく影響します。

例えば夜景が綺麗なスポットや海、2人が初めて出会った思い出のスポットといったロマンチックなロケーションがおすすめです。難しければ、人気のない静かな場所を選びましょう。

周囲の雰囲気が良いとドキドキ感が増し、「こんな演出してくれるなんて素敵な人!」「この人と付き合ったら楽しそう!」ときっと思ってもらえますよ。

まとめ

人から愛の告白を受けるのは誰にとっても嬉しいこと。ただ、告白の仕方によっては結果が変わってしまうことがあります。両思いだったとしても上手くいかない場合や、逆に片思いでも伝え方によっては上手くいく可能性だってあるんです。

ご紹介したドン引きされるNG例を避け、素敵な告白を演出すれば好きな人の心をグッと掴めるはず。失敗が怖くて勇気が出ない方も、ぜひ告白を成功させて恋を成就させましょう!

告白されたけどOKしてはいけないダメ男サイン10選
告白されたけどOKしてはいけないダメ男サイン10選

「付き合ってみたらダメ男で後悔した…」という話をよく耳にします。 人生は一度きり。自分の時間を“誰か”と共有するわけですから、やっぱり素敵な男性の方がいいですよね!ましてや結婚願望の強い女性なら、なお …

続きを見る

男が告白するタイミングは確信を持ててからで良い?確信を持つ方法とは?

高級レストランや夜景の見える公園につれていき、告白をする・・・。 そんな事を夢見ていた時期が私にもありました笑 告白で一発逆転なんて夢を見ているのであれば諦めたほうが良いかもしれません。 ハイリスクで …

続きを見る

告白
【恋愛テク】好きな彼から告白されるためのテクニック【心理学】

好きな彼にアピールを続け、デートを重ねてきたあなた。 それでも告白されないのはなぜ!? 彼に上手に告白させるテクニック、言葉を引き出すテクニックを解説します。

続きを見る

夕焼けの中草原で彼氏の肩の上に頭を乗せる女性
好きな人に女性から告白する?告白されるのを待つ?結局どっちが正解!?

片思い中に相手がなかなか告白をしてくれないと、「自分から告白した方がいいのかな?」と思う時ってありますよね。でも女性から告白ってアリなのか、それとも待った方が正解なのか迷っている方も多いはず。 そこで …

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
女性ライター陣

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-恋愛
-,

© 2020 恋愛note Powered by AFFINGER5