恋愛

遠距離恋愛が長続きするコツとは?会えない時の男性心理、女性心理と本音から見た上手な付き合い方解説

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

“遠距離恋愛”は、会いたいと思ったときに気軽に会えないだけでなく、こまめに連絡を取り合わないとお互いの気持ちにズレが生じてすれ違いやすいです。

この記事では、遠距離恋愛が長続きするコツや会えないときの男女別の心理を遠距離恋愛経験者の方の意見を交えながらご紹介していきます。

遠距離恋愛をこれから始める人や現在不安を抱えている人、必見です!

目次

遠距離ってどこから?会う頻度は?遠距離恋愛事情を調査

「どのくらい離れていると遠距離恋愛なのか」「遠距離恋愛中の会う頻度は?」など気になる遠距離恋愛事情を遠距離恋愛経験者にアンケートを取りましたので、まずは結果を見ていきましょう。

調査概要
調査対象遠距離恋愛経験者
調査方法インターネットによる任意回答
調査人数20代〜40代の男女200人(男性200人:女性200人)

Q1.恋人とどのくらい離れていましたか?(片道)

Q1.恋人とどのくらい離れていましたか?(片道)

3〜4時間が最も多い結果となりました。

3時間以内で移動が可能であれば小旅行気分で日帰りでも会えるかもしれませんが、片道が3時間を超える移動ともなると日帰りでは厳しくなる距離ですね。

Q2.1回会うのにかかる平均的な費用はいくらですか?(往復)

Q2.1回会うのにかかる平均的な費用はいくらですか?(往復)

住んでいる場所や交通機関、時期によって左右されますが、平均2万〜5万以内と答えた人が多かったです。

1回会うだけでも、なかなか痛い出費になりますね。

Q3.恋人と会う頻度はどのくらいですか?

Q3.恋人と会う頻度はどのくらいですか?

距離や費用の差も影響して、恋人と会う頻度もバラけましたが、1番多かったのが2〜3ヶ月に1回、次いで半年に1回という結果でした。

移動時間や費用、社会人であれば休みも限られていますし、3ヶ月に1回は妥当な頻度といえるでしょう。

Q4.遠距離はいつからですか?

Q4.遠距離はいつからですか?

半数以上が付き合った後から遠距離と答えています。

遠距離恋愛は、近距離恋愛に比べ負担や障害が大きいので、予め避ける(遠距離に住んでいる相手を選ばない、好きにならない)人も多いようです。

Q5.恋人とはどうなりましたか?

Q5.恋人とはどうなりましたか?

今回アンケートに答えてくれた人の中では、別れを選んだ人と現在進行系でお付き合いされている方や結婚・婚約までいった人に大きな差はありませんでした。

愛を育むのが上手な人が多いようですね!

Q6.遠距離恋愛は楽しさと辛さどちらの方が多いですか?

Q6.遠距離恋愛は楽しさと辛さどちらの方が多いですか?

辛い気持ちの方がやや多い結果となりましたが、会えない時間は辛くとも、会えないなりの愛の育み方がありますし、会えたときの喜びは近距離恋愛をしているカップルの何十倍も幸せとの声も!

遠距離恋愛中に会えないときの【男女別】心理

遠距離恋愛中に会えないとき、相手がどう思っているのかとても気になりますよね。そこで会えないときの心理を男女別に分けてご紹介します。

会えないときの男性心理

会えない時の男性心理

  • モチベーションが高い
  • “あわよくば”という気持ちがある
  • 自分の時間を大切にしたい
  • 言葉にしなくても感じとってほしい

モチベーションが高い

男性は、彼女に会えずに寂しいと思ったとしても、あまり口に出すことはありません。

次会えるときまで頑張ろう

早く一緒に住めるように貯金しよう

など目的や目標を達成すべきために何をすればいいのか冷静に考えられる人が多く、女性に比べ高いモチベーションを維持できる人が多いです。

“あわよくば”という気持ちがある

「会えないから嫌だ」「気軽に会える相手に乗り換えよう」といったネガティブな気持ちは薄い反面、彼女に会えない分“性的欲求”は高いです。

遠距離なので他の女性と関係を持っても彼女にバレにくいですし、チャンスがあれば他の女性と浮気をしたいと考える男性は少なくありません。

自分の時間を大切にしたい

遠距離恋愛だからこそ、お互いに時間を合わせて電話をしたり、こまめにLINEをしたりといったコミュニケーションが大切だと分かっていても、自分の時間を大切にしたいもの。

そのため彼女から時間や自由を制限されるようなことを言われると重たく感じてしまいやすいです。

言葉にしなくても感じとってほしい

「好きだよ」「寂しい」などの気持ちを言葉にしなくても「彼女は分かっているだろう」と思い込んでいる人が多いです。

女性は「私ばっかり寂しいみたい」「もう冷めちゃったのかな」と不安になりますし、ストレートに感情を伝えてほしいと思っても、男性は言葉にする必要性を感じていないため意思疎通が難しくなります。

 会えないときの女性心理

会えない時の女性心理

  • 気持ちの起伏が激しい
  • 結婚や出産に焦りを感じ始める
  • 二人の時間を大切にしたい
  • 気持ちをちゃんと言葉にして伝えてほしい

気持ちの起伏が激しい

遠距離恋愛では、会いたいときに会えないですし、寂しい思いが募ることもしばしば。

男性はそんなときでも仕事や趣味に集中できますし、上手に切り替えをして気持ちを消化することが得意ですが、女性は気持ちの切り替えが苦手な人が多く、そのときどきの感情に左右されやすいです。

彼氏から連絡が頻繁にきているうちはいいですが、連絡が滞るようになると不安になり、束縛にはしる人も。

結婚や出産に焦りを感じ始める

女性は結婚や出産などのタイミングを逆算しながらお付き合いをしているため、年齢と遠距離になる期間にもよりますが、結婚や出産に焦りを感じる人も少なくありません。

出産にはタイムリミットがありますから、将来を心配するのは当然のことと思いますが、男性はそこまで年齢にこだわりがないので逆算しながら考えることはしません。

男性の考えにギャップを感じて別れを選択する女性もいます。

二人の時間を大切にしたい

「遠距離だから◯◯」と決まった考えをもつ女性は多く

1日1回はテレビ電話をしたい

用がなくてもLINEを取り合うのは当たり前

と、独自の遠距離恋愛観ではありますが、二人の時間を作るのが上手です。

しかし、男性は遠距離だとしても自分の時間を大切にするので、好きな気持ちは男性も女性も変わらないのに、女性の方が好きな気持ちが強いように感じ取られやすいです。

気持ちをちゃんと言葉にして伝えてほしい

女性は、落ち込んだときや寂しいときなど、自分の弱い部分を彼氏にさらけ出したいもの。

ネガティブな言葉だとしても相手に愛おしい気持ちが伝わるでしょうし、それを受け入れてもらえたら、それだけで嬉しいものです。

しかし男性は、自分の弱さを見せたくないプライドや言ったところで状況は変わらないという現実的な一面があるゆえ、ネガティブな感情を彼女に伝えることが得意ではありません。

彼氏の気持ちが分からず、不安になったり、冷めてしまうこともあります。

 各心理から見る男女の恋愛観の違い

男性と女性とで遠距離恋愛中に考えていることや求めていることにかなりの差があることが分かっていただけたと思います。

「会いたい」「寂しい」「好き」など相手を想って辛くなる気持ちは男性も女性も同じですが、それを言葉と行動に表して解消するのが女性。感情を出さない代わりに別のことで発散するのが男性です。

男性は現実的な考えをしますし、言ったところで状況が変わらないのなら…と自分の時間を充実させることに力を入れますが、女性は自分の気持ちを男性に受け入れてもらうことで安心しようとします。

女性は彼氏と一緒に遠距離恋愛を乗り越えたいという気持ちが強いので、連絡をこまめに取り続けて、気持ちを絶やさないようにと努力しますが、男性は連絡や電話を強制されると重く感じてしまいます。

モチベーションの維持が上手く、弱音を吐かない男性のドライな様子に違和感を感じて「愛されていない」「寂しいのは私だけ」と思い悩んでしまう女性も多く、ときに強くあたってしまうこともあるでしょう。

男性からすれば、仲良くすべきときに感情を荒げる彼女が重荷になり、一人でいた方が楽だと思ってしまうことも…。

男性と女性とでは、根本的に遠距離恋愛に対しての考えや行動などすべて違うと思っておいた方がいいでしょう。

お互いがお互いの心理や思考の違いを理解してないと、関係にズレが生じ、すれ違いが起こりやすくなります。

遠距離恋愛が長続きするコツ

遠距離恋愛の難しさが分かったところで、長続きするコツを遠距離恋愛経験者の方の声とともにご紹介します。

ちょっとした我慢と思いやりで、遠距離恋愛でも良い関係性をキープし続けることができるので、ぜひ意識してみてくださいね。

遠距離恋愛が長続きするコツ

  • 会う頻度や連絡頻度を決めておく
  • 依存しすぎない
  • イベントごとを大切にする
  • 言葉で態度で愛情表現を示す
  • ネガティブな言葉は我慢する
  • 相手の変化に敏感になる

会う頻度や連絡頻度を決めておく

帰省頻度電話・メールの頻度は人それぞれ。

価値観が同じならいいですが、違いすぎる場合、お互いの不満が溜まってくるでしょう。

強制はよくありませんが、我慢のしすぎもよくありませんので、お互いが負担にならない程度で会う頻度や連絡頻度を決めておくといいでしょう。

ルールでがんじがらめにする付き合い方は長続きしませんが、ある程度の決めごとを作っておくと負担にならずに済みます。

avatar

27歳女性

私はたくさん連絡を取りたいタイプなのですが、彼はスマホ放置型のズボラタイプ。案の定、遠距離になっても彼からの連絡は数日に1回。今までは週に1回は会えていたけど、そう簡単には会えない距離になってしまったので不安でした。しばらくは我慢してましたが、私が耐えきれず彼にぶちまけてしまい(笑)結果、お互いに無理のない連絡頻度を決めることで精神的に楽になりました。

依存しすぎない

相手が何をしているのか分からないことで強い不安を抱くのならば、それは相手に依存している証拠です。

こまめに連絡を取り合ったり、お互いを意識し続けることは大切なことですが、相手を縛る行為はNG。最初は可愛くても遠距離期間が長くなるにつれ、重たいと鬱陶しく感じられてしまうかも。

自分の時間を充実させて自立することも大切ですし、相手の自由を尊重することこそも愛情表現の一つです。

不満があるのなら、束縛や依存という形で相手を監視するのではなくストレートに相手に聞く方がよっぽどいいです。

avatar

21歳男性

頭もスタイルも良くて美人な彼女がいます。小学校から高校まで一緒で、常にモテているのを見てきたから遠距離になって毎日が不安で仕方がありませんでした。連絡がこないとソワソワして鬼電してたし、バイト先も男がいるのか気になって彼女にシフト表を送らせたりしてました(笑)結果、重いと振られ…なんとかヨリを戻すことができて今です。彼女中心の生活じゃ駄目だと気づき、趣味を充実させたり、サークルの付き合いに積極的に参加したりと自分の世界を広げました。お互いに充実しているから寂しい気持ちも減ったし、信頼関係が強くなった気がして、すごくいい関係を築けています。大学卒業したら同棲します!

イベントごとを大切にする

クリスマスや誕生日、記念日など大きなイベントであっても一緒に過ごせないときもあるでしょう。

そんなとき「どうせ会えないから別にいいや」ではなく、テレビ電話を繋げたり、手紙やプレゼントを贈り合ったり、離れていても大切な日を共に過ごす工夫をしましょう。

avatar

35歳女性

日本とトルコで3年間遠距離恋愛していました。なんせ移動時間もお金もかかりますから年に1回、多くて2回会える程度でした。時差もあるので私が仕事が終わったら彼は仕事…そんな生活なので電話すらまともにできませんでしたが、誕生日や記念日などの大事な日は仕事の休みを合わせてお祝いしていました。お互いにケーキ用意してテレビ電話でお祝いするだけでも幸せでしたし、定期的にお祝いしていると心が通じ合っている気がして寂しくなかったです。遠距離が終わってすぐに結婚しました。今も幸せです!

言葉で態度で愛情表現を示す

愛情は行動と言葉、両方で伝えましょう。

言葉で愛情を伝えても態度が伴っていないようでは、適当に言葉でごまかされているように感じますし、態度で愛情を伝えてるものの言葉がないようではやや寂しい印象を受けますよね。

プロポーズで指輪だけ渡されて「一生幸せにする」「愛してる」などの言葉がないと物足りなくないですか?

人それぞれ得意な愛情表現の仕方は異なりますが、それでも言葉と愛情どちらでも気持ちを伝えることが重要です。

avatar

29歳男性

僕はあまり好きとか普段から言わない方です。恥ずかしいですし、そもそもそんなこと言う必要ある?ってなんか思ってしまうので。でも女友達から絶対言うべきと指摘を受けて…彼女の誕生日に好きだって伝えたら、彼女が泣き出してしまって。泣くほど嬉しがってる姿見て心が温かくなったし、全然言葉にしないもんだから不安だったみたいです。男って態度で分かって!なところが誰しもあると思うんだけど、女の子は言葉が欲しいらしいです。愛情表現って大事だなって痛感しました。

ネガティブな言葉は我慢する

気持ちを相手に伝えることは大切ですが「寂しい」「辛い」などのネガティブな言葉を毎日言っていると、言葉に引っ張られて気分まで落ち込んできますし、聞いている相手はストレスを感じるでしょう。

寂しい気持ちはお互い様です。ポジティブな言葉を意識して「離れていても自立していて素敵だな」「◯◯と電話していると気分が明るくなる」と思われるような発言・振る舞いを心がけましょう。

avatar

22歳女性

人生初の遠距離だったし、もともと寂しがり屋なのもあり、彼にはいつも寂しいって言いまくって慰めてくれてもらってました。3ヶ月を過ぎたころ、彼の親友から◯◯が別れたがってるよと報告を受けました。理由を聞いたら、いつも寂しいと言って泣き出す私に疲れてしまったとのこと。ずっとそれがコミュニケーションの一つだと思っていたし、寂しさがなくなったらそれで終わりと思っていたので、とてもショックでした。でも冷静になって考えたら、電話のたびに暗い話をされたら電話もしたくなくなるし、冷められても当然だなって思ったんです。直接会ってたときは寂しいって甘えられるけど、電話だと甘えじゃないなって。たまに今も言っちゃうけど、なるべく明るく接するようにしています。なんだか彼も明るくなって今も関係は続いているというか関係は前より良くなりましたね!別れてほしくないからと彼氏に内緒で教えてくれた彼の親友くんに感謝です。

相手の変化に敏感になる

普段ならなんてことのない少しの心のズレが大きな溝に発展してしまうのが遠距離恋愛

電話やLINEで「いつもと違うな」「元気ないな」と感じたときには、いつも以上に相手の言動や行動に注目してみましょう。

近距離恋愛であれば「相手が言いたくなるまで待とう」という選択肢もありですが、遠距離恋愛では次会えるまでのスパンが長いですから、変化を感じたときに「体調悪い?」「なにか嫌なことあった?」など気遣ってあげましょう。

電話やLINE越しでも自分の変化に気づいてもらえたら嬉しいですし、離れていても心の距離が近くなりますよ。

avatar

30歳男性

正直、遠距離恋愛だと途切れることなく気持ちをキープし続けることも難しいんですけど、今の彼女のことは途切れるどころかどんどん好きになるんですよね。声とか表情とかからすぐに俺の変化に気づいてくれるし、電話越しでも髪切った?とか聞いてくるし、よく見てるな〜って感心させられる。相手からの愛情を離れているのに常に感じられて、この人と結婚したいって思った。

遠距離恋愛の上手な付き合い方〜辛いと感じる瞬間と対処法〜

モチベーションを高く維持しようにも、どうしようもなく辛く感じてしまう日もきっとあるでしょう。

遠距離恋愛ではどんなことが辛く感じるのでしょうか。その対処法もご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

■寂しさが押し寄せてきて寂しい

  1. 写真を送り合う
  2. ほうれんそうを心がける
  3. 次のデートを決めてモチベーションを上げる
  4. 離れていても一緒にできることを探す

対策1.写真を送り合う

恋人にしても、家族にしても、友達にしても、相手の「今」を知っていれば知っているほど、親近感を覚えませんか?

相手の好きなものを1個知れたら一歩相手に近づいた気がしますし、親しかった相手の好みが丸っきり変わっていたら、まるで別人を見ているような寂しさを感じませんか?

遠距離恋愛中は、会えない寂しさだけでなく、相手の「今」を把握出来ていない不安にも駆られます。

今見ている景色、暮らしてる町並み、今日食べたもの、なんでもいいですから、お互いの「今」を多く共有してみましょう。

情報が蓄積されればされるほど「またラーメン食べてるのかな?」「バイトの帰り道ならあそこの道かな?」なんて相手の生活をリアルに想像することができるようになり、関係値も上がりますし、心の安定にも繋がります。

対策2.ほうれんそうを心がける

離れていたとしても嬉しいことや悲しいこと、全部恋人と分かち合いたいと思う人は少なくありません。

常にほうれんそうを心がけていれば、物理的に離れていても心の距離が近く感じますし、話すことが習慣化されてしまえば「何を話せばいいか分からない」なんて状況を回避することができます。

遠距離恋愛中は「事後報告」や「人づてに話を聞く」と優先順位が下がった気がして、ショックを受ける人もいるのでリアルタイムで自分の環境変化を伝えるよう意識すると相手が寂しさを感じにくくなります。

対策3.次のデートを決めてモチベーションを上げる

「次はいつ会えるんだろう」そんな状態が長く続くと、近くにいる人の方が魅力的に見えてきてしまうもの。

終わりのないゴールほど辛いものはありませんし、楽しみがあるからこそ仕事や勉強も頑張れますよね。

モチベーションが下がってきたなと感じたら、次のデートの日程を決めることをおすすめします。

対策4.離れていても一緒にできることを探す

今は離れていても一緒にできることがたくさんあります。

例えばオンラインゲームテレビの同時視聴など、アプリやスマホを使えば離れていても簡単に時間を共有することができます。

■交通費や移動時間が辛い

  1. 会うときの出費は折半する
  2. 無理して会わない

対策1.会うときの出費は折半する

遠距離ともなれば、1回会うだけでも痛い出費になりますよね。

それが大きな負担となり、お付き合いが難しいと感じてしまうこともあるので、交通費や旅費などの会うための出費は平等に負担し合いましょう

二人の銀行口座を作って毎月決まった額を積み立てるのもおすすめですよ。

対策2.無理して会わない

記念日や誕生日、クリスマスなど大事な記念日は、遠距離でも一緒に過ごそうと決めているカップルもいらっしゃると思いますが、交通費や移動時間などの負担が大きく感じてしまうときもありますよね。

そんなとき大事な日だからと無理をするのは良くありません。会わない選択ができるカップルこそ長続きするものです。

■連絡が来ないなど距離や温度差を感じる

  1. 相手にプレゼントを贈る
  2. 思いきって会いに行く
  3. 相手のテンションに合わせる

対策1.相手にプレゼントを贈る

相手から連絡が来なくて寂しいとき「なんで連絡くれないの?」「何しているの?」とネガティブな思考になって相手を咎めてはいけません。

「仕事が忙しいのかな?」「無理していないかな?」と相手を気遣う余裕を見せましょう。

眼精疲労に効くアイウォーマーや磁器ネックレス、入浴剤などをプレゼントすれば「忙しいのを察して送ってくれた」と相手はきっと喜ぶはずです。

距離を感じるときこそ、思いやりの心を持ちましょう。

対策2.思いきって会いに行く

いつも相手から会いに来てくれているのなら、思い切ってあなたから「会いに行ってもいい?」と聞いてみましょう。

温度差を感じるときは、心のズレが生じていることが多いです。そんなときは直接会って、お互いの気持ちを確かめ合いましょう。

サプライズのつもりで黙って行きたい人もいるかもしれませんが、人によっては疑われているように感じたり、自己中だと感じたりすることもあるので、相手の都合を確認したうえで実行しましょう。

対策3.相手のテンションに合わせる

相手が忙しくて連絡がなかなか取れないこともあると思います。そんなときに連絡を催促してばかりだと重いと思われてしまいますから、一歩引いてみましょう。

相手が忙しそうなら押さずに引く・相手の愛情表現が豊かなら自分も愛情表現で押すなど、相手のテンションに合わせることで精神的にも楽になりますよ。

ただし明らかに相手が冷めていると感じているのに、自分まで引いてしまってはどんどん距離が出来てしまうだけなので、状況を見て判断しましょう。

■周りが幸せそうで辛い

  1. 友達との恋愛トークはお休み
  2. 目標を立てる
  3. 一人の時間を充実させる

対策1.友達との恋愛トークはお休み

他人は他人・自分は自分と割り切れるのなら支障はないですが、周りのノロケ話が辛いと感じる人は「素敵な話なのに申し訳ないのだけどノロケ話聞くの今はちょっと辛いかも」と素直に言ってみましょう。

お友達もあなたの気持ちをきっと理解してくれますし、気晴らしに協力してくれるかもしれませんね。

対策2.目標を立てる

遠距離恋愛をしている限り、同棲や結婚は夢のまた夢と考えている人も多いかもしれませんが、ダラダラお付き合いをしているカップルよりも遠距離カップルの方が目標を立てやすく、想像より早くゴールインする人も!

「遠距離恋愛が終わったら同棲をスタートしよう」

「1年後に帰るから結婚しよう」

など、遠距離恋愛をしていたとしても同棲や結婚など明確な目標を立てて高いモチベーションを維持し続けましょう。

対策3.一人の時間を充実させる

大好きな人に会えないのは、とても辛いことですが、一人でしかできないことも世の中たくさんあります。

自分一人の時間をいかに楽しめるかが遠距離恋愛成就の秘訣でもあります。

今は辛い時間に感じるかもしれませんが、これからまだまだ人生は長いです。同棲・結婚したあとの方がきっときっと長いです。

そう考えると遠距離恋愛中のこの一人の時間は有限であり、かけがえのない時間です。今のうちにしかできないことをやってみてください。

■相手を信用できない

  1. 自分磨きを頑張る
  2. すれ違いそうなときは素直に気持ちを伝える
  3. 自分は相手を不安にさせていないか見直す

対策1.自分磨きを頑張る

離れていると、どうしても浮気を疑ってしまうことが一度はあるかと思いますが、浮気を疑ってしまう心理の裏には「自分の自信の無さ」が隠れていることが多いです。

自分に自信がないから、恋人を誰かに取られてしまうのでは?と不安になるのです。自分に自信を持っている人は、連絡がマメに来なくても「私以外に好きになるわけがない」と強い心を持っています。

会えない間にとことん自分磨きをして、会ったときにパートナーを驚かせちゃいましょう!外見に自信が持てるようになると、メンタルも強くなり、心に余裕も出るので人として素敵な人に成長できますよ。

対策2.すれ違いそうなときは素直に気持ちを伝える

相手を疑ってしまうきっかけがある人は、一人で抱え込まずに相手に伝えてみることも一つです。

言ってみると笑ってしまうくらいくだらないことだったということが多いです。

ただし喧嘩口調で入ってしまうと嫌な思いをさせるだけですから、言い方には注意しましょう。

対策3.自分は相手を不安にさせていないか見直す

相手に不信感を抱くときは、相手もあなたに対して不信感を抱いていることがあります。

相手を不安にさせるような発言を自分がしていないか、まずは自分と向き合うことから始めましょう。

遠距離恋愛から結婚へ繋げるために大切なこと

遠距離恋愛までしてお付き合いをしているということは、パートナーはあなたにとって、とても大切な人なのでしょう。

そこで遠距離恋愛から結婚へ繋げるために大切なことをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

遠距離から結婚つなげる方法

  • 結婚時期を決めておく
  • お互いに自立する
  • 辛さを分かち合いながら乗り越える
  • 結婚したら楽しいというイメージを持ってもらう

結婚時期を決めておく

会えない時間が長くなればなるほど、精神的にも金銭的にも負担は増えていきます。

パートナーとの将来を考えているのであれば、早い段階から結婚時期や一緒に暮らす時期を決めておきましょう。

目標があれば、人は頑張ることができますし、お互い同じ目標を持つことは遠距離カップルにとって想像以上に大切なことです。

お互いに自立する

遠距離恋愛を経験してしまうと、一緒にいられるだけで幸せという気持ちが強くなってしまい「好き」という感情だけで結婚を決めてしまう人もいますが…それでは結婚生活の失敗が目に見えています。

“大好きな人とずっと一緒にいたい”

だけでは結婚生活はうまくいきません。暮らしをともにするパートナーとして適切かどうかも判断することが実は最も重要なのです。

家事のスキル、一般常識、稼ぎ、思いやりなど結婚において重要視するものはそれぞれ異なりますが、自立していない相手と結婚すると苦労します。

もちろん相手からも判断されますから、あなた自身も自立している必要があります。

辛さを分かち合いながら乗り越える

結婚すれば人生ずっと幸せ!なんて思えたらいいですが、人生はそんな甘くはありません。

思うように子供ができず妊活で苦しむかもしれませんし、人事異動で単身赴任になるかもしれません。また、勤めていた会社が倒産してお金に苦労することもあるかもしれませんね。

そんなときに辛さをお互いに分かり合って、乗り越えなければなりません。

「遠距離が辛いから結婚しちゃえばいい」

という考えから結婚をするのではなく、遠距離恋愛の辛さを乗り越えた末に結婚していただきたいです。

遠距離恋愛はとても辛いです。辛かったからこそ結婚後に何かしんどいことがあっても「絶対大丈夫」とお互いを鼓舞することがきっとできるはずです。

結婚したら楽しいというイメージを持ってもらう

遠距離恋愛では、楽しいことよりも辛いことの方が多いですが、辛いからといってネガティブ発言ばかりしていると「この人とは結婚したくない」と相手は思うでしょう。

反対に辛いことがあってもポジティブで明るい人であれば「一緒にいたい」「支え合っていけそう」と結婚に対しても前向きに意識するようになります。

結婚を遠ざけるも早めさせるのも、アナタ次第!

男女の違いを理解して辛い遠距離恋愛を乗り越えよう

会いたいときに会えない遠距離恋愛は、気持ちをキープし続けるのも大変ですし、寂しさや不安が押し寄せて重い悩んでしまうこともあるでしょう。

そんなとき、つい相手にネガティブな気持ちを吐き出しがちですが、そもそも男性と女性とでは遠距離恋愛中の心理も恋愛観が異なるのですれ違いやすいです。

遠距離恋愛を長続きさせるには、相手の心理を理解して寄り添い合うことが大切です。自分の意見を押し通すのではなく、相手の意見や気持ちに敏感になりましょう。

今は離れていても顔を見ながら話すこともできますし、動画やゲームなど同じ時間を共有することができますから、よりよい関係を継続できるはずです。

遠距離恋愛を経てゴールインしたカップルは、お互いの大切さをよく理解しているので信頼関係も強く、ラブラブな方が多いです!

辛い時期を乗り越えた先には、幸せが待っていますから、遠距離恋愛を前向きに楽しんでくださいね。

恋愛関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-恋愛
-, ,