恋愛

彼女がめんどくさいと男性が思うあるあるな瞬間9選

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

彼氏が最近冷たい…連絡頻度が急に落ちたなんて時、恋人はあなたをめんどくさい!と思っているのかもしれません。
男性は女性のように「あなたのこう言うところが気になるの」と話し合いを持たず、単純に避ける傾向があるからです。

私は今こそ心の広い良い女気取りで生きていますが、実は元々超めんどくさい女でした。当然のように男から重い、うざいと言われて生きてきたわけです。その結果「なるほどね?面倒くさい女でいることにメリットはねえ!」と気づいて自分を変え、安定した関係を築けるようになったわけです。

若い頃は女の子は多少メンヘラになりがちですが、早く直した方が良いです、上から目線で恐縮ですが、どう考えても得がありません。メンヘラを好むのはクズ男と同類のメンヘラ男子だけ!まともな人と付き合って幸せになりたいなら、今すぐめんどくさい女を卒業しましょう。

こちらもオススメ

彼氏がめんどくさいと感じてしまう瞬間8選

大好きで付き合った彼氏をめんどくさいと感じちゃう時ありませんか?優しいあなたは罪悪感すら感じているかもしれません。でも人間が一緒にいると、相手の欠点に気づいてイライラしちゃうのは仕方がないと思うんです …

続きを見る

「めんどくさ!」男性が彼女を面倒くさいと思う瞬間9選

まずはどんな彼女が面倒くさいのか、男性が彼女をめんどくさいと感じる瞬間を9つ紹介します。

  1. 毎日何通も連絡を求めてくる
  2. 用事もないのに電話したがる
  3. 返信を催促された
  4. あきらかに怒ってるのに「なんでもない」と言ってくる
  5. 機嫌が悪いだけなのに「なんで怒ってるの?」としつこい
  6. 何かと浮気を疑ってくる
  7. とにかく卑屈でネガティブ
  8. 「私のこと好き?仕事とどっちが大事?」と聞いてくる
  9. 欠点を口うるさく指摘してくる

自分の行動を振り返ると案外「あ、これやっちゃってるかも?」と思うかも。

1.毎日何通も連絡を求めてくる

男性は女性よりマメじゃないし、連絡に重きを置いていない生き物です。女性のように朝からおやすみまで連絡を取っていたいタイプはほぼいません。

そのため女性からの頻繁の連絡に最初は応じていても、だんだん面倒になってきます。用事もないのに繋がっていたいと言う心理を男性は理解できず、連絡頻度が合わないと感じて返信が遅くなっていくのです。

2.用事もないのに電話したがる

女性ってカフェで何時間もおしゃべりできちゃうじゃないですか?コミュニケーション分野が発達しているので、おしゃべりだけでも楽しいんですよね。

でも男性は「一緒にお酒を飲む」「キャバクラに行く」など、目的を持って人と会ったり話をすることを好みます。つまり女性のように「理由はないけど喋りたい」という心理がありません。

夜暇だから電話したい、寝落ち通話して〜なんて言ってると、次第にうざいと思われる可能性があります。

3.返信を催促された

男の人は自分のペースを崩されたり、今集中している物事を邪魔されるのが嫌い。返信できない時は理由があるのですが、そこで彼女から「連絡まだ?みてない?」と催促されると超イラッとくるそうです。

私も返事がないと「おーいおーい!死んだ?」とか送ってたんですが、彼に「すっごい面倒臭え」と言われてからやめました(笑)

男性は連絡自体にさほど重きを置いておらず、自分が「急用じゃない」「今はこっちの方が優先だ」と判断したら返事を返しません。
無闇に返信を催促したら、ウゼェ!と怒られちゃうんですね。

4.あきらかに怒ってるのに「なんでもない」と言ってくる

典型的な面倒くさい女…それは明らかに怒っているけどはっきり理由や気持ちを言わないタイプです。
男性が「どうしたの?なんで怒ってるの?」と聞いても「怒ってないよ」、でも顔は明らかに不機嫌そう。

女性心理としては男性に気持ちを察して行動して欲しいんですよね!わかります、でも男性って気持ちを察することに関してはマジでポンコツです。

気持ちを理解しない男性にイラついてさらに不機嫌になるデスループが発動すると、彼氏は「はっきり言えよ!面倒くさいなあ!!」と感じてしまいます。

5.忙しいだけなのに「なんで怒ってるの?」としつこい

忙しい時に「なんで怒ってるの?」とぐいぐい聞くのもめんどうな彼女がやりがちな行動です。怒っているわけじゃなく忙しくてかまえないのに、それを理解しないで「私に怒ってるの?」と聞いてくる自己中さにむかつくそう。

女性としてはワケなく冷たくされて傷ついたワケだから、理由を知りたいと考えるのは当然です。でも男性は1つのことに集中すると周りが見えなくなり、彼女に構う余裕がなくなります。その時に彼女からワーワー言われると、相手のことを面倒に感じちゃうんですね。

6.何かと浮気を疑ってくる

嫉妬心や束縛が過剰で、浮気を疑いまくる女性も面倒臭いと思われます。会社の飲み会に行くと言ったら「女の子来るの!?何時に帰るの?写真撮って送って!」こんな調子だと、気が休まる暇がないですよね。
付き合いたての頃は嫉妬も可愛いですが、安定期に疑いまくられたら男性はうんざりして本当に浮気したくなっちゃうそうです。
私の男友達は彼女に毎回疑われているうちに「俺は本当は浮気者なんじゃないか」と思うようになり、彼女に誠実でいるのをやめてチャラ男になってしまいました。

潔白なのに疑うのは失礼だし、相手をうんざりさせてしまう行為なんですね。

7.とにかく卑屈でネガティブ

夜中に急にメンヘラポエムを送ってくる、彼氏が褒めているのに「そんなことない、どうせ私なんて」とネガティブにしか考えない女性はうざいです。
男性も最初のうちは「彼女は弱い女の子だから、俺が守ってあげなきゃ」と思うそうですが、段々めんどくさいと思うようになります。

男性は結論の出ない愚痴やネガティブな話が嫌いな上に、何度も同じ話をしてくる女性は「進歩がないなあ」と呆れるてしまうんです。

いつも愚痴ばかりでネガティブな人と一緒にいて楽しいでしょうか?もちろん楽しくないですよね。彼氏も全く同じことを考えているんです。

8.「私のこと好き?仕事とどっちが大事?」と聞いてくる

女性は気持ちを言葉にして表現して欲しいので、ついつい彼に「私のこと好き?」と聞いてしまいがち。反対に日本人男性は愛情表現が下手で、言わなくてもわかるだろ?と思っています。

頻繁に相手の気持ちを確認するのはうざいし、一番めんどくさいのが「仕事(男友達)と私どっちが大事?」と聞かれることです。
男性にとって仕事と男友達、そして彼女は全くの別物のため質問してくること自体がナンセンスと感じます。

意味の分からないこ質問を何度もしてくる女性に対して、面倒だな〜と思ってしまうんですね。

9.欠点を口うるさく指摘してくる

長く付き合っているカップルにありがちなのが、口うるさく欠点を指摘してしまうこと。「なんで靴下脱ぎっぱなしにするの?いつもそうじゃん!」など、最初のうちは「彼ったら、子供みたいね」と許せていた行為が許せなくなりますよね。

彼氏からしたら「うるせえ〜!お前はお母さんかよ!」状態になり、だんだん彼女が面倒になってくるんです。
私も今の彼氏に仕事のことで色々言いすぎて「女として見られなくなった」と言われたことがあります。

幸福にも復縁して今もお付き合いしていますが、男性にあれこれ言いすぎるのは本当にダメですね。

元めんどくさい女代表の私が”めんどくさい彼女”を卒業した方法

彼氏にめんどくさいが理由でフラれないために、そして何よりあなたのメンタルの安定のためにめんどくさい女は卒業しましょう!
偉そうに言っていますが、私はさっき紹介した9パターンを全て網羅したくらいの地雷彼女でした。

ですが彼氏にフラれそうになること数百回を繰り返した中で、めんどくさい女でいても幸せになれないと気づいたんです。

  1. 趣味を見つける
  2. 自分に自信を持つための努力をする
  3. して欲しいことや気持ちはストレートに伝える
  4. 目で見ていないことは信じない
  5. 起きてもいないことで不安にならないようメンタルをコントロールする
  6. 心を広くして寛容になる
  7. 褒め日記を書いて自分も人も褒める思考回路を作る

覚えておきたいのは人は変わらないけど自分は変えられるということ!彼氏をコントロールしようと思うより、自分の考えや行動を変えた方がよほど精神的にも良いですよ。
私が実践した6つの方法を紹介するので、ついメンヘラムーブをして彼氏に嫌われがちな人は試してみてください。

1.趣味を見つける

めんどくさい女になる人は、他に打ち込める趣味がない人が多いです。恋愛の優先順位が高すぎるから彼に依存して、何事も過剰になってしまいます。

私も同じでめんどくさい女になる時は大抵暇なんですよね。時間があるから恋愛について色々考える→ネガティブな思考が浮かぶ→勝手に妄想して不安になる→彼に不安をぶつけるこの悪循環が生じていました。

暇な時間をなくすために、私は趣味を作ることにしたんです!ジムに通う、ヨガに行く…ハンドメイド…色々試して、とにかく空き時間をなくすことに成功。自然と彼が連絡してこないなど余計な思考をしなくなり、執着心が減ったんです!

すると自然と彼から追ってくるようになって、交際も順調になりました。昼間趣味に時間を使って体力も使うので、夜も眠れて深夜にネガティブになることもなし!
暇をなくす!とにかくここから始めましょう。

LOVE IS LOVEと書かれた木星ブロック
恋愛体質を改善したい・・・自立した女性になるための処方箋

恋愛体質を自覚している女性って、少なくないですよね。いつも好きな相手やパートナーに振り回されてしまい、自分でも困っている方も中にはいらっしゃるんじゃないでしょうか。 そこで今回は、恋愛体質を改善すべく …

続きを見る

2.自分に自信を持つための努力をする

自己肯定感が低いと卑屈になってしまいます。私は自分に自信がないことが問題で彼を疑ってしまっていました。

まずは自分を好きになるために、長所を100個紙に書いてみることにしたんです。正直10個くらいで終わりそうでしたが、3日くらいかけてなんとかリストを埋めることに成功。
そしたら「あれ?私思っているほどダメじゃないんじゃない?」と思えるようになりました。

次に自分磨きのために美容に力を入れたり、朝早起きしたり。そのあとは見た目だけじゃなく内面も好きになるために、自分が好きな私ならどう考えるか?を基準にして行動をするようにしました。

例えば「彼氏は浮気してるんじゃないか?」と考えたら深呼吸→「私の理想の”私”なら、こんな時どう考えるか?」→「私の理想の”私”は、心が広くて、飲み会に行ってる間は自分の時間を楽しんでる」というように考えます。

じゃあ彼が飲んでいる間は私は好きな映画を見てようと気持ちを切り替えられるようになり、不安で彼を疑うことが減り、自分を好きになってきました。

結果的に彼への濡れ衣を着せる機会も減り、卑屈な発言をしなくなって彼に前より愛されるようになったんです。

思わず恋愛したくなる・・・!ドキドキできるおすすめの恋愛映画14選

恋がしたいと思っても何となく面倒だったり、そもそも興味が湧かなかったりする時ってありますよね。そんな恋愛スイッチがオンにならない時には、ドキドキする恋愛映画を観るのが効果的! 今回は、思わず恋がしたく …

続きを見る

3.して欲しいことや気持ちはストレートに伝える

男性に対して「私の気持ちを察して行動してよ!!」と考えるのをやめました。村上春樹の小説に出てきたような、彼女の心理を理解して先回りにした行動を取る男性はこの世にいないと気づいたからです。

そもそも人に対して「私の気持ちに気づけ!!」って結構おこがましいですよね(笑)
彼に対してして欲しいことがあったら、素直に言うように行動を変えて見ました。

例えば連絡頻度が少なくて寂しいなら「私がメールを送ったら、1日以内に返信してくれると嬉しいな」とか「最近家デートばっかで寂しいから、外に遊びに行きたいな」って言って見たんです。

彼は悪気がなかったみたいで「気づかなかったごめん!」と言ってくれてすぐ改善してくれました。何も言わずに怒っているムードを出すより、ずっと平和に解決しましたよ。

おうちデートの不満色々・・・女子が男子に直して欲しいコト12選
おうちデートの不満色々・・・女子が男子に直して欲しいコト12選

お外でのデートも楽しいですが、周りに邪魔されることなく、二人きりで甘いひとときを楽しめる「おうちデート」は、カップルにとって特別な時間。 しかも、お外デートに比べ出費が少ないですし、出かける準備も必要 …

続きを見る

4.目で見ていないことは信じない

彼をやたらと疑うのをやめるために、目で見ていないことは信じないことに決めました。私は妄想で不安になったり怒ったりすることが多かったからです。

例えば彼から連絡が来ない→きっと浮気しているから連絡できないんだ→前も連絡が来なかった、その時も連絡してたんだ→私を大事にしていない!→怒って鬼電 みたいな行動をとっていたんですが、この思考を分析すると事実って”連絡が来ない”だけなんですよね。しかも蓋を開けたら仕事だったとか、飲み会に行ってただけってことが多かった。

要は目で見てないことを勝手に想像してメンヘラを起こしていたわけです。勝手に彼の気持ちや行動を判断しないように決めて、連絡が来なければ「連絡が来てないなあ〜」と事実だけを受け止めるようにしました。

不要な妄想に囚われて感情が動かず、地雷行動を取らなくなることで彼との喧嘩も劇的に減りましたよ!

5.起きてもいないことで不安にならないようメンタルをコントロールする

人の不安は未来へのネガティブな予測に対して出てくる感情です。そしてその不安の9割は実現しないと言われています。
ある本でこれを知ってから、起きてもないことに反応をするのはやめました。

「嫌な予感ほど現実になるじゃん!」って思っている人もいると思います。しかし実は妄想を信じて行動した結果、あなたがその不安を現実にしているんです。

私の男友達は彼女に浮気を疑われているうちに、徐々に自分がチャラいんじゃないか?と感じ始めたそう。その結果彼は一度もしたことがない浮気に走り、今は立派なヤリチンになってしまいました。つまり彼女が毎日「浮気してるんでしょ!」と言ったことが暗示効果を発揮してしまったんです。

友人にこのエピソードを聞いてから、不安が実現するのは自分の行動が原因だと実感し、起きてもいない不安に囚われるのをやめました。

不安が襲ってきたら「落ち着いて、それって現実に起こっているの?」と自分に問いかけます。冷静になれば浮気していない可能性も大いにあるわけです。

私は不安になるたびにこの思考法を繰り返して、段々「起きたか起きてないか分からないなら今病むのはやめよう。万が一現実に起きたら、その時に心ゆくまで凹もう」と思うようになりました。

メンヘラ彼女と付き合うとどうなる?良い関係を築くためにできること5選

「メンヘラ彼女って尽くしてくれそうでちょっと憧れる…」 「付き合った彼女がメンヘラなのかも。すぐに病んだって言ってくるんだけど…」 最近メンヘラって流行っていますよね。精神薬を飲んでいることを、Twi …

続きを見る

6.心を広くして寛容になる

彼の欠点が気になって仕方がない人は、初心を思い出してあの頃の寛大なあなたに戻りましょう。付き合い始めってあばたもえくぼで、彼が何をしても可愛いじゃないですか。

私は寛容になるために付き合いたての写真や日記を見返し、定期的に彼への気持ちを思い出すことにしています。
あとは口うるさく言いたくなったら、1回だけ「〜してくれたら嬉しい」と伝えること。男性は上から言われると反発しますが、〜してくれたら嬉しいって言うとそこまで怒りません。

後は気持ちの上で「この人なりに頑張ってるけど出来ないんだ」と思うと、そこまで腹が立たなくなる気がします。出来ないものは仕方ないですからね。

お互いに欠点を受け入れあって一緒にいると考えると、自然と彼の欠点も許せるようになります。

7.褒め日記を書いて自分も人も褒める思考回路を作る

自分に対して批判的な人は、人に対しても同じ思考をします。人への考え=自分への考え方です。

私の友達は自分に自信がない割に、女性の容姿に手厳しいんですよ。「あの人は美人って言われてるけど、髪の毛が残念なのよね〜」とか平気で言います。私からしたら「お前が言うなや」って感じなんですが、思考回路がそもそも批判的。そのため自分にも肯定的な思考ができないんですね。

この友達に対して批判的な気持ちを抱いた時に「いや、私も同じじゃん」と気づきました。ネガティブで人を貶す女性と一緒にいて彼氏は楽しいか?絶対楽しくないですよね。

改善のために始めたのが褒め日記!1日の終わりに自分をベタ褒めする日記を書くことで自信がつき、さらに褒める思考が育つので人に対しても寛容になれるんです。
最初のうちは特に褒めることもなかったのですが、意識することで「お、今人に親切にしたから褒め日記に書けるじゃん」と思考が働くようになりました。

すでに3年くらい続けていますが、人への批判よりも良いところを探すのが習慣付き彼氏にも「人の良いところを見つけるのが上手」と褒めてもらえています。
かなり効果があり、なおかつ簡単なのでネガティブ思考な人はやってみてくださいね。

ベッドの上で大きな熊のぬいぐるみを抱きしめて寂しそうにする女性
恋愛下手でどうしても恋愛がうまくいかない女性が変えるべき習慣7選

「自分から好きになった人と一度も結ばれたことがない…」「付き合い始めはラブラブだったのに、すぐに彼が冷たくなってそのまま破局しちゃう…」 そんな恋愛下手な女性は無意識に、恋がうまくいかない行動をとって …

続きを見る

まとめ

今回はめんどくさい彼女のあるあるパターンと卒業するための方法を紹介しました。後半自己啓発的になってしまいましたが、元メンヘラ地雷の私が言うのだから効果は実際にあります!もちろん人によって相性はあると思うので、読んでみてピンとくるものから取り入れてみてください。

めんどくさい女にならないことで、彼とも順調だし自分を好きになれて人生も楽しくなります!彼に重い・面倒臭いと言われて恋が終わる方はぜひあなた自身のために試してみましょう!

めんどくさそうにベッドにうなだれる犬
恋愛がめんどくさい・くだらないと思っている男性の特徴7つ

「恋愛ってめんどくさい…でも一人だと寂しい…」 「どうしても恋愛に乗り気になれないんだけど、自分ってやっぱり変なのかな」 結論から言うと恋愛がめんどくさいという心理は男女共に感じるもので、特におかしい …

続きを見る

恋愛関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-恋愛
-,

© 2021 恋愛note Powered by AFFINGER5