恋愛

告白のトラブルを生みやすい断り方とは?相手を傷つけずに振る方法解説

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

人から告白をされるのは、とても嬉しいことですよね。でも自分にその気がないなら断らなければならず、断り方によっては思わぬトラブルが起きてしまうことも。

今回はトラブルになりやすい告白の断り方から、相手を傷つけずに振る方法まで徹底解説していきます。スマートな断り方を押さえて、告白のトラブルを防ぎましょう。

ダメな告白の断り方で起きてしまうトラブルとは

好意がない人からの告白。「どうせ断るんだから、どんな断り方をしても同じでしょ?」と思っている方もいますよね。

ですが結果は同じであっても、振り方によって思いも寄らないトラブルが起きてしまうこともあるんです。まず初めに、告白を断る時に起こりやすい代表的なトラブル例をチェックしておきましょう。

関係がギクシャクして気まずくなる

告白を断った後、相手と何となくギクシャクしてしまった経験がある方も多いはず。どれだけ丁寧に断ったとしても気まずくなることはありますが、デリカシーのない断り方をすると余計に関係が悪くなってしまいがちです。

もちろん一生会わなくていいような相手であれば問題ないものの、同僚や同級生だとそうもいきませんよね。また二人がギクシャクしていることを周囲の人に勘づかれ、「みんなに気を使われててツラい…」なんてパターンもよくあります。

振られたことを逆恨みされてしまう

“愛と憎しみは表裏一体”なんて言葉があるように、ちょっとしたきっかけで愛が憎しみに変わってしまうのはよくあること。相手の自尊心やプライドを傷つけるような断り方をしてしまうと、「俺のことコケにしやがって」と逆恨みされしまう可能性もあります。

例えば「あの人かなり遊び人らしいよ」など事実無根の噂を流されたり、仕事がやりにくくなるような嫌がらせされたりすることも。最悪の場合ストーカー化するケースもあるので、注意が必要です。

こんな振り方はNG!トラブルを生みやすい告白の断り方

断り方一つで、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともある告白。では実際に、どんなケースがNGなのか気になりますよね。

ここからはトラブルを生みやすい4つの断り方をご紹介していきます。

NGな告白の断り方

  1. 必要以上に相手を傷つけて断る
  2. 曖昧なセリフで断る
  3. すぐにバレる嘘をついて断る
  4. 告白の返事をせずに逃げる・無視する

1.必要以上に相手を傷つけて断る

告白を断る時にはハッキリ伝えることが大切なものの、必要以上に相手を傷つけるような振り方は止めましょう。「絶対に無理」「付き合うとか有り得ない」など、どストレートすぎる言葉は相手を深く傷つけてしまいます。

特に、性格や外見を否定するような言葉を使うのは絶対にNG。顔がタイプじゃない、性格が合わなそう、実際にそれが理由でもわざわざ伝える必要はありません。

告白をしてきた相手は、ただでさえ振られて傷ついているもの。そこに追い打ちをかけるような言葉を投げかけるのは、相手に対する配慮や思いやり不足です。

2.曖昧なセリフで断る

相手を傷つけたくないばかりに、曖昧なセリフで断るパターンもNG。YESなのか、NOなのか分からないような返事ですね。

例えば「今は無理だけど少し待って」とキープのようなことをしたり、はたまた「まずは友達からなら」なんて微妙な断り方だったり。一見優しいように思えますが、曖昧な断り方は相手を無駄に期待させただけという結果になることも多いです。

また突然の告白にビックリして「冗談だよね?」と誤魔化したり茶化したりする人もいますが、これも相手にすごく失礼なことなので絶対に止めましょう。

3.すぐにバレる嘘をついて断る

「実はもう彼女がいるんだ」「仕事が忙しくて余裕がない」などの理由は、告白を断りたい時にすごく便利ですよね。事実じゃなくても、こういった嘘をついて振る人もいるでしょう。

相手を傷つけないための優しさなのは分かりますし、嘘をつき通せるなら全然アリです。ただし相手が同僚やクラスメイトなど身近な人の場合、すぐに嘘をついているがバレてしまうことも。

もしバレてしまったら相手を傷つけてしまうだけじゃなく、周囲からの信頼も失ってしまう可能性があります。

4.告白の返事をせずに逃げる・無視する

ここまでは断り方のNG例を見てきましたが、中には気まずいからという理由で告白の返事さえしない人も。返事をもらえないと相手はずっと引きずることになってしまいますし、ずっとツラい時間を過ごすことになります。

勇気を出して気持ちを伝えてくれた相手に対して、こんな失礼なことはありません。「ずっと返事をしなかったら、いづれ諦めてくれるだろう」なんて思わず、最低限のマナーとして返事は必ずしましょう。

彼氏が欲しいと言っている女性はなぜ告白を断るのか?その本音とは

「女友達が彼氏欲しいって言ってたから告白したのにフラれた…」 「彼氏欲しいわ〜」が口癖の女の子っていますよね。それで「俺と付き合っちゃう?」なんて言ったらバッサリ「やだ」と言われたり…。女の気持ちって …

続きを見る

これで揉めない!相手を傷つけない上手な告白の断り方

ここまでご紹介してきたように、告白を断る際には気を付けておかないと様々なトラブルが起きがち。

面倒な事態を避けるためにも、できるだけ揉めないように告白を断りたいですよね。ここからは実際に、相手を傷つけずに振る方法を詳しく解説していきます。

上手な告白の断り方

  1. シンプルかつハッキリと伝える
  2. 好きになってくれたことに対して感謝を伝える
  3. 友達を続けたいなら素直に伝える
  4. 返事はなるべく早く伝える

1.シンプルかつハッキリと伝える

「あなたとは付き合えない…ごめんね」「今は誰とも恋愛する気はないんだ」

相手と付き合う気が全くない場合、結局一番いいのはこんな風にちゃんと断ること。あれこれ言葉を並べたり言い訳を考えたりせずに、付き合えないこととお詫びの気持ちの二つを伝えましょう。

好きな人に、ハッキリとNOを突きつけられるのはツラいことです。しかしダメな断り方の事例でもご紹介したように、曖昧な言葉で断るのは却って相手を傷つけてしまう結果になりがち。

付き合えないことをシンプルかつハッキリとした言葉で伝えることで、相手も無駄に引きずらなくて済むはずですよ。

2.好きになってくれたことに対して感謝を伝える

「好きになってくれたことは本当に嬉しい」「気持ちを伝えてくれてありがとう」

全く付き合う気がない相手でも、自分のことを好きになってくれるのは嬉しいことですよね。できれば断りのフレーズを言う前に、その嬉しいという気持ちや感謝の言葉を添えてみてください。

好きになってくれたことに対し感謝の気持ちを持つことで、相手も「この人を好きになって良かった」と思ってくれるはず。たとえ嫌いな相手だったとしても、迷惑がったり面倒くさがったりという態度やセリフを出すのは絶対に止めましょう。

3.友達を続けたいなら素直に伝える

告白を断ると何となく気まずい関係になってしまうことも多いですよね。仲が良い友達から告白をされた場合、「もう前みたいな関係には戻れないのかも…」と悲しくなることもあると思います。

この先も相手と友達でいたいなら、その気持ちをストレートに伝えることが大切。「今の関係を大切にしたい」「ずっと仲良しの友達でいてほしい」など、素直な気持ちを打ち明けてみてください。

それに友達として大切な人ということが相手にも伝われば、ただ断られるより相手の傷も浅く済むはずです。

4.返事はなるべく早く伝える

告白をした側からすると返事を待っている間が一番不安ですし、ズルズル先延ばしにされると気持ちの整理もつけられずツラいんです。なので告白を断る時には、なるだけ早く伝えるようにしましょう。

返事を一旦保留してじっくり考えたい場合であっても、できれば1週間以内には答えを出すのがマナー。断る時には「待たせちゃってごめんね」とお詫びの一言を添えるのも忘れないでくださいね。

告白を断る時は直接?LINEでも大丈夫?

告白の返事をする時、直接断った方がいいのか、それともLINEでも大丈夫なのか気になりますよね。答えから言うと、できれば直接会って断るのがベスト。顔を見て言うことで誠実さが伝わり、「ちゃんと考えてくれたんだな」と相手にも思ってもらえます。

ただしLINEで告白された場合をはじめ、どうしても直接会う勇気がない時にはLINEで断るのもアリ。

その場合も「気持ちはすごく嬉しい、でも付き合えないんだ…」「告白してくれてありがとう、ただ他に好きな人がいて…」という風に、直接断る時と同じく感謝の気持ち+シンプルな言葉で伝えましょう。

LINEで告白してはいけない5つの理由と正しい告白の仕方

「電話や対面は緊張するし、LINEで告白したい!」「LINEで告白しても大丈夫なの?」 多くの男性がこういった悩みを抱えているのではないでしょうか。 基本的に電話や対面ではなく、LINEで告白するのは …

続きを見る

相手を傷つけない断り方で、不要なトラブルを避けよう

好きな人に告白をするのは、とても勇気がいるものです。

だからこそ告白を断らないといけない時には、できるだけ相手を傷つけないようスマートに断ることが大切。デリカシーがない断り方では、今後の人間関係にヒビが入ってしまうこともあります。

そこで本記事では、トラブルになりやすい断り方から相手を傷つけずに振る方法まで詳しくご紹介しました。断る時にもマナーを守り、思わぬトラブルを生まないようにしましょう。

好きなあの子に告白するタイミングはいつがベスト?女性目線で解説

思いを寄せるあの子に気持ちを打ち明けるタイミングって、迷いますよね。告白のタイミングをしくじってしまうと、うまくいきかけていた恋愛も台無しになってしまうことだってあり得ます。 そこで今回は、告白するの …

続きを見る

恋愛関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-恋愛
-,

© 2021 恋愛note Powered by AFFINGER5