恋愛

それ倦怠期かも?彼氏・彼女のマンネリサインと倦怠期解消法

女性ライター陣

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

付き合いたてのときはあんなに毎日ドキドキしていたのに、付き合いが長くなるにつれ「あれ?なんかつまらないな…」「ときめかないな…」と感じることがあります。

それは、相手が嫌いになったのではなく“倦怠期”なのかもしれません

倦怠期が訪れると相手の嫌なところばかりが目につきますし、そもそも好きな感情さえ分からなくなり、別れるべきか悩まれる方が多いかと思いますが、実は倦怠期を乗り越えた先には更に深い関係性を築くことができるのです。

そこで今回は、倦怠期になる原因時期彼氏・彼女のマンネリサイン倦怠期を解消する方法をご紹介します。

倦怠期ってなに?

倦怠とは飽きて嫌になるという意味があり、倦怠期とはまさに“飽きて嫌になる時期”のことを言います。

パートナーのことが本当に好きなのか分からなくなったり、相手の悪いところが目につきやすくなります。今までは一緒にいてドキドキしたり、一緒にいると楽しかったはずなのに倦怠期が訪れると一気に気持ちが降下し、何をしていてもマンネリを感じます。

恋愛においてのドキドキやトキメキを感じなくなるため、周りの異性に惹かれたり、恋をして楽しそうな友人が羨ましく見えたりもします。

倦怠期になる原因

どんなに仲が良いカップルでもほとんどの方が倦怠期が訪れます。では、倦怠期になる原因を見ていきましょう。現在パートナーがいらっしゃる方は、自分たちが当てはまっていないかチェックもしてみてくださいね。

恋が実った達成感と安心感

片想いをしているときって正直楽しいですよね。もちろん大好きな人とやっとの思いで結ばれたときは最高に幸せなのですが、時間が経つにつれて恋が実った安心感と達成感で満足してしまい、倦怠感を感じる人も中にはいます。割合としてはそこまで多くはないと言えますが、追われるよりも追う恋がしたいタイプの人片想いのドキドキ感が好きな人は恋が実ってすぐに倦怠期を迎えやすい傾向にあります。

デートがワンパターン

付き合いが長くなると、出かける場所の候補もなくなってきて、いつも同じ場所…なんてことありませんか?二人が気に入っている行きつけのお店なら別ですが、お互いに行きたい場所を提案するわけでもなく、休みの日にただただ習慣的に会っているという状況倦怠期の始まりかも。代わり映えがなく、だんだんとデートに対しても気分が乗らなくなってきます。

セックスがマンネリ

恋人と付き合ううえでやっぱりセックスは必要不可欠。満足度の高いセックスは、性欲を満たすだけでなく心も満たしてくれますよね。ただ付き合いが長くなるとどうしてもセックスが流れ作業になりがちで内容がワンパターン化しがち。よってトキメキや興奮も冷め気味に。

感謝や謝罪がない

付き合いが長くなると、相手の言動や行動が言われなくても掴めてくるものです。「あれとって」「あれしといて」など抽象的な言葉でも通じあえてしまうもの。それはある意味嬉しいことですが、感謝や謝罪の言葉が少なくなったのを感じると一期に気持ちが冷めます。

結婚を意識しすぎている

結婚適齢期と言われる20代後半~30代のカップルに多い倦怠期の原因になります。周りが結婚をしている焦りや結婚を意識しても思い通りに話が進まなかったり、相手からプロポーズを急かされるなど、結婚を意識しすぎるあまり目の前の幸せに気づけなくなることも。

お互いに安心しきっている

付き合うまでは相手に好かれようとみんな必死なものです。それが付き合ってしばらく経つとだんだんと相手がいることに慣れ、安心しきってしまい好かれる努力をしなくなりますし、相手のことを考える時間も少なくなりがち。

他の異性が気になる

付き合いが長くなるとどうしてもパートナーに対して、改めてかっこいい・可愛いと思う機会が減ります。そんなときに他の異性のかっこいい姿や可愛い姿を見ると、パートナーと比べてしまい他の異性が良く見えてしまうことも…。そんな状態が続くとパートナーのどこがいいのだろう?と心にモヤモヤが募ってきます。

倦怠期を放置するとどうなるの?

倦怠期がどこくらい続くかはカップルによって異なりますが、短くて1ヶ月、長くて1年程度が多いようです。短ければ良いですが長い期間、相手のことが好きかどうか分からない期間を過ごすのはなかなかキツいものがありますよね…。

倦怠期をそのまま放置すると、相手に興味がないため会話がまるっきりなくなります。会話がなくなり、付き合いがうまくいかなくなると、相手に浮気心が芽生えます。相手に興味がある状態であれば怒ったり、悲しんだりすることで愛情に気づくことができるかもしれませんが、正直浮気をされた事実は消えませんから、あなた自身が辛い思いをします。また、一緒に住んでいる場合は、相手の体調不良や不摂生にも無頓着になり、最悪の場合病気を患う可能性も…。どっちにしろここまで行く前に片方が耐えられなくなり別れを選択することになるでしょう。

ちなみに倦怠期はカップルだけでなく夫婦にも起こりますので、ハッキリ言えばパートナーだけでなく、どんな人と付き合っても基本的には起こる現象です。そのため別れるという選択をするよりも、いかに倦怠期にならないように付き合うか、倦怠期になったらどう対処するかを考えた方がいいのかなと感じます。

ノートにYESとNOが書かれたチェックリスト
浮気しやすい人の男女別特徴6選、付き合う前に要チェック!

浮気をされたときの苦悩は計り知れません。それがトラウマになって、今度の恋愛や人間関係が円滑にいかなくなったと悩む方も少なくありません。 そんな辛い思いをしないためにも、付き合う前に相手の本性を見破るこ …

続きを見る

マンネリ・倦怠期を乗り越えるメリット

正直、倦怠期やマンネリの状態を我慢して相手と付き合い続けるのは大変なことですが、この時期を乗り越えることができれば、今まで以上に良い関係を築くことができます。マンネリ・倦怠期を乗り越えたメリットをご紹介します。

強い絆が生まれる

相手の悪いところばかりが見えてしまい、相手に興味すら沸かない…そんな状態でも別れずに乗り越えることができれば、本当に強い絆が生まれること間違いなしです。困難を乗り越えたのだか自分たちはきっと大丈夫!という自信にも繋がりますよね。

お互いに成長ができる

倦怠期はお互いに様々な葛藤があったことでしょう。倦怠期を乗り越えたということは歩み寄ったり、適度に距離を置いたりなどのお互いの努力もあったはず。だからこそ倦怠期を乗り越えた後は、お互いの成長を感じられるはず。

結婚を意識する決め手になる

マンネリ知らずのカップルとは違い、破局の危機を乗り越え一緒にいるカップルは、多少のことでは別れないという自信をもつことができます。だからこそ「この人とならきっと一緒を共にしても大丈夫だろう」と結婚に対しても前向きになり、結婚を決意するきっかけになることも。

相手に対して愛情が深まる

倦怠期を乗り越えた後は、自分にとって相手がいかに必要な存在だったのかを再確認できているはず。そのため倦怠期を迎える前よりももっと深い愛情を抱くことができます。

彼氏・彼女が倦怠期中のマンネリサイン

自分の倦怠感やマンネリには敏感でもパートナーの変化にはなかなか気づきにくいもの。相手のサインに早い段階で気づくことができれば深い溝ができる前に対処ができますよね。倦怠期中のマンネリサインをご紹介します。

スキンシップが減った

倦怠期は、相手に対しての愛情が分からなくなりがち。セックスは愚か、キスやハグ、手繋ぎすらも「気持ち悪い」と思ってしまうことも少なくありません。もともと相手がスキンシップが苦手な場合は分かりにくいかもしれませんが、今まで普通にスキンシップをしていたのに急に嫌がるようになった場合は、あなたとの関係にマンネリしているサイン。

連絡や会う頻度が減った

倦怠期になると相手に気を使わなくなりますし、相手に興味がなくなるので、連絡や会うことすら煩わしくなります。連絡をしても返事が遅かったり、既読スルーされたり。中には相手の着信音が
ならないように設定する人もいるのだとか。会うのすら面倒なので必然的にデートも少なくなります。急に仕事が忙しいと言い始めるのも要注意

会っても話が盛り上がらず笑い合うことも少ない

好きな人といると些細なことでも楽しいですし、相手の話をもっと聞きたい!自分のことをもっと知ってほしいと話をするだけでワクワクしますよね♪一方で倦怠期中には話すことすら億劫ですし、大事な話だとしても右から左にスルーなんてことも。話が盛り上がらない&反応が薄く、笑い合うことも少なくなります。

目が合わなくなった

人と話すときは目と目を合わせてコミュニケーションを取りますよね。目から伝わってくる情報は多いですし、何より大好きな人ならしっかり顔を合わせて話をしたいと思うもの。でも倦怠期中は、相手の顔を見ることすら嫌になります。相手の顔を見るとイライラしてきますし、相手を心底嫌だという気持ちに気付かされてしまう自分にも怖くて反らしがちに。

不満が多く常にイライラしている

愛情が薄れている時期なため相手を思いやることが少なくなり、わがままになりがち。また、相手の嫌なところばかり目につき、不満を言ってくるようになります。内心一緒の時間を共有したいと前向きな気持ちが失われがちな時期なので、常に不機嫌でイライラしていることが多いです。

「なんでもいい」が増える

以前は食べたいものや行きたいところなど意思があったパートナーが急に「なんでもいい」ということが増えたときは、二人の関係性にマンネリを感じている証拠かもしれません。二人の時間に興味がなくなり、考えることすら無駄だと感じ、何に対しても適当になっている状態です。

訪れた倦怠期を解消する方法

自分に倦怠期が訪れた際、すぱっと別れを決断する人もいると思いますが、そんな簡単な話ではないでしょう。また、相手があなたに対して倦怠感を抱えている際にはとても辛い思いをすることも多くなりますが、それでもどうにか倦怠期を解消して一生添い遂げられるようなカップルを目指したいですよね。倦怠期を解消する方法を、自分が倦怠期を迎えた場合相手が倦怠期を迎えた場合に分けてご紹介します。

【自分が倦怠期を迎えた場合】

少し距離を置く

「一緒にいたくない」「連絡を取りたくない」と思うのであれば距離を置くのがベスト。距離を置くことで相手に対してのイライラもストレスも減りますし、相手が自分にとって必要なのかどうかも冷静に見えてくるはず。ハッキリと距離を置きたいというと喧嘩の原因にもなりかねないので、オブラートに包んで自分の時間を確保しましょう。

一緒にできる“何か”を始める

倦怠期中は相手と何かをするという気が起きない気持ちは分かりますが、相手とこの先も一緒にいたいと少しでも思うのであれば重い腰を上げて、一緒に楽しめる共通の趣味を始めたり、行きたかった場所へ出向いたり、目標を作ってみましょう。新鮮な気持ちになりますし、単純に自分にも興味のあることをしているので素直に楽しいと思えるはず。

相手の好きなところを書き出す

どうしても相手の嫌なところばかり見えてしまう時期だからこそ、逆に相手の好きなところを書き出してみましょう。そうすることで付き合い始めの新鮮な気持ちと長年連れ添ってきたからこそ気づけた相手の良さが身に染みるはず。

不満を相手に伝えて改善させる

倦怠期になった原因が明白であれば相手に伝えるのも手です。喧嘩になることもあるかもしれませんが、それでも我慢し続けるわけにもいきませんし、原因が解消されない限り倦怠期は長く続くでしょう。

心に余裕を作る

倦怠期の理由として相手に対して不満がある場合が大半ですが、自分の心に余裕がなくストレスが溜まり人間関係が億劫になっている場合もあります。相手が嫌なのではなく、自分に余裕がないというわけですね。自分の好きなことを思いっきりしたり、身体が疲れているのあれば睡眠の質を高めたり、マッサージに通ったり、人に相談をして悩みを解消したりと、自分の心と身体のメンテナンスも大切です。

【相手が倦怠期を迎えた場合】

相手の生活に干渉、束縛しない

相手の気持ちが冷めているのが分かると正直焦りますし、この状況をなんとか打破したいと思うのは当然のことですが、必死になりすぎて連絡を増やしたり、浮気を心配して干渉するのは逆効果。相手の気持ちが落ち着くまでは相手のペースに合わせてあげると良いでしょう。逆に相手が「冷たくしすぎたかも…?」と心配になるまで待ちましょう。

自分磨きをする

相手が倦怠期を迎えた原因がきっとどこかにあるはず。最近、体型や服装に無頓着だったかも…。相手に甘えすぎてワガママになっていたかも…。と少しでも気になる点がある人は、自分磨きをしてみましょう。久しぶりに会ったときに変化した様子を見て、一気に相手の気持ちが戻ってくることも。また、いきなり自分磨きをするパートナーを見て、浮気の心配を急にパートナーがしだすなんてことも(笑)

感謝の気持ちを伝える

相手が倦怠期に陥っているということは、あなたも相手の素っ気ない態度にヤキモキしているはず。お互いがお互い駆け寄らなければ溝は深まるばかり。だからこそ相手に日頃の感謝の気持ちを伝えてみましょう。相手からすればこんな状況なのに温かい言葉をくれるあなたに気持ちが揺れ動くはずですし、あなたの包容力に安心するかも。

デートやセックスをガラリと変えてみる

デートやセックスのマンネリから倦怠期に陥る人はとても多いです。最近デートやセックスがワンパターンかも!?と思った人は、ぜひデートの行き先やセックスの流れをガラリと変えてみることをおすすめします。新鮮さとドキドキ感を相手に感じてもらいましょう。

何かに没頭してみる

一人でボーとする時間が長いと、連絡が少ない相手に対して「今は何をしているのかな?」「会いたいな…」とモヤモヤが募ってしまいますよね。こんなときだからこそ、仕事や趣味など何か夢中になれることに全力を注いでみましょう。相手のことを考える時間が減り、ぐっと心が楽になりますよ。恋人がいると少なくなりがちな友達や家族と過ごす時間を増やすのもおすすめ。

笑顔の妙齢の女性に花束を渡す男性
長続きするカップルになるためにできること7選

「恋人ができても、いつも長続きしない…」 世の中には長く付き合っていても仲が良いカップルがたくさんいるのに、どうして自分は長続きしないんだろうと悩んでいる人も多いはず。実はほんの少し付き合い方を変える …

続きを見る

倦怠期をうまく乗り越えて愛を深めよう

倦怠期がいつやってくるのかは誰にも予測はできません。倦怠期中はカップルにとってお互いに辛い時間です。「別れたい」と思うことが何度もあると思いますが、その期間を乗り越えることができれば、強い絆が生まれ、更に相手に対して強い愛情を感じることができるはずです。

倦怠期は誰にでもやってくることなので、背を向けるのではなく本当に大切な相手であれば愛を育む大切な試練だと思って頑張ってみてください。

ちなみに誰が倦怠期なのか、倦怠期になってしまった原因によっても対処方法は変わってきますのでぜひ今回ご紹介した倦怠期になってしまう原因や解消法を参考に自分たちのより良い倦怠期解消法を見つけてみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
女性ライター陣

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-恋愛
-,

© 2021 恋愛note Powered by AFFINGER5