恋愛

女性向けモテテク、実はただの耳年増?!上から目線で恋愛アドバイスをしてくる人の嘘を見抜く方法5選

chikaze

92’/ノンバイナリーのフリーライター/修士(学術)/社会心理学専攻、主にジェンダー論。純文学、’70s少女漫画、映画、古着が好き。街コンで出会った夫ともうすぐ結婚2周年。noteでエッセイと小説を書いています。

聞いてもないのに一方的に「モテテク」を披露してくる人、あなたの周りにはいませんか?

アドバイスと見せかけたマウンティングにイラッときたり、細かなダメ出しに不安になったり……恋バナにおいてそういう思いをしたことがある人って、案外少なくないはず。

でも、もしかしたらその人はただの耳年増かもしれません。主張するモテテクも的外れかもしれませんし、もっといえばデタラメの嘘かもしれませんよ。

そこで今回は、エラそうに上から目線で繰り出される恋愛アドバイスの真偽を確かめる方法をご紹介!恋バナでアドバイスされてムッとしたことのある人は、必見です。

その女性向けモテテク、実はウソ?!デタラメ恋愛アドバイスとは?

まずは間違った女性向けモテテクの例から解説していきたいと思います。

上から目線の耳年増たちがドヤ顔キメてもっともらしく主張する、ありがちなデタラメ恋愛アドバイスとは一体…?!

サラダを取り分ける&みんなの飲み物チェック

飲み会においての振る舞い方で、「女子はサラダを率先して取り分けるべし」「女子はみんなのグラスの空き具合を都度チェックするべし」みたいなモテテク、なんか常識みたく言ってる人いましたよね?

あれ、嘘ですからね。もうまったくのデタラメです。

なんていうか、サラダを取り分けることもグラスの空き具合をチェックすることも、その気配り自体は素晴らしいんですよ。もちろんその細やかな配慮がモテにつながることだって、十二分にあり得ます。

しかし、ぶっちゃけこれってモテテクというよりは、一昔前の「女子力」ってやつじゃないですか?

女たるものケアに徹すべし、みたいな前時代的な価値観に基づいているのは一目瞭然。自分のことを後回しにしてまで他人に尽くすことが美徳である、というのは間違ってます。

遠慮しまくって疲れてしまうより、自然体でその場を楽しむ方が何倍もあなたの魅力をアピールできるはず。

フェミニンな女子アナ風清楚系ファッション

耳年増たちのよくある勘違いの一つに、モテるためにはフェミニンな女子アナ風清楚系ファッションでないといけない、というものがあります。

女子アナ系ファッションの好感度の高さは本当ですが、それって反対にいうと「好き嫌いが分かれない」ってだけの話。

ぼくの周囲にはモテる女性がたくさんいましたが、みんながみんな女子アナ風ではありませんでしたよ。部活のためにほぼ毎日ジャージ登校みたいな子も、中性的で宝塚チックなマニッシュな服装の子もいました。

「モテ=女子アナ風清楚系ファッション」という方程式の解答は、単純に「無難」なだけ、と言えましょう。

料理上手&子ども好きアピール

学生時代の友人は毎日社食でお昼を済ませているらしいんですが、そのことに対していちいち「自炊できないって思われちゃうよ?お弁当作りなよ!」とクソバイスを繰り出してくる同僚がいるそう。

「激務で朝も早いし、料理も苦手なんだよね」と答えると、「そんなんじゃモテないよ!」という説教がスタートするんだとか。なんていうか、想像するだけでげんなりしちゃいますよね……。

結論から言うと、今どき料理上手アピールなんて特にモテに繋がりません。だいたい料理なんて現代ではYouTubeもInstagramもTikTokもあるんだし、それ見りゃほとんどの人はそれなりにできますよ。

もちろん得手不得手はあるだろうけど、料理が苦手だからと言ってモテないなんてことは絶対にありません。

女性は家庭的でないとモテない、なんて思い込みをこの令和の時代に捨てきれないなんて、ぶっちゃけ異常です。子ども好きアピールも同じで、全人類が子どもを望むわけじゃないんですし。

ていうか現代ってほとんどの家庭が共働きなんだから、女性だけが完璧な家事育児能力を備えてなきゃいけないわけでもないですよね。男性だって料理するし、子育てもするんです。

こんなくだらない言説に惑わされなくたって大丈夫ですよ。

わざとLINEの返信を遅らせる

これも世間でまことしやかに囁かれている言説ですね。すぐに返事はしないほうがいいとか、わざと遅らせるほうが気持ちを惹きつけられるとか、いにしえのガラケー時代からある鉄則的なやつ。

ぼくも思春期のときは信じてたなあ、やりとりを続けたいあまりわざと寝たふりして早めに切り上げて、翌朝「寝ちゃってた〜!」とか送ってました。

でも実はこれって、少なくともLINEにおいては逆効果。

そもそもLINEはメールと違って、会話と同じテンションでチャット的にポンポンやり取りするツールじゃないですか?長文を送り合うもんじゃないと少なくともぼくは考えてます。

まあ、LINEは現代の連絡手段のメインになっているため、ときには長文を送り合うこともあるでしょうが……。

そういうLINE独特の性質から考えても、返事を遅らせることでやり取りを引き延ばせるとは思えないんです。だってテンポが悪すぎると、「あ、この人とは連絡の頻度が合わないな」ってなっちゃうから。

あんまりごちゃごちゃ考えすぎないで、返せるときはパッと返しちゃったほうがよっぽどスムーズにいきますよ。

「さしすせそ」を多用する

女子児童向けの雑誌かなんかに「男の子と上手に会話するためには“さしすせそ”が大事!」みたいな特集が掲載されているページがちょっと前にTwitterで回ってきたんですが、端的にいってドン引きでしたね。

これ、10年前とかじゃないんですよ。最近の話です、ホラーじゃないですか?

「さすが!」「知らなかった!」「すごい!」「センスありますね!」「そうなんだ!」のこの5つの言葉で男性をおだてて気持ちよくさせよう!的なテクニックですけど、こんなもんまともな男性には通用しないですよ。

こんなの連発してたら、「こいつ何も考えてないんだな〜自分の考えとか意思とかないんだな〜」で即終了です。いい気分になるのは、おだててもらわなきゃ女性と会話できない甘えた奴だけ。

この手の「男性を立てる」的なモテテクって、男性に対しても失礼ですよね。

ほとんどのまともな現代の男性は男尊女卑を拒絶してるし、雑談で女性に「接待」を求めるほど下品な思考を持ち合わせておりません。

女性蔑視的な男性にチヤホヤされたいんなら実践すりゃいいと思いますけど、そうじゃないんならやめときましょう。

真に受けないで!上から目線でアドバイスしてくる人の嘘を見抜く方法5選

もっともらしいデタラメ恋愛アドバイスの例を挙げて参りましたが、それでも堂々と言われてしまうと自分の魅力に不安を覚えてしまうもの。

特に現在恋活中の方や、恋人との関係に悩んでいる方なんかは、余計に心配になっちゃいますよね。

そこでいよいよ本題です。上から目線でアドバイスしてくる人の主張するモテテクが嘘かどうか見抜く方法を、こちらでご紹介!

耳年増に振り回されているそこのあなたのモヤモヤを解決する手がかりになっていますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

言動すべての基準がモテるか/モテないかの恋愛至上主義者

極端なモテテクを披露してくる人って、端的にいってしまえば脳内お花畑です。

言動すべての基準が「モテ」であり、全人類の人間もまた自分と同じ恋愛至上主義者であると疑いすらしない薄っぺらい思考の持ち主。

だからその人の発信するモテテクもまた、浅いものになりがちなのです。だってそのモテテクって、好きな人にモテるテクニックじゃなくて、不特定多数の人にチヤホヤされるためのテクニックですから。

そんなもん覚えたところで素敵な恋愛なんかできっこないですし、仮に恋人ができたとしても自然体で振る舞うことが難しくなっちゃいますよね。

恋愛を生活の中心に据えている人の説くモテテクなど、真剣に聞く必要はありません。話半分に聞くくらいがちょうどいいでしょう。

取り入れられそうなものがあれば、そこだけ参考にすればいいんです。

他人の恋人を「審査」する

恋人ができた報告をすると、必ず「どんな人?!」「どこで出会ったの?」「写真見せて!」「仕事は何してる人?」「きょうだいいるの?」などなど質問攻めしまくる人ってたまにいますよね。

特別親しくもないし、好かれている感じでもないのに、なぜだか他人の恋人について根掘り葉掘り聞き出そうとするタイプの人。

まあ百歩譲って聞き出すだけならいいんです、まだ。うざいなとは思うけど、ゴシップネタ好きなんだな〜くらいで終わるんで。

問題はその後です。聞き出すだけ聞き出しておいて恋人のダメ出しをし始める人は、即刻縁を切りましょう。

「その職種/職場じゃ将来安泰とは言えないよね〜」「え、長男なの?!私だったら絶対嫌だわ〜」みたいな、他人の恋人を審査する人は、アドバイスに見せかけたマウンティングをしたいだけ。

真面目に耳を傾けるほうがバカです。そんなもん真に受けていちいち凹む必要ないですからね、あなたが素敵だと思う相手なら間違いないんです。

恋人ができた途端に当たりがキツくなる

恋愛アドバイザー(偽)は、なぜだか自分のモテテクを誇大評価しがち。端的に言うと、自分のことを「モテる人間」だと思い込んでいるんです。

だから下に見ていた人間に恋人ができると、過剰反応するんですよね。「なんで自分より魅力のないこいつが?!」とか勝手に焦り出して、強く当たってくるようになるんです。

先ほど挙げたマウンティング目的のクソバイスも、こういう心理からくるものがほとんどだったりしますよ。

自惚れをこじらせた妬み僻みほど醜いものはありません。こういうタイプの人の語るモテテクなんてたかが知れてます。ガン無視して生きていきましょう。

大丈夫、他人の幸せを祝福できない人間なんかとまともに取り合う必要ありませんので。

アドバイスがどこかで聞いたようなものばかり

先ほど挙げたような雑誌やインターネットに散らばる記事で聞き覚えのあるモテテクばかり語る人は、信用しないほうがいいです。

実体験に基づくリアルじゃない恋愛アドバイスなんて、信憑性低すぎません?!

受け売りのモテテクをさも自分の体験から得た知識みたいにべらべらしゃべってるだけって、そんなもん参考にする意味なくないですか?!

これこそがまさしく、耳年増がやりがちな恋愛アドバイスの王道と言えましょう。どっかで見聞きしたテクニックを誰かに伝授しようなんておこがましすぎるし、聞く時間が無駄です。

「この人が言ってるの、ありがちなモテテクばっかだな」と感じたら、真剣に取り合うのはやめましょう。

自分の恋バナは一切しない、もしくは話の辻褄の合わない

耳年増の大きな特徴として、他人の恋バナには無遠慮なほど首を突っ込むくせに、自分の恋バナはほとんど語らないというものがあります。

これって結局、語れるほどの実体験がないからなんですよね。もしくは、なんだか辻褄の合わない恋バナばかりするか。

見栄を張りたくて妄想をしゃべってるだけだから、ボロが出ちゃうんです。

「エラそうに講釈垂れてるけど、この人自分の話は一切しないな?」「この人の恋バナ、毎回微妙に細かい設定変わってない?」などなど、こんな具合に違和感を覚えたなら、その人は単なる耳年増です。

恋愛アドバイスを他人にすることで、自分の「モテ具合」を強調したいだけ。中身はすっからかんなんですから、こんな人の語るモテテクなんて信じなくていいですよ。

上から目線の見当違いなモテテクを披露する耳年増への対処法とは?

接していると微妙に不愉快な思いをさせられる、モテテク披露したがりな耳年増たち。

とはいえ付き合いをなくすことも、状況によっては難しかったりしますよね。上司とか同僚とか、職場がらみの人だとそう簡単に縁を切ることもできないし。

そこで最後に、やっかいな恋愛アドバイスしたがりの耳年増への対処法をご紹介!ご自身の恋愛に自信が持てなくなってしまう前に、耳年増をきっちりと駆除しましょう。

恋バナは一切話さないようにしよう!

いちばん有効な手段は、耳年増に自分の恋バナを話さないことです。情報を極力漏らさないようにして、ターゲットになることを避けましょう。

この手の恋愛クソバイザーって、いい加減なモテテクをいかにもそれっぽく語るんですよね。だからこそ当てはまってないと不安を煽られちゃうし、自分の魅力に自信が持てなくなっちゃうんです。

精神衛生上良くないし、下手するとその自信喪失が悪い方向に影響しちゃうかもですよ。

不安に陥るそぶりは見せないようにしよう!

耳年増のエセ恋愛アドバイスにいちいち反応してはいけません。

奴らは適当なモテテクをさも本物っぽく披露することで恋愛上手な自分を誇示したいと考えているので、不安になったり落ち込んだりする様子を見せたら思う壺ですよ。

マウンティングのターゲットにならないためにも、揺さぶられないように気をつけて。そういうそぶりを見せたら最後、一気にロックオンされちゃいます。

質問には質問で返そう!

質問攻め系耳年増モテテク布教者に有効なのが、問いに答えないこと。「恋人の仕事は?」と聞かれたら、「あなたの恋人のお仕事は?」とそっくりそのまま同じ文言で訊き返してみてください。

もし相手に恋人がいないことを知っていても、忘れたふりや知らないふりを決め込めば大丈夫。「よくアドバイスしてくれるから、てっきり付き合ってる人いるんだと思ってた〜!」とかなんとか言って切り抜けましょう。

繰り返しになりますが、とにかくあなたの恋人の情報をできるだけ漏らさないことが大切です。

恋人がいることをまだ知られていないのであれば、先ほど述べたようにできるだけ伝わらないように気をつけて。

「恋愛」という土俵で優位に立ちたいだけ!お節介な耳年増に振り回されないで

ここまで読んでくれた方はもうご理解していただけていると思いますが、耳年増な人は「恋愛」という土俵で優位に立ちたいだけ。

誰かの役に立ちたいとか、善意でアドバイスして回ってるわけじゃないんです。

おせっかいな恋愛アドバイスやいい加減なモテテクには、くれぐれも振り回されないようご注意ください。

あなたはあなたの意思で豊かな恋愛をすべきですし、もちろんしなくたっていいんです。恋愛だけがこの世のすべてじゃないんですし。

マウンティングしたいだけの耳年増に、あなたの幸せを決めさせないでくださいね!

恋愛関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

chikaze

92’/ノンバイナリーのフリーライター/修士(学術)/社会心理学専攻、主にジェンダー論。純文学、’70s少女漫画、映画、古着が好き。街コンで出会った夫ともうすぐ結婚2周年。noteでエッセイと小説を書いています。

-恋愛
-

© 2022 恋愛note Powered by AFFINGER5