恋愛

三大欲求の強さは男女で違う?食欲・睡眠欲・性欲に強弱はある?

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

「最近寝れなくて食べすぎてる…三大欲求と関わりがあるのかな…」「なんか不安定で、将来がぼんやりと不安。これって鬱?」

実はそれ、人間が本来求める欲求が満たされていないことから来ているだけかも知れません。原因が分かれば話は簡単。生活を改善して、欲求のバランスを取ってあげれば良いんです。

今回は人間の三大欲求の仕組みや男女の欲求優先度の違い、人生をもっと豊かにするために知っておくべき欲望の豆知識をご紹介します!

筆者もこの知識を得ることで、「あ、私はこんなことを求めていたんだ」と理解できました。その上で自分と向き合うと、自分を真の意味で大事にできるようになります。

あなたの最大の味方は自分自身!あなたの最高の理解者になり、もっと人生を豊かにしましょう。

そもそも三大欲求とは?3つの欲求の仕組み

まずは三大欲求についておさらいしましょう!大概の方が知っていると思いますが、念の為簡単に説明していきます。

1.食欲

三大欲求の1つは食欲です。食欲とはご飯を食べて、お腹を満たしたいという願望のこと。

メカニズムを説明すると、体を維持するのに必要なエネルギーを摂取するために人間に本来備わっています。

お腹がグ〜ッとなるのも、食欲のアラート。「栄養が不足しているよ〜」と脳が教えているんです。

2.睡眠欲

次に睡眠欲は、その名の通り寝たい!という願望です。人間は眠っている間に体を休憩させて、脳みその中を整理するようになっています。

脳は精密なコンピューターのようになっているので、たくさんの情報を取り込みますよね。そのためキャッシュのようにゴミや不要な情報もストックしちゃうんです。寝ている間にこれを整理することで、次の日にはスッキリリセット状態で一日を始められます。

眠れないと頭がぼんやりしたり、体がだるくなったりするのは、ズバリ休憩できていないからというわけです。

3.性欲

最後の性欲は、セックスしたいと感じる願望のことですね。この欲求のメインは子孫を残すこと。生物全てに本来備わっている本能です。

ただ人間だけは、遺伝子を残すためではなく”快楽”のために性欲を感じる生き物と言われています。つまり気持ち良いことしたいから、するってことです。

三大欲求はお互いに補い合っている

実はこの三大欲求たちはお互いに補い合っています。

眠れない日が続くとやたら食べちゃったり、性欲が満たされなくて欲求不満になるとストレスが溜まって過眠気味になったり、食欲が増進する経験があるんじゃないでしょうか?

人はある欲望が満たされないと、別の願望を叶えて脳を満足させようとします。ストレスが溜まってやけ食い!のメカニズムは、三大欲求に強く関連しているんですよ。

三大欲求の強さは男女で違う?いいえ!年齢によっても変化するんです

次に男女別の三大欲求の強さについて説明します。

一般的に女性よりも男性の方が性欲が強いって言われていますよね。実は性別だけじゃなく、年齢も大きく関係しているんですよ。

今回は年齢別男女の三大欲求の変化を紹介します!大人の方も思春期の時代を思い出して「わかる、わかる!」と思えるはずです。

【年齢別】男性の三大欲求の優先順位の変化

10〜40代の年齢別に男性の三大欲求の推移を見ていきましょう。

10代男性:食欲>性欲=睡眠欲

思春期真っ盛りの10代の頃は、食欲が一番優先されます。

中学生男子って驚くほど食べますよね?部活帰りにマックを食べて、夕食も普通に食べられるみたいな。これは成長のために栄養が必要なため、脳が「食べろ!」と指示しているからです。

思春期に入ると異性を意識するようになるので、性欲も上がってきます。しかし前半は未成熟なので、最優先事項ではありません。

20代男性:性欲>食欲>睡眠欲

20代に入ると男性の性的欲求はピークを迎えます!これは子孫を残すために遺伝子が命じているからです。

原始時代は男性が狩猟して家族を食べさせていましたよね。つまり若くないと体力的に狩りが厳しかったのです。そのため早く家族を持って、体力・精力旺盛な時期に子供を作って家族を養っていました。

現代では狩りは不要ですが、この習性が残っているのではないかと言われています。

そして次に来るのが食欲ですね。10代の頃よりも落ちてきますが、まだまだ旺盛。20代の頃はオールもできちゃうくらい元気なので、睡眠欲は一番下になります。

30代男性:食欲>睡眠欲>性欲

男盛りと言われる30代ですが、実は性欲はもう落ちてきています。既に家族を作っている人が多く、「子孫は作り終わった」と脳が認識するからです。

一番優先されるのが食欲。現代人は忙しくて睡眠が足りないため、食欲で補う傾向にあるんですね。

日々忙しくて平日は眠れないため、休日に寝溜めをするなど「寝たい」という願望も顕著に現れます。

40代男性:睡眠欲>食欲>性欲望

40代になると睡眠欲が一番になります。細胞が老化して体の回復が短時間では追いつかず、昔よりも眠りを求めるようになるのです。

一方で胃腸も老化してくるため、食欲も若い頃ほどはなくなるでしょう。そして性欲もどんどん少なくなってくるわけです。

因みに40代くらいから”ミッドライフクライシス(中年の危機)”という症状を感じるようになります。これは「かつてのように体が動かない、男性の機能が落ちてきた」など体の変化に心がついていけず、鬱状態になるもの。

要因は様々ですが、三大欲求の優先順位の変化もこの症状に関係していると言われています。

【年齢別】女性の三大欲求の優先順位の変化

次に女性の年代別の三大欲求の優先順位の変化を見ていきましょう!男性との違いも説明していきますね。

10代女性:食欲>睡眠欲>性欲

思春期の10代の女性で優先されるのは、食べることです。これは体が成長途上なので、男性と同じく多くの栄養を必要とするから。

次が睡眠欲。成長ホルモンを出すのに必要なので、しっかり眠ることを脳が要求します。

一方、性的関心の目覚めは男性よりも遅く、10代後半くらいから目覚める人がほとんどです。

20代女性:性欲>食欲>睡眠欲

女性は20代になると急に性欲がピークを迎えます。女性の遺伝子により良い精子を取り入れて、子孫を残す!とプログラミングされているからです。

そのため20代のカップルはセックスの頻度も多いんですね。妊娠・出産には大きな体力が必要なので、この時期に子供を作る人が多くなります。

次に食欲が優先されます。子育てをしている人は眠る時間が削られがち、その疲れを栄養を摂取することで補っているわけです。子供優先になりやすいため、睡眠欲が一番下の順番に来ます。

30代女性:性欲>睡眠欲>食欲

女性は30代になっても性欲が衰えません。むしろピークを迎えると言われていますね。男性とセックスレス問題が生じるのもこの頃。男性はセックスへの関心が薄れてくるので、ギャップが現れます。

そして子育てもだいたい落ち着いてきた時期なので、睡眠欲が優先されるようになります。反対に食欲は落ちてきて、あまり食べることに関心が少なくなる人が多いようです。

40代女性:食欲>性欲>睡眠欲

そして40代になると、食欲が一番になります。

性欲は2番へ移動していますが、この年代になってもセックスを求める女性は多いです。これは40代後半〜50代くらいで訪れる閉経の前に、子孫を今一度残さねばという人間の本能から。

40代女性が浮気・不倫に手を染めるのは40代が結構多いんだとか。パートナーの性欲が落ちてきて、セックスへの欲求を満たせないから他の男性に走るんです。

満たされないと感じている人へ。人間の心を満たすその他の欲求

三大欲求は満たされているはずなのに、寂しい…物足りない。そんな方は、人間にとって重要な別の欲求が満たされていないのかも。

  • 承認欲求
  • 知識欲
  • 達成欲
  • 自己実現欲

実は三大欲求の他にも、人を幸せにする欲求があります。食べ物・睡眠・セックスでは満たせないものがあるのです。

承認欲求

近代の人間に特に強くなっているのは承認欲求ではないでしょうか。

承認欲求とは、「誰かに認めてもらいたい」という欲望です。SNSでいいね!がないと落ち込んだり、フォロワーの多い人と自分を比べちゃったりするのはこの典型ですね。

人間本来備わっているものなのでなくすことは難しいのですが、強すぎるといつも不満を抱いて生きることになります。

ここで私が実践している楽に生きる方法を1つ。それは他の人に認めてもらおうと思わないことです。自分で認めましょう。自分を褒めるんです。

他人はいい加減で、昨日自分を褒めてくれても今日は悪口を言うかもしれません。自分の幸せの尺度を他人任せにすると、振り回されて疲れます。自分で自分を認めている人=自信がある人は他社の評価で揺らがない、だからメンタルが強いんです。

一番良いのは、自分を好きになることです。たとえ世界中が自分を嫌いでも、自分だけは自分が大好き状態を作れれば最強ですよ。

私もこの域には至っていませんが、なるべく他者の評価じゃなく自分がどう思うかを大事にしています。

知識欲

もっと知識が欲しい、知りたいと言う欲望も人間に本来備わっているものです。これは満たすべき!と私は思います。

例えばお金に関しても、知識がある人は税金を節約したり、稼げる方法を実践して不労所得を少額でも得ていたりしますよね。でも受動的な人は、人から教えてもらえるまで何もしません。だからお金も稼げないし、無駄に税金や不要な出費をしているんです。

私もちょっと前まで知識もない、知識がない自分にすら気づいていませんでした。でも知識豊富な人にアドバイスをもらって「”知ってる”って最強なんだ!」と気づいてからよく本を読むようになりました。

知識欲が満たされていないと感じる場合は、本を読みましょう。興味のあるジャンルから、そうでないものまでとにかくたくさん。

知識は最強のツールです。時間がない方は、Youtubeの本要約チャンネルがおすすめ!短時間で本のエッセンスを学べますよ。

達成欲

人間に備わっている欲望として、達成欲というものもあります。何かを成し遂げたい!という願望ですね。ゴールを決めて目的を果たしたら気持ち良い…、まさにあれです。

達成欲の良いところは、自己肯定感が上がるところ。「私最高!えらい!」と思えることです。しかし大きなゴールを掲げすぎる人や完璧主義の人はこの欲望を満たせません。

私のおすすめは、些細なことで達成感を感じる訓練をすることです。例えばトイレに行く時にも簡単に訓練ができます。

例:達成欲を満たす訓練

  • 「よし、トイレまで歩くぞ」>歩いた>達成
  • 「排泄するぞ!」>出た>達成

どうですか?今日からすぐできますよね?

普段何気なくしている物事を全て目標として、達成感を感じていきましょう。めちゃくちゃ簡単に欲求を満たして、幸福度がアップします。

自己実現欲

次に自己実現欲というものもあります。人間は理想の自分を実現すると幸福を感じるというものですね。当たり前じゃん!って思うかもですが、この欲求を理解するとモチベーションアップに効果的。

現代人って衣食住はほぼ保証されているから、満たされるのが当たり前状態なんですよ。なので、その上に自己実現や承認欲求とかが生まれています。

生活に不満はないけど落ち着かない人は、自己実現をいう目線で人生を見てみると良いかもしれません。

まず理想の自分を書き出して見ましょう。そこが第一歩です。そして理想の自分のライフスタイルを想像して、タイムスケジュールに起こしてください。

例えば私の理想の自分を箇条書きにしてみます。私の目標は年収1,000万円以上稼ぐ女社長なのですが、彼女になりきって一日を想像したものです。

例:理想の自分を箇条書きにしたもの

  • 朝6時に起床
  • コーヒーを飲む
  • 一日のスケジュールや目標を手帳に書く
  • 仕事を7時くらいから初めて15時には終わらせる
  • 犬の散歩をする
  • ジムへ行く
  • 友人と夕食を食べる
  • 今日の振り返りと明日の目標を立てる
  • 美容のために早く寝る

こんな感じで書き出してみると、年収1,000万にはすぐなれないけど、リストの項目って実践できますよね。

これでも立派な自己実現。繰り返していくうちに年収が上がっていくなど、環境にも変化が起こってきますよ!

まとめ

今回は年齢・性別ごとの三大欲求の優先順位についてお話ししました。

現代人って衣食住は保証されていることが多いのですが、3つの欲望のバランスが崩れるとメンタルが不安定になりがち。基本の三大欲求をきちんと満たせるように、規則正しい生活をするのが一番ですね。

さらにその上にある承認欲求や自己実現欲求を意識すれば、もっと幸福度が上がります。自分のことを理解するほど、自分にしてあげられることが増えるでしょう。

ぜひこの記事を読んで、自分と向き合う時間を作ってください。今自分が何をして欲しいか理解して、実践すれば心も体も元気になれるでしょう!

恋愛関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-恋愛
-

© 2022 恋愛note Powered by AFFINGER5