彼女の作り方

やらない方がマシ!?メンズメイクが向いていない人の特徴7選

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

最近では化粧を楽しむ男性もどんどん増えており、メンズメイクは今や身だしなみの一つになりつつあります。ですが、中にはメイクをすることで逆に印象が悪くなってしまうタイプも…。

今回は、そんなメンズメイクが向いていない人の特徴を詳しく解説していきます!これからメイクを始めたい男性も、すでに楽しんでいる男性も、ぜひ自分が当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

今どきはメンズメイク=身だしなみの一つ

肌荒れなどのコンプレックスをカバーできたり、清潔感が出て印象が良くなったり、様々な嬉しい効果があるメンズメイク。最近は一般の人でもメイクを楽しむ男性がどんどん増えており、新たな身だしなみの一つになりつつあります。

ただし残念ながら、メンズメイクは人によって似合う似合わないがあるもの。メイクをすると逆にダサく見えてしまう人や、素顔の方が格好良く見える人がいるのも事実です。

せっかくメイクをしたのに、「やらない方がマシ」なんて周囲に思われていたらショックですよね。化粧の腕を上げることも重要ですが、まずは自分の顔がメイク向きなのかどうか知ることが大切です。

メンズメイクの仕方講座~大流行のナチュラルメイクを完全攻略~

男性の新たな身だしなみとして浸透しつつあるメンズメイクですが、興味はあっても どんな風にしたら良いのかさっぱり分からない… とお困りの方も多いはず。 そこで本記事では、初心者でも分かりやすいようにメン …

続きを見る

しない方がマシ?メンズメイクが不向きな男性の特徴7選

では、ここからは実際にメンズメイクが向いていない人の特徴をご紹介していきます。自分はメイクしても大丈夫なタイプかどうか、ぜひチェックしてみましょう。

1.ゴツゴツした骨格や肉付きがいい

ゴツゴツした骨格や肉付きがいい男らしさ溢れる人から、性別をあまり感じさせない中性的な人まで、男性にも様々なタイプの人がいますよね。

中性的なタイプはメイク映えする人が比較的多い一方、男らしいタイプの人はメイク映えがいまいち。特にアイラインやリップなどポイントメイクをすると違和感が出やすく、少しでも濃くなると女装家さんのような雰囲気になるので注意が必要です。

もしメイクをする場合には、ファンデやコンシーラーなどのベースメイクの他、眉毛の形を整える程度がおすすめ。化粧してるかしてないか分からないくらいのナチュラルメイクに留めておきましょう。

2.元々の顔が濃い

彫りが深かったり眉毛やまつ毛が濃かったり、元々の顔が濃い男性もいますよね。はっきりした顔立ちの男性はとても魅力的ですが、残念ながらメイクは似合わないことが多いんです。

というのも、顔が濃い人がメイクをするとケバくなりやすく、化粧してます感が強く出やすいため。「自分ではナチュラルメイクのつもりだったのに実は超派手になってた…」なんて事態も起こりがちなので、化粧バレしたくない人は特に気を付けましょう。

顔が濃い人がメイクをする場合には、先ほどと同じくベースメイクだけや眉を整える程度にしておくのがベストですよ。

3.40代以上の中年男性

「清潔感を出すため」「身だしなみとして」といった理由で、最近はメイクを始めるビジネスマンも増えています。20代や30代はもちろん40代以上の男性にも広がっており、”メイクおじさん”なんて新たな言葉まで誕生したそう。

シミやシワといった様々な年齢サインをカバーできるメンズメイクは、40代以上の男性にもぴったりですよね。しかしメイクの仕方によっては、おじさんの化粧は若い人に不評な場合も多いので注意しなければなりません。

いくつになっても見た目に気を遣うのは素敵なこと。だからこそ「おじさんが無理しちゃってて痛い」なんて思われないように、40代は40代、50代は50代の年相応の身だしなみを心がけましょう。

4.お堅めの仕事をしている

会社に行く時にメンズメイクをしようとしている場合、年齢と同じく業種も気を付けたいポイント。ちょっとお堅めの仕事だったり、人と触れ合う仕事をしている男性は、止めておいた方が無難かもれません。

世の中には男性がメイクをすることに抵抗感がある人もまだまだ多く、メイクの仕方によっては職場で浮いてしまうことも。プライベートではどんなメイクをしようが個人の自由ですが、ビジネスシーンではそうもいかないですよね。

自分の職場ではメンズメイクをしても大丈夫か、どこまでなら受け入れてもらえるか、しっかり見極めることが大切です。

5.肌が弱い

乾燥肌やオイリー肌で悩んでいる人や、敏感肌で少しの刺激で肌が荒れてしまう男性も多いですよね。最近は肌に優しいコスメもたくさんありますが、やはり化粧をすると肌に負担がかかってしまうもの。

更に肌トラブルを起こさないためにも、メイクではなく、まずはスキンケアに力を入れて肌を整えることから始めるのがベストです。

肌が落ち着いてきたと感じたら、「香料や保存料などが無添加のコスメを選ぶ」「専用のクレンジングでメイクをしっかり落とす」といったことに気を付けながらメイクを楽しんでくださいね。

6.汗をかきやすい

ほとんどのコスメは粉とオイルで作られているため、汗をかくとドロドロに溶けてしまうことも。

ある程度は小まめにファンデを塗り直したり、汗に強いコスメを選んだりすることで改善できますが、それでも極端に汗をかきやすい人は崩れてしまいます。メイクが崩れてしまうと見た目がとても悪いので、汗っかきな男性は止めておいた方が良いでしょう。

また仕事が忙しくて、1日中ずっとメイク直しができない人も化粧はしない方が無難。汗をかかなくてもヨレやテカリが必ず出てくるので、綺麗な状態をキープするには5~6時間に1回はメイクを直す必要があります。

7.手先が不器用

いくらメイクをしていても、ファンデーションが均一ではなく色ムラが目立っていたり、眉毛が左右非対称だったりしたら残念な印象に。

格好良くなりたい、もっと魅力的に見せたいと思って頑張ったのに、逆に印象を悪くしていたらショックですよね。手先が不器用な男性はこうした失敗をしやすく、「メイクしない方が素敵なのに」と思われがちです。

まずは自宅で何度も練習を重ねて、メイクの腕を少しでも上げることが最優先。最近はメンズメイクのやり方を紹介している動画なども多いので、ぜひ参考にしながら練習してみてくださいね。

メンズメイクが不向きな男性でもできる3つの美容法

ここまでメンズメイクに不向きな男性の特徴を解説してきましたが、何も身だしなみに気を使わないのは嫌ですよね。

そこで最後に、メンズメイクが不向きな男性でもできる美容法をご紹介していきます。メイクしない方がいい男性の特徴に当てはまっていた人は、ぜひ試してみてくださいね。

1.基本的なスキンケアで清潔感アップ

男性の肌って何となく強そうなイメージもありますが、実はすごくデリケートなんです。そのため、放っておくとニキビやシミといった肌トラブルが起こりがち。メンズメイクができなくても、最低限のスキンケアは絶対にしておきましょう。

スキンケアと言っても決して難しくなく、基本は洗顔・化粧水・乳液の3ステップでOKです。毎日コツコツ続けていけば、素肌が綺麗になって清潔感がアップ。ノーメイクでも、印象がかなり良くなるはずですよ。

メンズスキンケアのやり方・自分磨きの超基本!毎日肌ケアして清潔感アップ

最近は、女性だけでなく男性もスキンケアをするのが当たり前の風潮に。 でも知識がなかったり教えてくれる人もいなかったりして、「興味はあるけどやり方が分からない…」と困っている男性も多いですよね。 今回は …

続きを見る

2.アイブロウサロンやヒゲ脱毛に通う

眉は顔の印象を大きく左右するポイントで、綺麗に整っているだけでも一気にイケメン度がアップ。普段から小まめにお手入れしておきたい箇所ですが、自分で整えるのって意外に難しく失敗することも多いですよね。

そこでおすすめなのが、プロの手で眉を綺麗に整えてくれるアイブロウサロンです。失敗することなく自分に似合う眉になれますし、最近は男性専用サロンも増えているので気軽に通えます。

またヒゲが濃くて悩んでいる男性は、ヒゲ脱毛に通うのもおすすめ。剃り残しやカミソリ負けに悩まされることがなくなり、清潔感も出て女性ウケが良くなること間違いなしです。

3.メイク感が出すぎないBBクリームを活用

BBクリームは、ぱぱっと塗るだけでヒゲの青みや肌荒れといったコンプレックスをカバーできる頼れるコスメ。しかもファンデーションやコンシーラーと違って、メイク感が出にくいので、化粧に向いていない男性も使いやすいのが魅力です。

最近はたくさんのBBクリームが売られていますが、男性が使う場合はメンズ専用を選ぶのが絶対おすすめ。男性の肌に合わせて作られているため、肌を綺麗に見せるだけでなく、ニキビなどの肌荒れや皮脂崩れ防止も期待できますよ。

自分に合った美容法で、格好いい男になろう

コンプレックスのカバーや印象アップに役立つメンズメイクですが、顔の作りなどによってやらない方がマシな男性も。「化粧しない方が素敵なのに…」なんて思われないように、まずは自分の顔を客観的に見ることが大切です。

もしメンズメイク向きじゃなくても、日々のスキンケアや眉のお手入れなど出来ることはたくさんあります。自分に合った美容法で、格好いい男を目指しましょう!

彼女の作り方関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-彼女の作り方
-,

© 2021 恋愛note Powered by AFFINGER5