婚活

婚活で出会った男性の年収はどう確認する?気になる結婚相手の収入を察する技術とは

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

「家庭を大切にする優しい人がいい」「価値観が一緒の人がいい」「真面目で堅実な人がいい」など、結婚相手に求める条件は人それぞれ違って当たり前ですが、収入に関しては少ないよりは多い方がいいと皆さん答えることでしょう。

正直、顔や性格にはある程度目を瞑ることが出来ても、将来の生活のことを考えると相手に求める年収だけは譲れないと考える女性は少なくありません。

そこで今回は、婚活で出会った男性の年収を確認する方法や男性の平均年収、年収が高い人・低い人と結婚するメリットとデメリットなどをご紹介していきます。

みんな気にしてる?婚活における年収事情アンケート

まずは「ここまで年収を気にしているのは私だけ?」「みんなの理想年収は?」など、友達にはなかなか聞けない年収事情を絶賛婚活中の女性の声とともにご紹介します。(20〜39歳までの婚活女性250名にネットアンケートを実施)

婚活で出会った男性の年収を気にする?

  • はい:79%
  • いいえ:21%

はい派の意見

自分の親がお金で苦労してたのを小さいときから見てきたから、高収入がいい!

お金より愛とか言う人は何も分かってない。お金がないと夫婦はうまくいかない

美味しい物食べるのも、デートするのも、子育ても全部お金かかりますから

いいえ派の意見

お金がいくらあっても愛が無ければ幸せではないと思うので

私が高所得なので男性に稼ぎは求めません…だから上手くいかないんですけど(笑)

自分よりも年収が低い男性と結婚できる?

  • はい:32%
  • いいえ:68%

はい派の意見

職種によっても違うし、年齢に差が無いなら今のご時世、女の方が稼ぎ高いのも全然ありえるから

何百万も違うなら嫌だけど、100万くらいなら将来的には相手のが上回りそうかなと

お財布はあくまでも別が理想なので、相手の年収にそこまで固執しない

いいえ派の意見

絶対に無理です。昭和的な考えだけど、彼の収入で生活できないとマズイと思うので

婚活している意味。妥協して結婚したくないし時間を割いた分、元は取りたい

出産したら会社を辞める可能性も0ではないので、男性の稼ぎが高い方がいい

結婚相手に求める理想の年収は?

  • 1位:600万以上(41%)
  • 2位:500万以上(36%)
  • 3位:1,000万以上(9%)
  • その他(14%)

600万以上

夢を語れば語りきれないけど現実的に考えたらこの位。平均より余裕はあるかなみたいな

不景気な時代ですから、自分はバイトやパートで過ごせることができれば十分満足です

500万以上

おじさんとの結婚とか無理だから20代の理想で!これくらい貰ってれば安泰でしょ

私も働いていたい派ですので、彼がこのくらい稼いでくれたら富裕層レベルになれるかなと

1,000万以上

理想でしょ?高ければ高いほどいいに決まってる

専業主婦希望です。十分なお小遣いも欲しいので理想は1,000万以上

ギリギリ結婚できる…相手の最低年収はいくら?

  • 1位:400〜500万未満(32%)
  • 2位:300〜400万未満(28%)
  • 3位:500〜600万未満(21%)
  • その他(19%)

400〜500万未満

最悪このくらいは…理想の生活とは言えませんが、お互い助け合うのが結婚ですからね

今はまだイメージ出来ませんが、本気で愛している相手ならもっと安くてもOKかも

300〜400万未満

これ以上は本当に無理なのでここが最低ラインです。正直子供はいらないかも…

まあ自分は働くの苦ではないので、このくらいなら悩むことなく結婚はできます

500〜600万未満

子供の教育とか家賃とか考えると、やっぱりこれくらいでギリです

ずっとお水やっているから…生活水準は落としたくない。正直これでもキツイかも

男性の平均年収ってどのくらいなの?

国税庁の民間給与実態調査によれば、最新の日本人平均年収は441万円といわれています。

ですが平均値だと高所得者の年収も含まれるため、実際の年収に比べると高い数値が出やすいため平均値ではなく、より近い数字が出やすい「年収の中央値」を参考に見ていきましょう。

中央値とは、数字を小さい順から大きい順に並べ、真ん中の数字をもとに割り出した数値なので、より一般的な感覚に違い数値が出やすいのです。

2020年の国民生活基礎調査の報告書によると、全世帯の年収中央値は437万円と出ていますので、こちらの数字を参考にしましょう。

もちろん20代と40代とでは、キャリア年数により給料に差が出るのは当然なので、20代の男性に「437万より下だから平均より安いね」と決めつけてしまうのはよろしくありませんから、下記を参考にしてみてください。

年収中央値

  • 20代男性:250〜290万円
  • 30代男性:330〜366万円
  • 40代男性:397〜433万円
  • 50代男性:432〜456万円

もし、婚活で出会った男性が30代なのに年収が300万を切っているのならば、低所得と言えるでしょうし、400万円以上もらっているのならば、平均よりも高いお給料を貰っており、いわば社内のエース的存在なのかもしれませんね。

また、注意したいのが昇給の有無です。30歳で450万貰っていたとしても、昇給がない会社ならば、50歳になっても年収が450万のままです。

一方で昇給があり、役職手当も付く会社であれば、30歳のときに300万円しか貰えてないとしても50歳になれば、600万円以上の年収になる可能性は十分有りえます。

結婚を視野に入れているのあれば、現在の収入に囚われすぎず、福利厚生がしっかりしているのか・ボーナスや昇給はあるのか・大手企業なのか零細企業なのか…など彼の将来性をチェックする方がよっぽど大事です。

彼の収入いくらあれば結婚生活は安泰?

結婚生活にかかる金額は、ライフスタイルによって大きく変わってきますが、総務省統計局の家計調査によると、家賃を除く二人暮らしの1ヶ月の生活費は「約24万5,278円」です。

この中には、食費・水道光熱費・交際費や娯楽費・スマホ、ネット代・医療費・交通費・衣服や日用品の金額が入っており、保険やローンを組んでいる場合には別途、返済がかかってきますね。

一人暮らしのときに比べて支出額は上がりますが、一人あたりの支出は減らすことができので、結婚前に同棲をして結婚費用を貯めるカップルは多いです。

家賃に関しては、都心か地方かで金額の開きが大きいですので、住んでいる地域が同棲や結婚で変わる場合には事前に調べておいた方がいいでしょう。

また、一人暮らしのときは1Rで十分だったかもしれませんが、二人暮らしでは窮屈ですよね。同じ地域に住むとしても基本的に家賃は高くなると思っておいた方が良いでしょう。

女性も働いているのならば、相手の年収が300万未満でも生活はできます。

しかし、男女平等を謳っていても男女の収入格差はまだありますので、相当女性が稼いでいない限りは、合算したとしても余裕がある生活とは言えないでしょう。

共働きであれば、相手の年数が400〜500万程度あれば平均よりも少し余裕のある生活を送ることができるでしょう。

もし専業主婦を希望するのであれば相手の年収は最低でも600万は欲しいところ。いくら相手の年収が高くても世帯年収で見たら普通レベルになるので、裕福な生活とはいい難いでしょう。

また、あくまでも二人暮らしでの統計なので、子供が出来れば当然24万円では収まりません。養育費や教育費など子育てに関する出費がかかり、1歳〜中学までに子育てにかかる費用は1,900万円にもなると言われています。

将来的に子供が欲しい且つ生活に余裕が欲しいのであれば、兼業でも年収600万〜、専業希望ならば800万〜くらいの相手を捕まえなければ安泰とは言えないでしょう。

年収が高い人、低い人それぞれのメリットとデメリット

年収が高い方が生活水準が高く裕福=幸せと考えられがちですが、実際のところどうなのでしょうか?

人によって結婚生活で1番大事にしたいことって違いますよね。年収で結婚を決めるのは破滅行為!?

ここでは年収の高い人・低い人、それぞれを選ぶメリットとデメリットを見ていきましょう。(住んでいる場所やかかる生活にかかる費用は同額とする。)

年収が高い人

メリット

  • 自由に使えるお金が多い
  • 家や介護など将来への不安を感じにくい
  • 優越感にひたれる
  • 子供に何不自由ない思いをさせてあげられる

デメリット

  • 浮気の心配がある
  • 自分磨きも頑張らなければならない
  • 夫に劣等感を持つ
  • 家にいないことが多く寂しい

年収が高ければ、食事や旅行、美容など娯楽にお金を回す余裕があり、心の余裕にも繋がります。老後や子供の進路に関する悩みもある程度はお金が解決してくれるでしょう。

ただし年収が高いということは、それだけ仕事でも重要な役割を担っている証拠。

仕事ばかりで家に帰ってこない日が続くこともあるでしょうし、接待などでキャバクラやパーティーなど派手な人付き合いをする場合もあり、自然と女が寄ってきますから、浮気の心配は尽きないかもしれませんね。

そのため、自分もある程度の美貌を維持しなければ…と精神的に追い込まれることも。

年収が低い人

メリット

  • 夫婦の絆が強い
  • 浮気の心配が少ない
  • やりくり上手になれる
  • 家庭を大切にする

デメリット

  • 生活が厳しく、お金関係の喧嘩が増える
  • ママ友や友達から蔑まされることがある
  • 周りと比べて気分が荒むときもある
  • 我慢しなければいけない&させなければならないことが多い

やはり一番頭を抱えるのは、お金のこと。基本的に相手との喧嘩はお金絡みが多いでしょう。

また、我慢を強いられることも多く、友人とのお茶会や日々の食事、身なりにお金はほぼかけられないことも。

子供がいれば子供の願いを叶えてあげられず不自由な思いをさせる可能性もなくはありません。

とは言え、決して裕福でなくとも貯金が出来る月もあるようであれば、日常生活もそこまで窮屈というわけではありませんし、むしろ旦那さんが自由に使えるお金も少ないでしょうし、苦労をかけているという後ろめたさや日頃サポートしてくれる奥さんへの愛情など様々な思いから家庭を大切にする旦那さんが多いので、温かい家庭に恵まれるかもしれませんね。

男性が言う年収はほぼ嘘だと思うべし

婚活と言えば、婚活パーティー、ソーシャル婚活や結婚相談所を利用する人が多いですよね。

これらの婚活と名がついた集まりであれば、結婚を踏まえてのお付き合いが前提ですから、将来子供が欲しいか、両親と同居は賛成か、年収はいくらか。など、合コンや街コンでは会話にしにくいディープな内容まで話をするのは普通のことで、プロフィールカードに年収を記載する欄が設けられているのは、まさに婚活ならではですよね。

婚活パーティーでは〈高所得男性のみ参加〉〈年収600万以上〜〉など参加できる条件が決まっているケースも少なくはないですが、基本的には自己申告である場合がほとんどで、実際のところは条件なんて合ってないようなものです。

プロフィールの年収もほとんどの男性が実際の年収よりもプラスで記載しています。

逆に高所得の男性は、自分の内面を見てくれる女性と出会うために実際の年収よりも低く書くなんてこともありますので、男性が婚活中に言う年収はほぼ嘘だと思っておいた方が良いでしょう。

婚活女子必見!相手男性の年収を確認する方法9選

ではここからは、婚活の場で男性の年収を確認する方法をご紹介します。

男性が自ら提示している額は、ほとんどが嘘ですので自分の目で見て判断することが婚活市場では大事になってきます。

服装や持ち物をチェックする

労力も必要なく、相手に疑われずにチェックしたい場合は、目に見えて分かる衣類やカバン、靴、腕時計から探ってみましょう。
その人の好きなブランドや行きつけのブランドがなんとなく見えてきますよ。

持ち物をジロジロ見る勇気がないという方は、腕時計や車が目に入りやすく、会話にもしやすいのでおすすめ。特別感が強いアイテムですし、触れられたくてあえて目立たせる人もいるほどですので、会話のネタとしても最適。

ただしお金を持っていてもブランド物に興味のない男性もいますので、それだけで決めつけるのはNG。

一緒にお出かけができる間柄であれば、クレジットカードの色もチェック。プラチナカードもしくはブラックカードを持っていれば、実際にお金を持っている可能性が高いです。

金銭感覚をチェックする

お金を持っている男性の中にもケチな男性はたくさんいますし、お金がなくても羽振りが良い男性もたくさんいますが、高収入の男性はお金の使い方が上手です。

自己啓発や健康維持、人間関係を円滑にするための交際費に関してはお金を惜しまない人が多く、目に見えるものではなく財産に繋がる目に見えないものにかけることが出来るのです。

一方で、本当のお金持ちじゃない人は、形に残してアピールしたがります。

おすすめのお店を聞く

外食って高いですよね。チェーン店やファミリーレストランなら週に数回行っても、たまにの自炊より安い場合もありますが、お寿司やフレンチレストランは週に1回行くだけでも月数万飛んでいきますよね。

つまり、たくさんの良いお店を知っているということは、それだけ食費にお金をかけている証拠。

相手があなたの予算面を気にして、おしゃれな大衆店を答える場合も考えられるので「今度、母の誕生日祝いで…フレンチが美味しいお店がいいかなって思って」など、ある程度ランクの高いお店を知りたいのだと相手がすぐに分かるような聞き方をすると良いでしょう。

お肉系なら〜お魚系なら〜とポンポンお店が出てくるようであれば、お金に余裕がある証拠かも。

趣味にどのくらいお金を使っているか探る

ゴルフや乗馬、パーソナルジム、クルーザー、ハーレー、車の改造などの趣味は、とてもお金がかかります。お金がかかる趣味を楽しんでいる人は、それだけお金に余裕があるということ。

もちろん無理をしている人もいるので、どのくらいの頻度で楽しんでいるのか、必要なグッズはレンタルではなく自前なのかなど興味があるフリをして趣味にどのくらいお金をかけているのかを聞き出しましょう。

スロットやパチンコもお金がかかる趣味ですが、いくらお金を持っていたとしてもギャンブルが好きな人はおすすめしません。

元カノとのデートプランなどを聞く

本当に相手の男性を好きになったときに思い出して嫉妬してしまうという女性にはおすすめできない方法ですが、元カノとのデートにかける金額(泊まるホテルのランク、旅行へ行く頻度、女性へのプレゼントの傾向)などから、彼に余裕があるのかどうかを推測することはある程度できるでしょう。

年収だけでなく男性の恋愛観や付き合ったらどんなデートを提案してくれるかなども知れるので、嫉妬深くない女性はぜひ。

住んでいる場所や間取りを聞く

家賃は給与の1/3程度が好ましいと言われているように、基本的にそのラインに収めている人がほとんどですから、賃料で大まかな年収を予測することはできます。

住んでいる区市町村や間取り、最寄り駅で検索すれば、おおよその金額が出てきますので試してみてくださいね。相手の家の場所まで分かるのなら賃貸サイトで、今出ている家賃を調べてしまうのも手。

職場や職業について詳しく聞く

趣味や物件、服装は、その人の好みや価値観にも左右されるので、おおよその年収を憶測できても、あくまでもこちらの予測でしかすぎません。

その点、職業や職場が分かれば、ネット検索で平均年収を調べることができますので、絶対に年収を知りたいという方は職業や職場の名前を聞くのが良いでしょう。

「◯◯区で◯◯しているんですか?私の友達と一緒かも…それってどこですか?」「◯◯市、私よく行くから大体分かります。ちなみにどこらへんですか?」など、会話を繋げながら聞き出せば探っているとバレにくいです。

差し支えなければなど相手を気遣う言葉を付け加えると印象アップ。

名刺を貰う

職場を聞くのは抵抗があるという方は、名刺交換をしましょう。

社会人同士ですし、ビジネス意識が高い男性であれば名刺交換をデメリットと捉える人はいないでしょうし、自分の素性を相手にさらけ出すことで信頼関係も築きやすいメリットも。

収入証明書を提示必須の場所で婚活

正確に男性の年収を知りたいのであれば、収入証明書の提示が必須の婚活サービスを利用するのが一番です。収入証明書があれば、年収を偽って婚活することはできないです。

今は手軽な婚活アプリでも収入証明書を義務付けているところが多くなっているので、サービス面もしっかり選んだ方がいいです。

安心して出会いたいならば結婚相談所の利用がおすすめ

婚活パーティーやソーシャル婚活、マッチングアプリなどを利用すれば、今は簡単に自分の条件に合う異性に出会える時代ですよね。手軽なのは便利ですが、それ故に危険が潜んでいることは事実です。

嘘の年収を言う程度であれば、まだ可愛いもの。バツイチで子供がいる人や既婚者が遊び目的で紛れこんでいることは稀ではありません。

嘘をついて女性と出会って、バレたとしても退会処分や利用禁止程度で済んでしまうことも多く、女性の心に傷がついたまま行方が分からなくなってしまったとの話も良く耳にします。

不安な方は、無名の企業が運営している婚活パーティーやマッチングアプリではなく、大手の結婚相談所を利用することをおすすめします。

大手企業の結婚相談所は、収入証明書だけでなく独身証明書など様々な書類の提出を義務付けており、男性のプロフィールが本当がどうかを常に細かく確認しているので安心ですし、仲介やカウンセラーが間に入ってくれるので自分から声をかけるのが苦手という女性にもおすすめです。

入会金や月会費、お見合い料など、それなりにお金はかかりますが、理想の相手と出会うことができますし、その後もお付き合いができるまで手厚いサポートを受けることができます。

何より相手の年収や素性がハッキリ分かるので、心から安心して婚活できる点が大きいですね。

結婚式のディナー
結婚相談所とはどんな所?恋愛感情は持てるの?どんな流れで結婚できる?

結婚相談所ってよく聞くけど、どんな所なんだろう? 結婚相談所で出会って、愛がある幸せな結婚はできるのかな? 結婚相談所を利用しようと考えている人は、このような悩みを抱えていることが多いのではないでしょ …

続きを見る

幸せの形は人それぞれだけど年収だけじゃない◯◯を

今回は、婚活で出会った男性の年収を確認する方法や平均年収、結婚生活いくらあれば安泰か、など男性の年収についてお話しましたが、いかがでしたか?

年収が高い人と低い人のメリット・デメリットや年収の確認方法に関してもそうですが、正直なところ人によります。

お金が無くても他人を羨むことなく、誰が見ても素敵な温かい家庭を築くこともできますし、裕福なのに妻や子供には最低限のお金しか渡さない人もいます。

また、お金をたくさん持っていてもブランド物を持たない人もいますし、趣味にお金をかけない人もいますから、一概にお金を持っているから◯◯という答えはないのです。

また、人生何があるか分かりません。今までバンバン稼いでいた人が急に稼げなることだってありますし、会社が倒産する確率だって0ではないのです。

幸せが“お金”だけしかない結婚生活は長く続きません。年収を気にしつつもお金だけじゃない相手の男性の良いところをたくさん見つけることが、あなたの本当の幸せに間違いなく繋がっていくでしょう。

素敵なお相手とあなたが幸せになれますよう願っています。

婚活関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-婚活
-,

© 2022 恋愛note Powered by AFFINGER5