彼氏欲しい

香水の付け方間違ってない?定番女性向けフレグランス&正しい付け方解説

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

いつもとは違う雰囲気を演出でき、おしゃれなファッションアイテムとしても重宝する香水。でも付け方によって魅力を十分活かせてなかったり、逆にスメハラ・香害といわれる迷惑行為になっていたりすることも。

そこで今回は、香水の正しい付け方から実際におすすめの女性向けフレグランスまで詳しくご紹介します!正しい付け方をマスターして、今まで以上に香水を上手に使いこなしましょう。

香水の正しい付け方とは?上手に使いこなす4つのポイント

香水をあまり使ったことがないと失敗しやすいのはもちろん、実は普段から使っていても付け方が間違っている人も多いんです。では実際にどんな風に付けるのが正解なのか気になりますよね。

まず始めに、香水の基本的な使い方を4つのポイントごとに見ていきましょう。

1.シーンに合わせて香水の種類や香りをチョイス

香水を付ける際に必ず押さえておきたいマナーが、TPOをわきまえて使うこと。例えば人が不快になるほど量を付けすぎたり、食事へ行くのに匂いがきつい香水を使ったりするのは絶対NGです。

周囲の人に不快な思いをさせないように、使用するシーンに合わせて香水の種類や香りを選びましょう。香水の種類は、成分の濃度によって主に以下の4つに分けられます。

  • パルファム 香りが一番強く約5~12時間持続、しっかり香らせたい時におすすめ
  • オーデパルファム 程よく強い香りで約4~6時間持続、デートなどのプライベートに
  • オーデトワレ ほんのり優しく香り約2~4時間持続、ビジネスシーンにも最適
  • オーデコロン 薄くライトな香りで約1~2時間持続、扱いやすく初心者にもぴったり

上から順に濃度が濃く、香りの持続時間が長めに。匂いの強さも濃度に比例するので、種類にも注目してTPOに合った物を選んでくださいね。

2.付ける前に体を清潔にしておく

いくら素敵な香りの香水でも、汗などの体臭と混ざってしまっては台無し。香水本来の香りを楽しむためにも、付ける前に体を綺麗にしておくことが大切です。

できればシャワーを浴びるのがベストですが、難しければ無香料の汗ふきシートなどで塗布する部分を拭くだけでもOK♪

たまに汗の匂いを抑えるために香水をあえて使う方もいますが、絶対に止めましょう。汗臭さが気になる時は、専用のデオドラント剤を使ってケアするのがおすすめです。

3.香水は基本的に1か所につき1プッシュ

香水を使い慣れていないと、香っているのか分からず量を付けすぎてしまいがち。最近はどの香水でも基本的に1か所につき1プッシュでしっかり香ってくれるので、ついつい何プッシュもしないよう注意しましょう。

上手く量を調整できない場合には、ロールオンタイプのアトマイザーに入れ替えて使うのがおすすめ。肌にローラーを押し当てながら直接塗るため、調整が簡単で付けすぎを防げます。

またハンカチやコットンなどに一度染み込ませてから肌に乗せると、より香りが穏やかに。初心者でも失敗しにくいテクニックなので、ぜひ試してみてくださいね。

4.出かける最低30分前には付けておく

香水は体に付けた後、時間が経つにつれて徐々に香りが変わるもの。製品によって細かな差はあるものの、基本的に香りは大きく3段階で変化していきます。

  1. トップノート 付けて5分~10分ほどの香り
  2. ミドルノート 付けて30分~2時間ほどの香り
  3. ラストノート 付けて2時間以上経った香り

付けてすぐに感じるトップノートの香りは、揮発性の高い香料を使われていることが多め。製品によっては香りがきつく感じる場合もあるので、最低でも出かける30分前には体に付けておくのがおすすめです。

香水を付けるおすすめの場所&NGの場所

同じ香水を使っていても、実は付ける場所によって香りの感じ方が変わることを知っていますか?選び方や付け方もすごく大切ですが、それと同じくらい付ける場所もすごく大切なんです。

ほのかに香らせたい場合としっかり香らせたい場合におすすめの場所をはじめ、避けるべき場所まで詳しくチェックしていきましょう。

ほのかに香らせたい場合

仕事や食事に行く場合は、あまり香りがきつすぎないように気を付けたいですよね。香りは下から上へと上がっていく性質があるため、ほのかに香らせたいのならウエストより下の部位に付けましょう。

特に腰やウエストは汗をかきづらい上に服で隠れる部分なので、香りがきつくならなくておすすめ。他にも体温が低い内ももやヒザの裏、歩くたびにフワッと香る足首などもGOOD。

下半身ではないものの、付けやすくて量を調整しやすい手首も人気の部位です。ただ下半身よりも匂いを強く感じやすいため、付ける量には注意。香りを抑えたい場合は、空間にシュッとして手首をくぐるように香りを付けるテクニックもあります♪

しっかりと香らせたい場合

デートなどのプライベートタイムでは、香りを存分に楽しみたい方も多いですよね。しっかりと香らせたい場合には、先ほどとは逆の上半身に付けましょう。特に体温が高い部位は香り立ちがいいため、うなじや耳の後ろなどがおすすめです。

胸元も全身に香りが漂いやすくおすすめですが、汗をかきやすい部位な上に、鼻に近いので匂いに酔ってしまうことも。気温や付ける量に注意しながら、ここぞという日にぜひトライしてみてください。

香水を付けてはいけないNGの場所

せっかくのいい香りも汗と混ざってしまっては、不快な匂いに変わってしまうことがあります。そのため、ワキや足の裏といった汗をかきやすい場所に香水を付けるのは絶対NGです。

特にワキは体の中でも汗をかきやすい上に、デリケートな部分なので最悪かぶれてしまう可能性も。足の裏は汗をかきやすいのはもちろん、足や靴の匂いと混ざり、香水本来の香りを楽しめなくなってしまいます。

汗臭さや足の匂いなどが気になる場合は、無香料のデオドラント剤で汗の匂いを押さえつつ、手首や腰といった他の部位に香水を付けましょう。

香水を付けすぎた時の対処法

香水を付け慣れていなかったり慌てていたりすると、量を付けすぎてしまうことも。香りが消えるのには時間がかかるので、困ってしまいますよね。

付けすぎたと感じる時には、シャワーを浴びて洗い流してしまうのが一番。手首など水で流せる部位なら、その部位だけ水道でサッと洗うのも良いでしょう。

もし出かける前で時間がないなら、消毒用のアルコールを軽く含ませたコットンで拭き取るのがベスト。外出中に気付いた場合は、無香料のウェットティッシュで拭くだけでも香りはかなり抑えられます。

定番のおすすめ女性向けフレグランス4選

最後に、おすすめの女性向けフレグランスをご紹介します。失敗しづらく入門編にぴったりな物から、シーン問わず使いやすい物まで幅広くピックアップしました。「種類が多くて、どれを使えば良いか分からない…」とお困りの方は要チェックですよ♪

1.ディオール『ミスディオール ブルーミング ブーケ』

人気ランキングでも必ず上位に入り、世界中の女性から根強い人気を誇るディオールの『ミスディオール ブルーミング ブーケ』。ピオニーやローズといった花々の上品な香りに、少し甘めのホワイトムスクをプラスしたフレッシュフローラルの香水です。

華やかで女性らしい雰囲気を演出してくれるのはもちろん、男性ウケがいいモテ香水としても人気。デートに付けていけば、気になる彼の心をギュッと掴めるはずです♪

2.ランバン『エクラドゥアルページュ』

ランバン『エクラドゥアルページュ』は、大人っぽい紫色のボトルが印象的な人気フレグランス。フレッシュ・モダン・フローラルの香調で、甘いのにすっきりとした魅力的な香りを楽しめます。

クセがないため職場に付けていきやすく、香水の扱いに慣れていない初心者さんも失敗せずに使えるはず。香水より扱いやすい同じ香りのボディローションもあるので、こちらでお試しするのも良いですね。

3.クロエ『クロエ オードパルファム』

女性向けフレグランスの王道と言っても過言ではない『クロエ オードパルファム』。甘めの香りが苦手な方でも使いやすく、おしゃれの一部としても便利なフレグランスです。

香りはフェミニンさ溢れるローズに、どこか石鹸のような爽やかな香りも。”綺麗なお姉さんが付けている香水”というイメージを持っている方もいるほど、付けているだけでエレガントな印象を演出してくれます。

4.ジルスチュアート『クリスタルブルーム オードパルファン』

ジルスチュアートの『クリスタルブルーム オードパルファン』は、女の子らしい香りが好きな方にぴったりのフレグランス。ミドルノートにエーデルワイスやジャスミンなど様々な花を散りばめ、可憐で透明感のある香りに仕上がっています。

またクリスタルの花束をイメージしたという可愛いボトルデザインも魅力。部屋に飾っておくだけでも、女子力が上がること間違いなしです♪

正しい付け方をマスターして、香水をもっと楽しもう

服やメイクのように自分らしさを演出できる香水は、女性にとって欠かせないファッションアイテムですよね。でも意外に間違った使い方をしている人は多く、せっかくのいい香りが台無しになっていることも。

そこで今回は、付け方のポイントから実際におすすめのフレグランスまで詳しくご紹介してきました。ぜひ正しい付け方をマスターして、香水をもっと楽しみましょう♪

彼氏欲しい関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-彼氏欲しい
-

© 2021 恋愛note Powered by AFFINGER5