婚活

結婚して後悔した事TOP10結婚する前に要チェック

女性ライター陣

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

「早く結婚したいな~」と、結婚に対して憧れを持っている方は多いと思いますが、既婚者の約半数以上が「幸せになれると思って結婚をしたけれど、理想の結婚生活とは全く違っていた」と後悔しているのをご存知ですか?

いくら早く結婚がしたくても長い長い結婚生活、後悔を抱えるのは嫌ですよね。そこで今回は、未婚のみなさんに向けて、結婚する前にチェックしておきたい項目や既婚者の人が何を後悔しているのかをまとめてみました。

結婚して後悔したことTOP10(男性編)

なんてこった、やってもうたと嘆く男性

まずは男性が奥さんに対して何を後悔しているのか、リアルな声とともにランキング形式で発表していきたいと思います。

第10位 浮気・不倫

「結婚前から付き合っている男がいたらしい。今は別れたようですが、妻のことを一切信用できなくなりました」
「自分は海外出張が多く家を空けがち。喜ばそうと思って黙って帰ったら浮気現場に遭遇。彼女の本質を見極められなかった自分を責めましたね」

第9位 金遣いが荒い

「若い頃からブランド物が好きで今も変わってません、貯金が全く増えないです」
「専業主婦のくせに金遣いが荒い!今は自分が管理してます。お金の管理が得意な女性を選んだ方がいいですよ」

第8位 外へ遊びに行けない


「仕事の付き合いですら機嫌が悪くなるから飲みに行きにくい」
「まだ若いということもあり、周りは未婚ばかり。なかなか遊びに行けず、この歳で結婚したことを後悔しています」

第7位 実家との距離感

「女性だからってのものあると思うけど実家に週の半分くらい帰ってますね。愚痴られてそうで怖いw」
「疲れて仕事から帰ると、週に2回くらい家にお義母さんがいる。気が滅入ります」

第6位 妻の態度やスタイルが激変

「ぶっちゃけ容姿が好きで結婚したけど、結婚後激太り。家族としては好きですが女としては…」
「結婚前は控えめで男を立てるタイプの女性だなと思っていたけど、今では鬼ですw他の女性の方が良かった」

第5位 家事の怠慢

「料理が苦手な奥さん。新婚の頃は苦手なりに頑張ってくれていたけど、今じゃ開き直ってますね。料理が得意な女性に心が揺らぐ」
「仕事優先で家事は手抜き。逆に俺の方への負担が大きいなと感じています」

第4位 子作りへの意見相違

「仕事がハードなため疲れからか勃ちにくくなり…それでもSEXする日を強制的に決められ、ぶっちゃけ子作りが辛いです」
「自分は子どもが好きで3人は欲しいと結婚前から言っていたのですが、仕事大好きな奥さんはあまり子どもを欲しくなさそう…。このままいけば離婚すると思います。」

第3位 精神的なダメージ

「不妊治療で俺の精子が問題だと分かってから、グチグチ言われ相手への愛情も薄れていますね」
「結構ズバッという奥さんでして…メンタル弱めの俺には結構心に刺さります」

第2位 性の不一致

「まあ結婚前から分かってはいましたが、妻の性欲が薄すぎる」
「自分があまり性欲が無いタイプなので、浮気されないか不安ですし、物足りないと言われると男としての立場がないです」

第1位 価値観の不一致

「性格含め、趣味や考えが全く合わない。同棲中はそれも楽しかったけど、家族となると別ですね」
「価値観のズレから喧嘩がとにかく多い」

男性が結婚する前に知っておきたい結婚生活の負担・デメリット

結婚相手を探して、いい人と出会って結婚したいと思う男性はまだまだ多く居ますよね。 でも、結婚生活への心構えはできているでしょうか? 結婚してから後悔しても遅いですから、今から心構えだけでもしておきまし …

続きを見る

結婚して後悔したことTOP10(女性編)

天を仰いで後悔する女性

次に女性が旦那さんに対して何を後悔しているのか、リアルな声とともにランキング形式で発表していきたいと思います。

第10位 金遣いが荒い

「パチンコや競馬などのギャンブルが好きで、今でも友達にお金を借りたりしている」
「お小遣いを子どもみたいにすぐに使ってしまう…電化製品オタクで1回の買い物も大きい」

第9位 浮気・不倫

「女好きなのは分かってはいるけど、キャバクラの女にまで手を出していた」
「女癖は一生治らないと思う。周りの幸せそうな友達が羨ましいです」

第8位 稼ぎが少ない

「出世願望のない旦那!後輩にも収入を抜かされていても全然平気みたい。正直恥ずかしい」
「子どもの将来や親の介護などを考えると、早く自分も正社員でバリバリ働かないと…と焦りますね。お金<愛だと思ってましたが人生そんなに甘くない」

第7位 義母との関係性

「しょっちゅう孫の顔を見に来るお義母さん、気も休まらないし旦那から注意してほしい」
「義母ベースの旦那の意見?思考?に腹が立つ。味付けだとか家の方針だとか」

第6位 性の不一致

「風俗や不倫をするタイプではないのでそこはいいですが、アブノーマルな性癖が自分と合わない…。付き合っている頃カミングアウトしてほしかった」
「エッチするとすぐにアソコが痛くなる私。大きめの旦那のアソコは痛いし気持ちよくないんです」

第5位 食の好みの違い

「味付けにいちいち文句を言われる。おまけに料理教室に教われと言われ腹が立った」
「関西出身の旦那と関東出身の私とでは味の好みが違いすぎて、食が全く楽しくない」

第4位 話を聞いてくれない

「パート内で嫌がらせを受け、旦那に相談するも会社ではよくあるから~と流される。普段からこっちの悩みを聞いてくれない」
「付き合っていた頃は楽しそうに私の話を聞いてくれたのに、最近はさっぱり。お互いだろうけど、人って変わりますねー付き合った期間が短すぎて本質が分からなかった」

第3位 子作りに不協力

「こっちは仕事を早退・遅刻してまで病院通いしてるのに、全く興味なさげ。負担がこっちばかり」
「検査もしていないのに俺には原因はないの一点張り。子ども欲しいというのは簡単。もっと妊活に興味を持って欲しい」

第2位 価値観の不一致

「価値観の不一致がこんなにも結婚生活でストレスになるとは思っていなかった」
「元旦那は価値観が合ったから一緒にいて楽だった。同棲しないで籍入れたの失敗w」

第1位 家事や育児に不協力

「共働きなのに、育児も家事も私任せ。体力的にも精神的にもキツイ」
「慣れない育児に不安なのに、子育て丸投げ!おかげで美容室にも行けない」

結婚に後悔しやすい人の特徴

ハムッ、ハフハフ、ハフッ!!(猫)

男女別に結婚後に後悔したことをランキング形式で見ていきましたが、結婚する前にちゃんと相手を見ていなかったのか?と思ってしまいますよね…。そこで結婚に後悔しやすい人の特徴をまとめてみました。

結婚に焦りを感じている

年齢的な問題であったり、周りが結婚している人が多いからと結婚に焦っている人は要注意。
焦って結婚しても何もいいことはありません。焦って結婚した人の多くが結婚生活に何かしらの不満を抱えていたり、結婚したこと自体を後悔している人が多いです。

容姿や年収などのスペック重視

容姿や年収、肩書きなどのスペックを重視している人は、相手の内面よりも、その人の外側しか見えていないがために相手の収入が落ちたときやスタイルが変わったときに愛情が冷めやすいです。また、結婚生活で価値観のズレなどが生じることもしばしば。

ストレスを貯めやすい&発散しにくい

どんなに愛していても、赤の他人が一つ屋根の下で暮らすとなると、ストレスを抱えて当たり前。
特にストレスを溜めやすい人は注意した方がいいでしょう。結婚しても金銭面や相手を気にせず気軽に発散できる趣味を持っているか持っていないかは結婚生活のモチベーション維持に大きく影響します。

流されやすい

流されやすい性格の人は、結婚を決めることすら自分ではなく相手に流されて決めがち。また、結婚生活でも相手のペースに流されやすく、結婚生活にストレスや疲れを感じやすいです。また、喧嘩した際に普段言わない分本音が出やすく、離婚にまで発展する人も多いです。

感情的になりがち

「初めての人と結婚したい」「貯金はないけど結婚したい」
理想を語るのは簡単です。でも実際生きていくには理想だけではうまくいかないことばかり。また、付き合い始めと数十年後では愛の形もきっと変わっているはず。感情で動くことも時には大切ですが、結婚はしっかり考えてした方が後悔も失敗も少ないでしょう。

将来のビジョンが曖昧

将来子どもができたらお互い仕事はどうするのか、親の面倒はどうするのか、マイホームを何歳で購入するか、など人生には大きなターニングポイントがたくさんあります。その大きなターニングポイントは、結婚した後は夫婦二人が抱える問題。将来のビジョンもなく結婚をし、こんなはずじゃなかったと後悔する人が非常に多いので将来のビジョンは結婚前に話しておきましょう。

相手に気持ちを伝えるのが苦手

結婚生活、お互いに自分の意見を主張ばかりしてはうまくはいきませんが、我慢しすぎも良くありません。相手に合わせてばかりで自分の意見を押し殺してばかりいると、ストレスを抱えてしまいますし、相手にも不満が募っていきます。自分の気持ちを相手に伝えることはお互いの理解を深める上で大切なことです。

結婚を後悔しないためにはどうしたらいい?

そろりそろりと物音を立てないように近づく女性

人生の一大イベントでもある「結婚」。失敗も後悔もしたくはありませんよね。結婚を後悔しないためには、第一に相手のことを良く知った上で結婚するのが一番大です。

若気の至りとも言いますが、好きという感情だけで結婚をしてしまったり、愛があれば乗り越えられるというのは綺麗事です。愛だけでは乗り越えられない問題は多いですし、それは年齢を重ねれば重ねるほど重くのしかかってきます。新婚感を味わえない、親に反対される、お金がかかるなどの理由で同棲をせず結婚をするカップルも多いですが、生活を共にしてみないと分からないことは山程あります。相手を知るためにも同棲はしておくほうが良いでしょう。

他にも、自分の中でこれだけは妥協できないという点をしっかり把握しておくことも大切でしょう。全てが全て理想通りで完璧な相手に出会うことは正直難しいです。だからこそ、妥協できる面と妥協できない面を見極めておくことは、後悔をしない結婚をするのには重要と言えます。妥協をした結果、結婚生活がうまくいかないという人はとても多いですからね。

結婚を軽く考えてはいけません。血のつながっている親とでさえ喧嘩や衝突、不一致は怒るわけですから、恋人との相性を付き合っている段階でしっかり見極めるべきです。

後悔しないための結婚前のセルフチェック項目

ペンを持って「ネッ」という表情の女性

結婚を考えている人がいるならば、相手と自分の考えていることは一緒なのか・相手と自分の価値観は違いすぎていないかチェックをしてみましょう。

将来のビジョン(子供・仕事・老後の夢・親の介護・家の購入)は、話し合ったか

将来のビジョンの話し合いは非常に大切です。子供の有無や人数、妊活についてや将来の親の面倒の話、転職や転勤、兼業か専業か、家は賃貸かマイホームかマンションか…など誰にでも理想は絶対にあると思います。
夢に描いていたビジョンがか叶わないというのは、なかなか受け入れるのに時間がかかることですから、結婚を決める前に話合う方が好ましいです。

一緒に住んで生活スタイルに苦痛はないか

同棲をしてみてお互いの生活スタイルが苦痛ではないかもチェックしておくべきです。
朝型と夜型でも生活スタイルは異なりますし、インドアかアウトドアなのか、朝風呂派か夜風呂派か、ベッドの硬さやお風呂の温度など、こだわりが強い人ほど相手に合わせるのか、合わせてもらうのか確認しておくべきです。

食べ物の好みが合うか

好きな食べ物が違うにしても、薄味派か濃味派かくらいは、好みが合った方が好ましいです。
食は生きていくために欠かせません。結婚生活にも大きな影響を与えますし、外食時にも苦労します。食の好みは急には変えることができませんから、あらかじめ食事の好みが合うかどうかは確認しておきたいですね。

喧嘩の感情の出し方と仲直りの仕方に不満はないか

喧嘩の仕方にも性格が出ますよね。一気に爆発する人もいれば、怒ったら一切喋らない人もいます。
中には手を出す人だっているくらいですから、相手がどのような怒り方をして、その表現が自分に合うのか合わないのかは結婚前に知っておくべきです。また、こちらが謝るまで仲直りが出来ない相手だと喧嘩が長期化しますし、こちらの方が結果我慢することが多くなりストレスの原因にもなります。

お金の管理と使い方

金遣いが荒い相手だと、結婚後も苦労しますし、お金をかかる趣味を持っている人はお小遣いが限られてしまうと趣味を諦めなければならなくなります。
そのため、結婚後はお互い財布は別なのか、どちらかが管理するのか、お小遣いはお互いいくらなのか…などお金に関する約束や価値観を共有することは必要なことです。本当にこの人と結婚して大丈夫なのかも見定めて。

家事の分担について

家事は分担すべきと思っていたら、相手は全く違かった…ということもなくはありません。相手が家事に分担に対してどう考えているかは同棲もしくは結婚前に話し合いましょう。
中には洗濯の畳み方や掃除の仕方でも、喧嘩する夫婦もいるぐらい大きな問題ですから、家事の分担だけでなく、家事に関しての細かい価値観も確認すべきです。

身体の相性やセックスの頻度について

セックスレスが原因で離婚する夫婦は多いです。だからこそ、結婚する前に身体の相性やセックスの頻度が自分の価値観と合っているのか考えるべきです。周りに言えない内容だから…と違和感を感じつつそのまま結婚する人も多いですが、その違和感がいずれは夫婦の亀裂を生じさせる可能性は非常に高いのです。どんなに好きな相手でも妥協はおすすめできないチェック項目です。

結婚はあなたの人生を左右する大切な決断

いいね!するユニフォーム姿の応援チア

今回は、結婚して後悔した事を中心にお話していきましたが、いかがでしたか?

結婚は、人生で一番と言ってもいいほどのターニングポイント。独身時代よりも結婚生活の方が長い方も多いですから、結婚には後悔したくはないですよね。結婚前には同棲や話合いをして相手と自分が合うのかどうか見極めることが何よりも重要です。とは言え自分ばかりが主張を通しすぎても成長には繋がりませんし、婚期を逃してしまいますから、自分からも寄り添う・妥協する・折れることも場合によっては大切です。それが出来ずに心がどんどん離れてしまい、別れた後に後悔する人だって多いですからね(笑)

大好きな相手と結婚したいと思うのは、当たり前のこと。相手との相性もありますが、結婚を通して自分が成長できるというのも結婚の良いところですよ。

特に結婚に後悔しやすい人の特徴に当てはまっているな…と感じた方は、結婚相手を見極める力とともに自分を変える(磨く)努力も一緒に行うといいでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
女性ライター陣

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-婚活
-,

© 2020 恋愛note Powered by AFFINGER5