with(ウィズ)

withは課金すべき?ベストな課金タイミングはいつ?

ユウ

ユウ

彼女いない歴=年齢・童貞からストナンを始めた変人です。ストナン・ネトナン歴は10年以上で、毎週違う女の子と遊んでいます。

「withを始めたけど、いきなり課金しないといけないのかな?」
「withを課金するタイミングはいつがいいんだろう?」

withを始めたばかりで、こういった悩みがある男性は多いのではないでしょうか。

withは定額制マッチングアプリであり、女性とやりとりしたい場合は課金する必要があります。

課金するといっても数千円かかるので、趣味など恋愛以外にもお金を使いたい男性にはベストなタイミングで課金したいのが本音でしょう。

そこで、今回はwithのベストな課金タイミングについて考えてみたいと思います。

課金のタイミングに悩んでいる男性は、ぜひ参考にしてみてください。

withとは?月額プランの種類・料金と課金

withの情報

withはマッチングアプリの一つ。

現在恋愛向きのマッチングアプリは「Pairs(ペアーズ)」「タップル」「with(ウィズ)」の3強となっていて、それ以外のマッチングアプリを選ぶ必要は全く無いという状況です。

会員数300万人超(2020年10月検索)
料金体系女性無料/男性有料
おすすめ年齢層20代30代
おすすめ目的 遊び 恋愛
運営会社株式会社with

withの料金体系

女性は無料で出会うことができるwith(ウィズ)ですが、男性は課金をしなければ出会うことができない仕組みになっています。

プランweb/クレカ決済GooglePlay決済Apple ID決済
1週間(21歳以下限定)1,400円-1,600円
1ヶ月3,600円4,200円4,200円
3ヶ月2,667円/月
(一括8,000円)
3,066円/月
(一括9,200円)
3,267円/月
(一括9,800円)
6ヶ月2,350円/月
(一括14,100円)
2,866円/月
(一括17,200円)
2,967円/月
(一括17,800円)
12ヶ月1,833円/月
(一括22,000円)
2,041円/月
(一括24,500円)
2,333円/月
(一括26,800円)

他のアプリと比較すると、21歳以下限定で安いプランがあるなどよりユーザーフレンドリーなプランを用意していることが特徴です。

価格は恋愛向きのマッチングアプリでは高くも安くもなく相場程度の価格となっています。

同性会員ともっと差をつけたいという方にはVIPオプションも用意されています。

withの料金とオススメの課金方法

「withを使い始めたけど、料金ってどんな感じになっているのかな?」 「withには複数の課金方法があるけど、どの課金方法がオトクなの?」 withを使い始めると、気になるのが料金ではないでしょうか。 …

続きを見る

withの無料会員と課金した有料会員の違い

withでは無料会員と有料会員に分けられています。

withに課金すれば、無料会員から有料会員に変更になり、有料会員限定の機能を使うことができるようになります。

次は、withの無料会員と有料会員の機能について見ていきましょう。

withの月額プランに課金せずに無料会員で使える機能

withの無料会員機能

  • プロフィール作成
  • 心理テスト
  • お相手検索
  • マッチング
  • メッセージを送る

「プロフィール作成」では、自分自身の基本情報や自己紹介文などを作成することができます。

「心理テスト」では、いくつかの質問に答えるだけで、自分と相性のいい相手を探すことができます。
心理テスト終了後に相性のいい相手が自動的に表示されるので、気になる相手がいればそのまま「いいね」を送ることが可能。

「お相手検索」では、居住地や年齢、ログイン時間など様々な項目で相手を探すことができます。

「マッチング」では、検索で見つけた相手に「いいね」を送るか、相手からもらった「いいね」に「ありがとう」を返すことでマッチングすることができます。

「メッセージを送る」では、マッチングした相手に1通目のみメッセージを送ることができます。

withの無料会員では、気になる相手を探してマッチングし、メッセージを1通送ることができるということです。

withの月額プランに課金した有料会員ができること

withに課金して有料会員になると、無料会員の機能に加えてさらにいくつかの機能が付与されます。

有料会員のみ利用できる機能が以下となります。

withの有料会員機能

  • メッセージのやりとり
  • 相手のいいね数が分かる

「メッセージのやりとり」では、1通目送った相手から返信が来た場合、その内容を確認することができ、そのままやりとりすることができます。

「相手のいいね数が分かる」では、相手がもらったいいね数がプロフィール画面から確認することが可能です。

相手のいいね数が分かるので、ライバルが少ない相手を探す際に重宝します。

有料会員になれば、出会うための最低限の機能は付与されることになります。

withではさらに「VIP専用プラン」というプランもあり、有料会員に加えてVIP専用プランに課金すれば、既読・未読機能をつけたり、フリーワード検索などの機能が使えるようになります。

お金に余裕があるならば、VIP専用プランに課金すればより相性がいい相手を探しやすくなるでしょう。

withに課金するべきタイミング

withは1通目のメッセージは送れるものの、課金しないとメッセージのやりとりをすることができません。

そのため、withで出会いたいならば課金は必須となります。
しかし、withを今後利用するかどうか分からないのに、いきなり課金するのはお金がもったいない。

そのため、これから紹介するいくつかの条件に当てはまったら課金するようにしましょう。

条件①:5人以上とマッチングした

無料会員の状態で何人かにいいねを送ってみて、5人以上とマッチングすれば課金を考えてみてもいいでしょう。

利用し始めて、すぐに5人以上とマッチングできるなら、withはあなたと相性がいい可能性があります。

さらにマッチングしてから課金するのもアリですが、マッチングした後にすぐにメッセージを送らないと連絡が途絶えてしまうことが多いです。

そのため、マッチングしたらなるべく早く課金して、デートの約束をしてしまいましょう。

条件②:検索結果でタイプの女性が多い

検索してみて、タイプの女性が多い場合は課金を考えてみてもいいかもしれません。

マッチングアプリは、アプリごとに女性のタイプが偏る傾向があります。

withで女性を検索してみて、タイプの女性が多いならばwithを利用した方がいい出会いを見つけることができるはずです。

もちろんタイプの女性がいたとしても、マッチングしないと始まりません。
ひとまず何人かにいいねを送り、タイプの女性とマッチングしてから課金するようにしてくださいね。

条件③:相手からいいねがよく送られてくる

withに登録してから定期的にいいねが送られてくるならば、課金する価値はあります。

なぜなら、相手からあなたのプロフィールが魅力的に思われているということだからです。

登録して3日以内の新規会員は優先的に表示されるようになっているのでいいねは送られてきやすいですが、3日以上経った後でも定期的にいいねが送られてくるならば課金を検討しましょう。

他のマッチングアプリよりも多くの相手と出会うことができる可能性があります。

最後に

今回は、withに課金するタイミングについて解説しました。

withにすぐに課金するのではなく、withで出会いがあるかどうかを十分に検証してから課金するようにしましょう。

また、最初はうまくいってたからといって、数か月後にうまくいくかどうかは分かりません。

そのため、数か月以上の長期プランに課金せずに1ヶ月会員などの短期プランに課金するようにしてくださいね。

with関連の記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユウ

ユウ

彼女いない歴=年齢・童貞からストナンを始めた変人です。ストナン・ネトナン歴は10年以上で、毎週違う女の子と遊んでいます。

-with(ウィズ)
-,

© 2020 恋愛note Powered by AFFINGER5