彼氏欲しい

女性が使える恋の駆け引きテクニック7選、面倒と思われない上手な駆け引きとは?

chikaze

chikaze

92’/ノンバイナリーのフリーライター/修士(学術)/社会心理学専攻、主にジェンダー論。純文学、’70s少女漫画、映画、古着が好き。街コンで出会った夫ともうすぐ結婚2周年。noteでエッセイと小説を書いています。

恋愛において欠かせないのが、いわゆる「恋の駆け引き」です。押したり引いたりすることで相手の気持ちを惹きつけるテクニックは、恋愛を成就させるには必要不可欠といえるでしょう。

しかし、ちまたで囁かれている「女の駆け引きテクニック」の中には、相手に面倒くさがられて逆効果になってしまうものも紛れています。

そこで今回は、一般的には決して「モテる」タイプではないわりに素敵な男性と今までお付き合いできたわたしだからこそお伝えできる、最新版女の駆け引きテクニックをご紹介していきます。必ずや恋愛に悩める子羊の皆さんのお力になってみせますので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね…!

その女の駆け引きテクニック、古くないですか?

大きな恐竜の化石が横たわる荒野

冒頭からきつい問いかけで申し訳ございません。けれども、ぎくっとした方も多いのではないでしょうか。

そもそも時代は令和です。男性がリードして女性がついていく、という今までの構図はもう古いです。古すぎます。化石です。
そんな化石みたいな構図に基づいたテクニックが、現代の恋愛に通用するわけがないのです。

まずは自分の恋愛観をきちんとアップデートすることから始めましょう。

最新版!女の駆け引きテクニック7選

笑顔で書類を受け取るメガネをかけたオフィスで働く女性

あなたは「駆け引き上手な女性」と聞いて、どんな人物を想像しますか?

きっと多くの人が、ふんわりかわいいパステルカラーにロングスカート、ナチュラルメイク(に見せかけて細部にわたり凝った化粧)、ゆるくパーマのかかった、いかにも「モテそう」「男ウケしそう」なあざとい女性を思い浮かべることでしょう。

実はそのイメージからして、もうすでに古いのです。一昔前は従順で大人しそう(に振る舞える)な女性がモテたのかもしれませんが、現代の男性はあくまで自分と対等に補い合うことのできる自立したパートナーを求めています。

そのため、いつまでも昔のテクニックにすがっていてもうまくいくはずがありません。現代の社会に合わせた、令和にふさわしいスマートな女の駆け引きテクニックを身につけましょう。

「さしすせそ」を多用しない!会話を掘り下げて相手を知ろう

「さすが」「知らなかった」「すごい」「センスがいい」「そうなんだ」ばかり連発する、俗にいう「合コンさしすせそ」をいまだに実行してはいませんか?

もちろん、褒められていい気分にならない人はいません。けれどもこのような使い古された中身のない褒め言葉は、安っぽくてつまらない印象を与えるだけです。

知性のある現代の女性なら、そんな薄っぺらい言葉に頼らずとも上手に会話ができるはず。相手の話に耳を傾けて、質問したり、共感したり、ときには自分の意見を主張してみましょう。会話を深く掘り下げることで、「あなたのことをもっと知りたいです」という「押し」のアピールに繋がります。

無理にサラダを取り分けない!お皿が近い時だけで大丈夫

「女子力」という言葉が流行っていたころ、合コンなどの出会いの場でサラダを取り分ける女性がモテると信じられていましたよね。

しかし過剰な「女子力」「家庭的」アピールは、わざとらしくて逆に幻滅させるだけです。今時の男性は、一人暮らしであれば当然自炊だってします。一方的に女性のみに家事能力を求めている男性はそれほど多くないので、「女子力」アピールは「モテ」に繋がらなくなっているといえるでしょう。

お店で料理を取り分けるときは、あくまでお皿が自分のそばにあるときだけで大丈夫です。気を配るべきときにきちんと気を配っていれば、いい塩梅の「押し」に繋がるので面倒くさいイメージにもなりません。

それに、女性だけに家事を押し付ける男性、家事を手伝わない男性(そもそも共働きが当たり前となった今「手伝う」という表現すらおかしいですが)と一生を共にしたいですか? 普通に嫌じゃないですか? え、わたしはめちゃくちゃ嫌です。もし夫がそんな人だったら、ぜったい結婚しなかったです。

相手の「お母さん」になりたいのではなく、恋人になりたいのであれば、「家庭的」アピールは避けた方が無難といえます。

ミラーリングを活用しよう!

こちらは有名な心理テクニックで、相手の動作を真似ると親近感を抱かれやすくなるというものです。

いちばん簡単なのは、相手がコップに口を付けたら、同じタイミングですかさず自分も飲み物を飲む、という方法。身振りや口調を真似ると、親密になりやすいのです。

あくまでわざとらしくなりすぎないように気をつけながら実践し、「私たちって似てるよね」という雰囲気を作り上げてください。これだけでさりげなく女の駆け引きテクニックを発揮することができます。

信頼関係
【恋愛テク】恋人未満の彼と信頼関係を築いて彼の心を開く方法【心理学】

男性は魅力的な女性と知り合った時、「いいな」とは思うものの「お付き合いしたい」とは思わないんです。 この子と「お付き合いしたい」と思わせるにはどうすれば良いでしょうか? その鍵は、信頼関係。 恋愛に信 …

続きを見る

LINEの返信をわざと遅らせない!適度に相手に合わせるだけでO K

まだLINEがなかった時代、メールはすぐに返さないのが鉄則!という常識がまかり通っていましたよね。ですが現代の連絡手段のメインはLINEであり、LINEの最大のメリットは、なんといってもメールよりも気楽に連絡が取れるところです。

それなのにわざわざ返信を遅らせて、スムーズに会話することを自ら阻害してちゃ、LINEの存在意義がなくなります。ブラウンもコニーも号泣です。彼らを悲しませてはいけません。ブラウンとコニーにも相手にも、慈愛の気持ちを忘れずに。

かといって、秒で既読をつけて秒で返信をするのも、それはそれで相手へのプレッシャーになってしまうので避けたいところ。自分だって、興味のない男性から頻繁に連絡がきたら億劫ですよね。それならどうすべきか。

基本的に返信速度は、相手に合わせましょう。30分程度で連絡が来るようであれば、自分も30分空けて返信をする。それだけで大丈夫です。あまり深く考えすぎないのが、LINEでの大切なポイントです。

直接おしゃべりしているときのようにポンポンとやりとりが続くようであれば、そのペースを維持して構いません。とにかく、スムーズな会話を心がけてください。

また、文章の分量についても注意したいところ。長文のLINEって、内容問わず来るだけで疲れてしまいます。向こうが3行くらいなら、こちらも3行で返信しましょう。

LINE交換をしてもその後が続かない?好きな人とのLINEを長続きさせるコツ・方法 

LINEが長続きしないという悩みを抱えている方は私の周りにも多く居ます。 それが好きな人とのLINEだったら辛いですよね。 そんなLINEが長続きしない方へ向けて大学で心理学・脳科学を研究してきた私が …

続きを見る

相手の目をしっかりと見る!視線を逸らさないようにしよう

腕を組んで笑顔を見せる自信に満ち溢れた女性

人間って不思議なもので、実は会話をしているときってそんなにずっと目が合っているわけではないんですよね。だいたい相手の口元や喉のあたりを見ながら話す人がほとんどです。

そこで、会話をするときはあえて相手の瞳をじっと見つめることを意識してみてください。視線を逸らさないというだけで、なんだかドキドキさせてしまうことができます。

目をじっと見つめて話すと、自信があるように見えて魅力的に映ります。また、相手をしっかりと見ることで、相手の求めていることや考えていることを察しやすくなります。より一層、スムーズに会話ができますよ。

考えてもみてください。全然目を合わせてくれない、終始オドオドした人って、なんだかあんまり付き合いたくないですよね。それはもちろん男女問わずみんな思うことです。視線を合わせること、ぜひ心がけてみてください。

ボディータッチは腕と肩のみに!

合コンなどの出会いの場に絶対どこからともなく出没する、ボディータッチ激しめな女性っていますよね。たしかにボディータッチは、うまく使えば相手に自分を意識してもらうことができる便利なテクニックのひとつです。

でも、過剰なのはくれぐれもN G。男性の手を強引に引っ張って自分の手のひらと合わせ、「おっきい〜」なんていう女性も多くいますが、その方たちに質問です。あなたは、恋人を探しに来てるんですか? セフレを求めてるんですか?

セフレやワンナイトの相手を求めているんだったら、それはアリだと思います。しかし、恋人を探してるんだったらやめましょう。今すぐその手を引き剥がしてください。今すぐにです。

それに、逆の立場だったらすっごく不愉快ですよね。まだそこまで好きじゃない、付き合ってもいない相手に、馴れ馴れしく体にベタベタ触られるなんて、いい気分にはなりません。恋愛だって人間関係です。自分がされて嫌なことは、相手にもしないという最低限のマナーは守りましょう。そうじゃないと、ガツガツ押し過ぎの面倒くさいイメージを持たれてしまいますよ。

ボディータッチは腕や肩など、自然に触れられるような箇所のみに軽く、が原則です。いやらしくない程度に、爽やかに触れるだけで、じゅうぶん相手をドキッとさせることができます。あくまでソフトな「押し」テクを心がけましょう。

あと、いうまでもないですが、バシバシ叩くのは言語道断です。たまに照れ隠しで男性の背中を音が出る勢いで叩いている方を見かけますが、普通に痛いのでやめましょう。それはもはや女の駆け引きテクニックではなく、ただの暴力です。

初めてのデートでは絶対に奢らせない!

無条件に

avatar

男性は女性に食事を奢って当然

と考えていませんか? もしそこに何も罪悪感を感じないのであれば、あなたは昭和からタイムスリップしてきた人です。タイムマシンはこちらに用意してあるので、どうぞ昭和にお帰りください。

いいですか、繰り返しますが時代は令和です。バブルはとうの昔に弾け飛び、男女平等が叫ばれる昨今、「男性」というだけで金銭的負担を一方的に背負わせるのは酷というもの。

考えてもみてください。毎回毎回財布も出さず当然のような顔で「ごちそうさまで〜す」なんていう相手と、交際したいなんて誰が思いますか? デートの食事代を毎回2人分出すなんて、かなりの負担です。これがずっと続くのか…と思うと誰だってげんなりしちゃいますよ。付き合おうなんてとてもじゃないけど思えません。

自分より相当年上だったり、よっぽど収入がある場合を除き、せめて3〜4割程度、できれば半額は出しましょう。初めてのデートでは尚更です。相手におんぶに抱っこの負担をかけるまくる女性、というマイナスイメージを植え付けることに、一体なんのメリットがありましょう?

「男性のプライドが〜」などという意見もありますが、現代の男性はそんなことにみみっちいプライドをかけたりなんてしないです。男性だって進化します。現代を生きているんですから。

また、お金を出すことによって、「私も楽しかったです」「また一緒にお食事したいです」という気持ちを伝えることができます。どっちの女性とまた会いたいか、と問われれば、答えは間違いなくこちらの女性ですよね。

さらりとお金を払う女の駆け引きは、相手に「おっ」と思わせることができる「引き」のテクニックです。

恋の駆け引きが上手な女性の特徴

ラフな格好で膝を立てながら椅子に座りパソコンんで仕事をする女性

それでは実際に、わたしの周囲にいる駆け引き上手な女性の特徴をご紹介します。現実をよくよく観察してみれば、前時代的な「モテる」女性が現代の「モテる」女性ではないことがきっとわかっていただけるはずです。

「自分」がしっかりとある

「自分」がある、というのは、「気が強い」「自己主張が激しい」ということとイコールではありません。一本芯が通っていて、自立している人を指します。

駆け引き上手な女性には、揺るぎない自信があります。「自分」をしっかりと守っているからこそ、心に余裕が生まれ、男性に振り回されることなく上手に女の駆け引きテクニックを活用することができるのです。

趣味や仕事など夢中になれるものがある

恋愛だけでなく、趣味や仕事など没頭できるものを持っている人は、そもそも男性に依存しません。自分の時間を大切にしているので、LINEの返事に一喜一憂したりなどしないのです。

自分のことを大切にできている人ほど、不思議に輝いて見えますよね。相手のことで頭がいっぱいになってしまう女性より、ずっと魅力的であるといえます。

相手を尊重できる

自立している女性ほど、真の意味で相手に思いやりを持って接します。自分の不安を一方的に押し付けたりはしません。LINEの返事が遅れたり、会う時間が少なくても、

avatar

なんで会えないの?仕事と私どっちが大事なの?

と聞いたりなんて絶対にしないです。

何かトラブルが起きても相手の意見に耳を傾け、理解に努めます。その上で、自分の主張はちゃんと述べ、反省すべきところは反省する、きちんとした「話し合い」ができる人は長く付き合うことを考えると非常に惹かれますよね。

そして相手を思いやる気持ちを持っている女性は、相手の負担を考えられるので、頼ったり甘えたりすることも上手です。「押す」と「引く」のバランス感覚にとても優れています。

女の駆け引きテクニックは人間力アピール!

You are beatifulと書かれた紙を持つ女性の手

冒頭でも述べたとおり、一見「モテ」そうな女性って、今はそこまでモテません。女性に従順さを求める時代が終わった今、「モテる」女性はいろいろな意味で自立した女性です。

でもやっぱりふわふわした女の子らしい女性ってなんだかんだチヤホヤされてるし…と思ったそこのあなた、あれはモテてるんじゃありません。単純にチョロそうなのです。簡単に引っ掛けられそうだから、多くの男性に声をかけられているだけです。

あなたはそんなしょうもない男性を恋人にしたいんですか? 違いますよね、素敵で優しい男性とお付き合いしたいですよね。だったらそういう類いの男性からの視線なんて、集めなくて大丈夫。

女の駆け引きテクニックは、この令和においては人間力アピールと言えるでしょう。どれだけ自分をしっかりと持っているか、自分を大切にしているか、相手を尊重できるか、そういったことが「モテ」に繋がっています。

今回ご紹介した女の駆け引きテクニックを活用して、ぜひ素敵な恋人をゲットして、素敵な恋をしてください!応援しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
chikaze

chikaze

92’/ノンバイナリーのフリーライター/修士(学術)/社会心理学専攻、主にジェンダー論。純文学、’70s少女漫画、映画、古着が好き。街コンで出会った夫ともうすぐ結婚2周年。noteでエッセイと小説を書いています。

-彼氏欲しい
-

© 2020 恋愛note Powered by AFFINGER5