出会い

SNSで好きな人ができた?そんな彼と繋がる落とし方

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

今やほとんどの人がやっているSNS。リアルな知り合いだけじゃなく、普段は出会わないような人と繋がれるのも魅力ですよね。

最近はSNSから恋が始まることもめずらしくなく、筆者も独身時代に当時流行っていたmixiで知り合った人と付き合った経験があります。

でも、実際にSNSで好きな人ができると「どうしたらいいか分からない」「上手くいく気がしない」と悩んでしまうもの。そこで今回は、SNSで好きになった彼の落とし方をお教えします!

ツイッターやインスタならではのアプローチ方法を押さえて、ただのフォロワーから彼女にランクアップしちゃいましょう♪

好きな人ができた…SNSで気になる彼を落とす4ステップ

SNSで好きな人ができた場合は、しっかりと段階を踏んでアプローチしていくことが大事。今回は筆者の経験を元に、おすすめの方法を4ステップに分けてご紹介していきます。

最後にSNS別(ツイッター・インスタ)での落とし方もまとめているので、ぜひ実践してみてくださいね!

ステップ1.自分のプロフィールや投稿を見直す

SNSでしか繋がりがない相手の場合、どんな人なのかを判断する材料はSNS上にある情報のみ。なので気になる男性ができたら、まずはプロフィールや投稿を見直しておきましょう。

プロフィールを簡単にしか書いてないなら詳しく書き足し、もし彼と共通の趣味があるならそれに関する投稿をしておくのもおすすめ。相手が自分のアカウントを見た時、興味を持ってもらえる内容にしておくのがコツです。

もちろん必要以上に良く見せる必要はないものの、悪いイメージを与えるような内容は修正しておくべき。たとえば少し病んでいるような投稿や、愚痴っぽい投稿などがあると「めんどうな女」と思われやすいので要注意ですよ。

ステップ2.いいね!やコメントをして仲良くなる

気軽にコミュニケーションが取れるのは、SNSの大きな魅力ですよね。

それに自分の投稿によく反応してくれる人って、印象に残りやすく気になってしまうもの。彼が投稿をしたら、積極的にいいね!やコメントをしてアプローチしちゃいましょう。

ただし全ての投稿に反応してしまうと”見張っている感”がすごく出ちゃうので、コメントなどをする頻度は1~2日に1回ほどがおすすめ。

距離が縮まってきたのを感じたら、一対一でやりとりできるDMを送ってみるのも良いと思います。「〇〇行ったんですね!どうでしたか?」「私も〇〇好きなんです」など、軽めな雰囲気で送ると相手も返事をしやすいはずです。

ステップ3.最初は人目がある場所や複数人で会う

コメントやDMで彼と仲良くなってきたら、やっぱり次の目標は直接会うこと…!でも最初から二人っきりというのは緊張しますし、特に女性はいくら気になる人と言っても少し怖いですよね。

SNSで知り合った人と一番最初に会う時は、なるべく人目がある場所や複数人で会うのが安心。たとえば共通の趣味のイベントに一緒に行ったり、まずは同じSNS上で仲良くなった何人かで会ったりするのもおすすめです。

筆者が以前SNSを通じて付き合った人とは、お互いに音楽が好きだったのでライブに一緒に行ったのが初対面でした。

必要な警戒心は持ちつつ、気になる彼との初対面を楽しみましょう♪

ステップ4.デートを重ねてアプローチする

一度対面して「やっぱり好きだな」と思えたら、デートを重ねてアプローチしていきましょう。ここからはリアルな恋愛と同じように、何度かデート ⇒ 告白という流れになります。

彼の方から二回目会うお誘いがあった場合には、向こうも良いなと思ってくれている可能性が大!

自分からも日時や場所などを積極的に提案して、彼に「もしかしたらいけるかも」と期待させると告白に繋がる可能性がグンと上がります。もちろん自分から告白するのも全然OKですよ。

SNSでの出会いは気軽に繋がれる分、簡単に切ることもできちゃうもの。お互いの熱が冷めないうちに、関係を発展させることが重要です。

【SNS別】効果的なアプローチ方法

SNSと一概に言っても、サービスによって特徴や利用者層が全然違いますよね。気になる彼を落とすには、それぞれの特徴を活かしたアプローチをすることもポイント。

今回は、SNSの中でも利用者が多いツイッターとインスタグラムで使える方法をご紹介します!

ツイッター

ツイッターで気になる彼ができた場合は、先ほどのステップ2でご紹介したようにリプライやいいね!をして少しずつ仲良くなっていくのがおすすめ。

筆者もツイッターをしているからよく分かりますが、マメに反応をしてくれる人って好印象を抱きやすいんです。

そして彼も自分の投稿に反応をしてくれるようになったら、次はDMでのやりとりにステップアップしましょう。リプライでやりとりしている時に、「長くなっちゃったから(ここだと書きにくいから)DMしたよ!」といった流れで誘導すると自然です。

DMは一対一でやりとりできる分、一歩踏み込んだ会話もできて関係がグッと深まります。まずはDMでやりとりする関係を第一目標にして、実際に会えるよう頑張ってくださいね。

インスタグラム

インスタグラムは、基本的に写真がメインのSNS。ツイッターとは違い、投稿にコメントをしても返信をもらえないことも結構多いです。

なので気になる彼と仲良くなるには、相手の興味を引く写真を投稿するのが効果的。たとえば彼がおしゃれ好きなら自分のコーデ写真をあげてみたり、ルックスに自信があるなら男心をくすぐるような可愛い自撮りをあげたりするのも良いですね。

彼もあなたの投稿に反応してくれるようになったら、ツイッターと同じくDMを送ってみましょう。

SNSで好きな人ができた場合に注意したいこと

今はSNSで始まる恋もめずらしくなく、中には結婚まで進むカップルもいます。とはいっても、顔が見えないネット世界だからこそ思わぬトラブルに遭うことも…。

最後に、SNSで好きな人ができた時に注意したい3つのことをご紹介します。

注意点1.SNSはいくらでも自分を偽れる

SNSを利用する上で心に留めておきたいのが、ネット上ではいくらでも自分を偽れるということ。SNSではすごく魅力的に見えたのに、実際に会うと「あれ?」となることも少なくないです。

職業や年齢を誤魔化せるのはもちろん、他人の写真を自分だと言ってアップすることもできますよね。さらには女性と出会うためにお金持ちのフリをする人や、既婚者なのに独身を偽る不届き者もいます。

「会ってみたら全くの別人かもしれない」「ただヤリたいだけかもしれない」など、常に警戒心を持っておくことは絶対必要です。

注意点2.突然連絡が取れなくなる可能性も有り

昨日まで普通にやりとりしてた相手が急に音信不通になった…という経験はないですか?ただ返信がこなくなるだけだけじゃなく、アカウントごと削除なんてケースもSNS上では結構多いです。

もし他の連絡先を知っている場合はそれを通して連絡できますが、SNSでしか繋がっていない場合は待つことしかできません。ネット上の付き合いというのは、残念ながら簡単に切ることができちゃうんですね。

どれだけ自分が仲が良いと思っている相手でも、こうしたことはネットではよくあります。しばらく経ってからまた連絡がくる可能性もありますが、どうしてもの時は諦めるしかないです。

注意点3.SNSから始まる恋愛に理解がない人もいる

10代から30代の若い人は、SNSから始まる恋愛に抵抗のない人が多いですよね。一方で、「SNSで知り合った人なんて怪しすぎる」「騙されてるんじゃないの?」なんて思う人がいるのも事実。

特に世代が上がれば上がるほど、理解がない人も増えていきます。付き合うことになり親御さんに紹介する時、出会ったきっかけを聞かれたらどう答えようか悩んでしまうかもしれません。

SNSを攻略してフォロワーから彼女になろう!

SNSで恋愛が始まることもめずらしくない時代。利用している内に「いいな」と思う男性に出会うことだってありますし、筆者も経験があるように実際に恋人同士まで発展することも十分ありえます。

最後にご紹介したようにネットならではの注意点もありますが、出会い方に関係なく誰かを好きになれたのは素敵なこと。大事な恋が実るように、SNSの特徴を活かしながらアプローチを頑張ってくださいね♪

出会い関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-出会い
-,

© 2022 恋愛note Powered by AFFINGER5