出会い

迷惑がられてる? 好きな女性に嫌われるLINEとは?

chikaze

92’/ノンバイナリーのフリーライター/修士(学術)/社会心理学専攻、主にジェンダー論。純文学、’70s少女漫画、映画、古着が好き。街コンで出会った夫ともうすぐ結婚2周年。noteでエッセイと小説を書いています。

好きな人とは、常に繋がっていたい。そんな気持ちは今も昔も人類において共通のものだと思いますが、現代では文明の利器の発達により、それが可能になりました。だからこそ心得ておかねばならないことがあります。

そう、あなたの好きな人が、あなたからのLINEを喜んでいるとは限らないという、この恐ろしい真実を。思わず目を背けたくなりますよね。直視したくない現実が、あなたを待ち受けているかもしれません。しかし、見ないフリをし続けて状況が悪化するのは、もっと避けたいところです。

そこで今回は、好きな人に嫌われてしまう可能性の高いLINEを徹底解説していきたいと思います。もしかすると恐ろしい事実が暴かれてしまうかもしれませんが、大丈夫。ぼくが最後までついているので、一緒に乗り越えましょう。

女性はコチラもオススメ

好きな人とのLINEでやっちゃいけないNGパターン7選

今やメインのコミュニケーションツールとなっているLINE、好きな人とも当然LINEでやり取りすることが多いはず! LINEは気軽に使えるツールなのですが、SNSと同じで使い方を間違えるとSNS疲れを引 …

続きを見る

恋愛においてLINEが重要な理由とは?

まずは現代の恋愛において、LINEが重要なツールである理由から確かめていきたいと思います。LINEが恋愛の発展においてどのように作用するのか、しっかりと確認して参りましょう。

1.このご時世で直接会う機会が減ったから

飲み会はおろか、人と人とが直接会うこともままならなくなったこのご時世。だからこそメッセージ上のやりとりは、なおさら恋愛における重要度を増してきています。

だってお互いのことを知る機会がなかったら、相手へ好意を抱きようがないですから。恋愛はおろか人間関係を構築することだって、難しくなってしまいますよね。LINEはまさに、このご時世には必要不可欠なコミュニケーションツールと言っても過言ではないでしょう。

2.対面でなくとも自分のことを考えてもらえるから

直接会っていないときでも相手が自分のことを考えてくれている状況って、なんかめちゃくちゃエモくないですか?!その状況を可能にするのが、LINEであるといえましょう。離れていても会えないときでも連絡を取ることで、自ずと相手のことを考えざるを得ない状況になりますよね。

逆に言えば自分も、会っていないときの相手へ想いを馳せることができるのです。今何をしているのか、自分がいない時間をどう過ごしているのか、リアルタイムで相手の状況を知ることのできるLINEは、恋愛を盛り上げてくれるスパイスですよね。

3.次会ったときの会話のきっかけ作りになるから

好きな人と直接顔を合わせるときってどうしても緊張しちゃいますし、話題に困って焦ることもありますよね。しかしLINEであれば自分のペースで返信ができるから、返答に詰まったときでも安心です。

そしてそこでの内容が、会話のきっかけになったりもしますよ。掘り下げたり広げたり、LINEのやり取りであらかじめ相手の好みや興味関心を知っていると、対面でも役に立ちます。

4.直接会っているときよりも内面を晒しやすいから

文面だけのやりとりって、ときとして直接顔を合わせているときよりも内面を晒しやすかったりしませんか? 相手の反応を気にしすぎなくていいぶん、妙な遠慮をすることなく自己開示がしやすくなるという側面も。

自己開示というのは、人間関係の発展には欠かせません。自分の内側をどのくらい相手の眼前に晒せるかが、2人の距離を決定しますよ。そう考えると、LINEを活用しない手はないですよね。

5.より深い関係を築くことができるから

好きな人とのLINEのやりとりを、日常の習慣にできればこっちのもの。相手の生活に常に存在することができるので、深い関係を築きやすくなります。普段は表に出していないあなたの心の奥底で考えていることや、相手が隠している一面に触れる機会が多くなり、グッと距離が縮まりますよ。

2人の仲をより親密なものにしてくれるLINEは、恋愛において欠かすことはできません。

好きな人とLINEをしたい、LINE交換するきっかけの作り方

現代人のコミュニケーションツールとして、今や欠かせないものとなったLINE。好きな人とも、LINEを使ってメッセージのやりとりをしたいですよね。 そこで今回は、なかなか好きな人と連絡先を交換できないシ …

続きを見る

実は迷惑がられてるかも? 好きな人に嫌われるLINE5選

恋愛におけるLINEの重要性の理由をおさらいしたところで、いよいよ本題へ。実は好きなあの人に迷惑がられているかもしれない、嫌われる可能性の高いLINEについて解説していきたいと思います。

みなさん、心の準備はよろしいでしょうか。それではいざ、参ります…!!

1.返事が来るまでいったん待って! しつこい追いLINE

もっとも嫌がれられるLINEといえば、しつっこい追いLINEですよね。こっちだって仕事や学校もあるんだから、一日中スマホに張り付いてばかりなどいられません。やるべきこともあるし、そもそも他人と連絡を取りたい気分じゃないときだってあります。

それなのに返事がちょっと遅れただけで「おーい」「生きてる?」などと連続でメッセージを送ってこられようもんなら、怒りのあまり削除してブロックしたい気持ちに襲われますよね。

2.ここはTwitterじゃありません! どうでもよすぎる文面

日常のどうでもいいことを一言ずつ細切れに送ってくる人、たまにいらっしゃいますけど、あの、LINEは相手へのメッセージであり短文投稿SNS・Twitterじゃないってことをご理解してらっしゃいますでしょうか? 

「今日は〇〇でお昼!」「スタバの新作飲んでる!」とか、いらない情報すぎるし返事にも困ります。通知もバンバン来て、うるさいですし。そういうのはTwitterかInstagramなど、SNSに投稿しましょう。連絡を取りたい気持ちはわかりますが、相手を困らせてしまっては逆効果ですよ。

3.塩対応は興味がないから! キレながらの説教

自分が好いた相手に恋をしてもらえるなんて、そんな嬉しいことはありません。しかしその確率は限りなく奇跡的なものであるということを、ぼくたちは忘れちゃダメなんです。

何が言いたいかっていうと、ときどきLINEのやり取りで塩対応を食らったことに腹を立ててお相手に説教をかまし出す人がいますが、あれって死ぬほどみっともないのでやめときましょうってこと。態度がそっけないのは、脈がないことの証拠です。それを汲み取れずに自分勝手にキレ出して、あまつさえ「そんなんじゃ社会人としてやっていけないよ」「社会人として最低限の礼儀は守るべきだよ」と謎の説教を始めるのはほんっとにお門違いも甚だしいんですよ…。シンプルに大迷惑だし、もっと言ってしまえばその方だってあなたじゃなけりゃ「社会人としての最低限の礼儀を守った返事」をしていると思います。

好きな人が自分に興味を持ってくれないからといって、逆上するのだけはくれぐれもやめてくださいね。それってほぼストーカーと同じ心理だってこと、常に頭の隅に置いときましょう。

4.日記は自分のブログに書いて! 数スクロール分の長文

内容のないTwitter的な短文連投もしんどいですが、同じくらいしんどいのは日記みたいな内容の、それも何スクロール分にも渡る長文を送りつけられるというもの。あれ、みなさん一度は経験したことあるんじゃないでしょうか。

好きな人に自分のことをもっと知ってもらいたい!と思う気持ちはわかります。それはもうみんな、恋をする人全員が思っていることなので。でも、気持ちの押し付けはマナー違反ですよね。あなたの好きな人が、あなたの1日の出来事を逐一報告してほしいと思っているかどうか、今一度その長文を送信する前によくよく考えてみましょう。

5.返答に困るし距離感バグが凄まじい! 唐突な重い話や打ち明け話

まだ数回しか顔を合わせていないし、メッセージもそれほど盛り上がっていないのに、なぜか唐突に重い話や打ち明け話をしてくる方っていますけど、あれはいったいなんなんでしょうか。

ほぼほぼ初対面でそんなヘヴィな話をされたほうは、もうたまったもんじゃありません。受け止め方もわからないし、返答に困るし。この手の人は、うまく受け止めてしまうと「この人は自分の理解者!大好き!」と一気に距離を詰めてくるし、受け止め切れないと「この人は冷たい!薄情!」とブチ切れてくるところが非常に厄介。どっちに転んでも大惨事になりがちなのです。

嫌われないためのLINEのポイントとは?

嫌われる可能性の高いLINEとその理由についてご説明してみましたが、呼吸、できてますか? 息を止めてはなりません、一度大きく深呼吸をしてみましょう。そう、吸ってー、吐いて。大丈夫です、ここで気がつけたのなら傷はまだ浅いはず。…たぶん。

ですが、ぼくはこんなところであなたを見捨てるような鬼ではありません。己のLINEに心当たりがあって尚且つ瀕死の状態でうめいているそこのあなたを救うべく、好きな人に嫌われないためのLINEのコツを伝授! メモのご用意はよろしいですか? それでは参ります。

1.返事が来てないのにメッセージを連投しない!

もうこれはLINEの公式マナーに制定してもいいのではないかと、ぼく個人は思っています。相手の返事が来ていない段階で、一方的にメッセージを送りつけまくるのはやめましょう

スマホ依存気味で自営業のぼくのような人間はレスも早いですが、世の中そんな人ばっかりじゃありません。仕事をしている最中はLINEを確認できなかったり、個人的な連絡が憚られる人だっているのです。返事が来なくて不安になる気持ちはわかりますが、そこはグッと堪えてください。

2.おもしろくもない冗談を言わない! イジリは絶対にやめて

返信する気はおろか、即座にブロック&削除をキメたくなるのが、このおもしろくもなんともない「相手をイジる冗談」です。女性に対して「料理できないの? 女子力低くない?笑」とか、男性に対して「頼りがいなさそう笑」とか、あの1ミリも笑えないジョークですらない謎の上から目線セクハラ発言を繰り出す人って、本当に現代を生きている人なんですかね?

相手をイジることで距離が縮まる、と勘違いしている方はいまだに多いですが、いい加減その癖を見直しましょう。それ、まじで逆効果です。縮まるどころか遠く離れ、やがて2人を繋ぐ縁は切れます。断言できます。イジリだけは絶対に、好きな人に対しては尚更、やめておきましょうね。

3.自分の日常を事細かに書き綴らない!

Twitter形式だろうがブログ形式だろうが、とにかくその日一日にあった出来事とか日常の些細な出来事を詳細に書き連ねて送りつけるのはやめてください。シンプルに面倒くさいし迷惑です。

あなたの日常に興味があるのは、あなたを好きな人だけですよ。そしてあなたが好きな人が今あなたに恋をしているかどうかは、わからないですよね。何気ないやりとりは、せめて恋が実ってからにしておきましょう。

4.塩対応に説教は最悪! すぐに身を引こう

塩対応逆ギレのち説教、の流れは、絶対にやめてください。あなたに対してつれない態度を取るのなら、それはもうあなたに興味も脈もない証拠。切ないですがしつこくするのはやめて、すっぱり身を引きましょう。

好意を拗れさせて訳のわかんない説教をするのはみっともないですし、相手の気持ちを察せないあなたが悪いだけです。直球で「気がないです」というのは(告白をしていないならなおのこと)気が引けるから、態度で示しているだけ。それを汲めないあなたに全面的に非があります。相手の社会性云々の前に、己の社会性を見直して。そうじゃないと、お相手の「好かれているけど恋愛対象外」からさらに格下げされて、「嫌いな人」認定をされてしまいかねませんよ。

5.レスの速さは相手に合わせよう! プレッシャーにならないように

ぼくも先ほど申しました通り、レスポンスはかなり早めです。自営業で拘束時間が少ないので、いつでも連絡は返せちゃうから。でも、だからこそ気をつけているポイントがあります。それは、「レスの速さを相手に合わせること」。

レスがゆっくりめの方にとって、即レスはプレッシャーになる危険性も。来たらすぐ返さないと申し訳ないな…なんて気持ちが次第に重たくなってしまい、最終的にはあなたからの連絡そのものが負担になってしまう、なんてこともあり得ますよ。

そのため、レスは相手と同じペースにしてあげると無難です。相手が1時間空けるのなら、自分も1時間我慢してみましょう。それだけで重荷になることなく、お互い快適なやりとりができます。

LINE交換をしてもその後が続かない?好きな人とのLINEを長続きさせるコツ・方法 

LINEが長続きしないという悩みを抱えている方は私の周りにも多く居ます。 それが好きな人とのLINEだったら辛いですよね。 そんなLINEが長続きしない方へ向けて大学で心理学・脳科学を研究してきた私が …

続きを見る

顔が見えないやり取りだからこそ、好意の押し付けにならないようにしよう

いかがでしたでしょうか。要は恋愛だって人間関係。相手を慮る気持ちがないと、発展するものも発展しないのです。

顔が見えないやりとりだからこそ、余計に思いやりは大切ですよ。自分の好意を一方的に押し付けるのではなく、「これを送られたら相手はどう思うかな?」などと一度立ち止まって想像してみることが大切です。好きな人に迷惑がられないよう、LINEは適切に活用しましょう! 

アプリ
LINEのハッシュタグ出会い厨はどこに移動した?LINE交換できるアプリ決定版

「LINEのタイムラインで#profileハッシュタグを使えば出会える!」 という噂が拡散したのは2016年末ぐらいのこと。 LINE ID禁止、QRコード禁止、友達追加用URL禁止で、出会い目的では …

続きを見る

出会い関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

chikaze

92’/ノンバイナリーのフリーライター/修士(学術)/社会心理学専攻、主にジェンダー論。純文学、’70s少女漫画、映画、古着が好き。街コンで出会った夫ともうすぐ結婚2周年。noteでエッセイと小説を書いています。

-出会い
-, , ,

© 2021 恋愛note Powered by AFFINGER5