with(ウィズ)

withは既婚者もいる!?既婚者を見抜いて避ける方法

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

「withに既婚者がいるって本当?体験談を読んで怖くなっちゃった」
「こないだマッチングした男がどうやら既婚者…次は回避したい!けどどうやって見抜くの?」

マッチングアプリ「with」は真剣に出会いを探している男女がほとんどですが、中にはヤリモク既婚男性がいることも。実は私も既婚者とマッチングしてお付き合いし、泥沼になったことがあります。

過去の失敗を活かして、既婚者を徹底回避するテクニックを考えたのでシェアしたいと思いこの記事を書きました!

もう既婚男性に騙されない!ちゃんとした恋人が欲しい方だけ読んでくださいね。

withの情報

withの詳細はこちら

「with」で既婚者と不倫して泥沼になった私の体験談

お恥ずかしながら私も「with」で既婚者とマッチングしてしまったことがあります。しかも超イケメンだったので、なんとなく怪しいと思いつつそのまま付き合っていたんですよね。

そんなある夜珍しく彼から電話、出てみたらなんと奥様でした。ブチギレられた上に「慰謝料請求してやるからな!!!」と脅され…。「知りませんでした」で通してなんとか話は収まり、別れることで決着しました。要はwithにも愛人探しをしている既婚者がいて、誰でも同じ立場になることがあり得るということです。付き合わなければ私のような修羅場は経験しませんが、相手が真剣佑だったら気持ちも揺らぎませんか?

withの口コミ調査結果では全体のおよそ0.8%(121件中1件)だけ既婚者の男性に出会ってしまったという悪い評価がありました。かなりレアケースではあるものの、遭遇してお付き合いしてしまったらとても大変。そうならないためには、事前に既婚男性を見抜くテクニックが必要です。

「with」には既婚者もこっそり登録してる!アプリにいる既婚者の特徴

結婚している男性はマッチングアプリに登録する時にすでにいくつかボロを出しています。この5つの特徴に当てはまる人は怪しいので、デートに誘われても会わない方が良いでしょう。

プロフィール写真に顔を登録していない

既婚者は身バレを防ぐために顔写真を掲載していない人が多いです。体だけの写真や景色にして、自分の顔は出しません。万が一嫁の友人に見つかったらチクられますからね。真剣に出会いたいなら顔出し、少なくとも雰囲気のわかる写真くらいは載せるはずです。

プロフィールで恋愛や結婚の項目を入力していない

withには結婚観や恋愛についての価値観を選択する項目がありますが、既婚男性はこの入力を避ける傾向にあります。すでに結婚しているので将来を考えておらず、またガチになられたくない心理が働くんです。真剣に出会いを探している人なら、結婚観や恋愛の価値観は絶対に入力するはず。プロフィールの選択項目もチェックしてください。

自己紹介文が短文で出会いへの真剣さが足りない

既婚者に限らずヤリモクの男性は自己紹介の文章が適当です。ズバリ出会いに対して真剣じゃないから、スマホでぽちぽち文字を打つのが面倒臭いんですね。

「初めてみました、よろしく」「初心者で使い方分かりません」「声かけてください、よろしく」

こういった短文の男は独身だとしてもヤリモクのヤリチンです。セックス目当てで登録しているので、デートしてもホテルに連れ込まれてヤったらポイ捨てするタイプの人が多いので気をつけてくださいね。

メッセージが平日の昼間しか返ってこない

マッチングした後のメッセージのやりとりでも既婚者かどうか探れます。それは時間帯。結婚している男性は夜は家族と自宅にいるので、withを開きませんよね。だからメッセージが返ってくるのは通勤〜退勤までの平日の昼間・夕方まで。独身の男性の場合は平日の夜のフリータイムにアプリにログインし、メッセージを返すことが多いです。普通暇な時にじっくりメッセージしたいですからね。昼しか対応してくれない男性は結婚している可能性が高いでしょう。

マッチングしてすぐに会いたがる・お酒を飲みたがる(平日の夜)

既婚男性がwithを使う目的はエッチすること!なのでメッセージでお互いを知るとか、そういったステップは省きたがります。とりあえずすぐヤレル女を求めているだけなので、「直接会いませんか?ご馳走します。美味しい居酒屋があるのでお酒でも飲みながら…。」平日の夜を指定してお酒を飲もうと誘ってくることが多いですね。理由は土日は家を出られないから、そしてアルコールが入ればホテルに連れ込みやすいからです。速攻会いたがる・お酒デートしたがる人はワンチャン狙いのヤリモクと心得ましょう。

withはヤリモクが多い!?ヤリモク男の特徴と見分け方

「withにはヤリモクが多いけど、どうやって見分ければいいの?」 「マッチングアプリにいるヤリモク男の特徴は?」 withで恋活していると出くわすのが「ヤリモク男」です。 ヤリモク男は女性とのワンナイ …

続きを見る

withで出会った男性とのデートで既婚者かどうか見抜く方法

プロフで既婚者を回避するのが一番ですが、デートまでしちゃった!という場合の見抜き方を紹介します。withは真剣度の高いアプリとはいえ、まだまだ警戒を緩めないようにしましょう。

Facebookで名前検索をして探る

マッチングした男性とデートが決まったら、さりげなく名前を聞いてみましょう。本名が分かったら即Facebookで検索し、婚姻状況をチェックしてください。Facebookには結婚歴をのせている人が多いので、あっさり既婚バレしたりします。またマッチングアプリの登録名=Instagramのアカウントにしている人も多いので、SNSで検索すると引っ掛かる場合も。ネットストーカーみたいですが、私はいつもネットで相手の婚姻状況を調べてから会うようにしています。

土日にデートに誘ってみる

デートの日程を決める時に「土日は?」と聞いてみましょう。既婚者の場合は土日に家を出るのが難しいので、何かと理由をつけて休日を避けるはず。「土日はフットサルをしてる…」とか言い出したら怪しいです。マッチングアプリにフットサルの写真をあげていないなら黒確定。そこまでの趣味なら自己紹介に書いてるはずですからね。わざと土日指定でお誘いをかけ、反応を見てください。

夜に電話したいと持ちかけてみる

既婚者は夜は嫁と家にいるので、電話するのは困難です。急に夜に連絡して「電話したい」と頼んでみましょう。すぐにかかってくるなら独身の可能性大ですが、以下の3パターンの反応なら怪しいです。

  1. 既読すらつかない
  2. 「今はちょっと…」と毎回断ってくる
  3. 「30分後にかけるね」と時間指定し、短時間しか話してくれない

通話に応じてくれた場合でも、時間が短い時は独身とは言い切れません。家族に「コンビニ行ってくるわ」などと言って出かけて通話している可能性があります。

一緒に写真を撮ろうと誘ってみる

既婚者男性は一緒に写真を撮るのを嫌がります。万が一SNSにアップされて、家族に見られたら大変ですからね。「ツーショット撮りたい」と持ちかけて、頑なに嫌がるようなら怪しんで良いでしょう。不意にシャッター音ONで写真を撮り、「なんで撮るの!」と怒るようならほぼ既婚者確定ですね。

彼が住んでいる街・会社の近くで会いたいと言ってみる

既婚者が一番恐れているのは身バレ・家族バレです。彼が住んでいる地域を聞き出して「へ〜行ったことないからお家の近所で会ってみたいな」と頼んでみてください。家族と鉢合わせするリスクの高いエリアでのデートは絶対にしません。「何もない街だから」などと連れて行ってくれないでしょう。もちろん「家に遊びに行きたい」と頼んでも「汚いから」「また今度」と誤魔化されてしまいます。

「with」で既婚者と出会ってしまったら…

良質な出会いが探せると口コミの高い「with」ですが、既婚者が登録していることはあります。withには独身証明書がないので、既婚者を完全に排除できないからです。万が一withでマッチングした人が結婚していたら、どんなに素敵な男性でも諦めましょう。不倫は茨の道、略奪愛って難しいです。そもそも結婚していながらマッチングアプリを利用するような男性は、あなたと一緒になっても浮気します。

「じゃあ私の傷ついた気持ちはどうしたら良いの?」

そんな方はwithアプリに通報して復讐しましょう。さらに相手をブロック!通報すれば相手はwithを強制退会させられ、被害者が増えるのを防げます。ブロックして情報が見えなくなれば、案外1ヶ月くらいで忘れられるものです。

まとめ

今回はマッチングアプリ「with」に存在する既婚者についてのお話をしました。

残念ながらwithにもヤリモク最低男は登録していて、知らずに不倫をしてしまうことがあるんです。結婚している男性はプロフやメッセージを返信する時間帯に特徴がありますので、この記事に書いたポイントをチェックしてみてください。またマッチングしてデートまで進んでしまった場合も、既婚者かどうか確かめる方法はあるのでご安心を。

万が一既婚者とマッチングしてしまった場合は、その恨みを通報にぶつけて次を探しましょう。間違っても私のように不倫に突っ走らないようにしてくださいね!

with関連の記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

女性ライター陣

20代〜40代の恋愛経験豊富な女性ライター陣。 純粋な恋愛から不倫まで、様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-with(ウィズ)
-,

© 2021 恋愛note Powered by AFFINGER5